WHO:世界と比較したイスラエルの寿命

 三回目の封鎖とコロナへの恐怖が荒れ狂う状況だが、世界的な規模で見ると我々の寿命は延びている。WHOの2019年度報告書によると、イスラエルは寿命の長い国の上位10位の中に位置している。またこの報告書では世界で最も死因が高い病気も発表されているが、コロナなこの報告書には載っておらず、多分来年発表される今年度の報告書には必ず出てくるであろう。

〇世界の国の平均寿命

1位 日本     84.26歳

2位 スイス    83.45歳

3位 韓国     83.30歳

4位 スペイン   83.22歳

4位 シンガポール 83.22歳

6位 キプロス   83.14歳

7位 オーストラリア83.04歳

8位 イタリア   82.97歳

9位 ノルウェー  82.62歳

9位 イスラエル  82.62歳

11位 フランス  82.48歳

〇世界の男性の平均寿命

1位 スイス    81.75歳

2位 日本     81.49歳

3位 オーストラリア81.25歳

4位 キプロス   81.12歳

5位 ノルウェー  81.08歳

6位 シンガポール 81.05歳

7位 イタリア   80.91歳

8位 スウェーデン 80.83歳

9位 アイスランド 80.81歳

10位 イスラエル  80.79歳

〇世界の女性の平均寿命

1位 日本     86.94歳

2位 韓国     86.09歳

3位 スペイン   85.68歳

4位 シンガポール 85.45歳

5位 キプロス   85.12歳

6位 フランス   85.09歳

7位 スイス    85.08歳

8位 イタリア   84.90歳

9位 オーストラリア84.84歳

10位 ドイツ 84.77歳

11位 ポルトガル  84.40歳

12位 イスラエル 84.36歳

 最も寿命が短い国はアフリカのレソト王国で、平均寿命が50歳のみとなっている。それ以外にも寿命が短い国々はアフリカが多く、ソマリアで56歳、モザンビーク58歳、チャド59歳と続いている。

 最も死因が高い病気は過去20年間変わっていない心臓病で、過去最多の死者を出している。2000年から比較すると死者が2百万人以上も増加しており、2019年度の心臓病による死者は9百万人にまで達しており、他の病気で亡くなった人達全体の16%を占めている。二番目の脳溢血は全体の11%、三番目のCOPDは6%を占めている。

〇世界の主な死因となる病気

1.心臓発作

2.脳溢血

3.COPD

4.肺炎

5.死産

6.肺癌

7.アルツハイマー

8.下痢

9.糖尿病

10.腎臓病

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.