WHO:世界と比較したイスラエルの寿命

 三回目の封鎖とコロナへの恐怖が荒れ狂う状況だが、世界的な規模で見ると我々の寿命は延びている。WHOの2019年度報告書によると、イスラエルは寿命の長い国の上位10位の中に位置している。またこの報告書では世界で最も死因が高い病気も発表されているが、コロナなこの報告書には載っておらず、多分来年発表される今年度の報告書には必ず出てくるであろう。

〇世界の国の平均寿命

1位 日本     84.26歳

2位 スイス    83.45歳

3位 韓国     83.30歳

4位 スペイン   83.22歳

4位 シンガポール 83.22歳

6位 キプロス   83.14歳

7位 オーストラリア83.04歳

8位 イタリア   82.97歳

9位 ノルウェー  82.62歳

9位 イスラエル  82.62歳

11位 フランス  82.48歳

〇世界の男性の平均寿命

1位 スイス    81.75歳

2位 日本     81.49歳

3位 オーストラリア81.25歳

4位 キプロス   81.12歳

5位 ノルウェー  81.08歳

6位 シンガポール 81.05歳

7位 イタリア   80.91歳

8位 スウェーデン 80.83歳

9位 アイスランド 80.81歳

10位 イスラエル  80.79歳

〇世界の女性の平均寿命

1位 日本     86.94歳

2位 韓国     86.09歳

3位 スペイン   85.68歳

4位 シンガポール 85.45歳

5位 キプロス   85.12歳

6位 フランス   85.09歳

7位 スイス    85.08歳

8位 イタリア   84.90歳

9位 オーストラリア84.84歳

10位 ドイツ 84.77歳

11位 ポルトガル  84.40歳

12位 イスラエル 84.36歳

 最も寿命が短い国はアフリカのレソト王国で、平均寿命が50歳のみとなっている。それ以外にも寿命が短い国々はアフリカが多く、ソマリアで56歳、モザンビーク58歳、チャド59歳と続いている。

 最も死因が高い病気は過去20年間変わっていない心臓病で、過去最多の死者を出している。2000年から比較すると死者が2百万人以上も増加しており、2019年度の心臓病による死者は9百万人にまで達しており、他の病気で亡くなった人達全体の16%を占めている。二番目の脳溢血は全体の11%、三番目のCOPDは6%を占めている。

〇世界の主な死因となる病気

1.心臓発作

2.脳溢血

3.COPD

4.肺炎

5.死産

6.肺癌

7.アルツハイマー

8.下痢

9.糖尿病

10.腎臓病

最新記事

すべて表示

中国の影だけではない:日本経済の最大の問題点

日の出国か、沈む国か?世界の殆どの国のように、この1年間は日本にとっても大変な年であった。健康面、社会面と共に、経済的、政治的側面も同様である。先週日本の菅首相が、1年のみの役職を退くことを発表した。これもコロナ禍に於ける東京オリンピック開催の決定への多大な市民の批判、また市民の首相に対する支持率の大幅な低下を背景としている。 しかしいつもこのような状況では無かった。約20年間、80年代末から20

新年祭:イスラエル人口は約9,391,000人

ユダヤ暦5,752年の新年祭で、イスラエルの人口は約9,391,000人となっている。中央統計局が今朝発表したデータで明らかになった。中央統計局では、2024年末までに、イスラエル人口は1千万人に到達すると予想されており、2,065年には約2千万人に達すると予想されている。国家統計家のダニー教授は政府の会議に於いて、今年のユダヤ教徒の割合はイスラエル人口の32%、アラブ人は19.3%になるとしてい

北アフリカ系ユダヤ人達もエクソドス号に乗っていた

エクソドス号は、シオニズムの歴史の中で最も有名な難民船である。この船のヘブライ名は「出ヨーロッパ」であったが、現在判明しているのは、その船上には北アフリカから来た約50人の帰還者も乗っており、この話は誰にも語られずに埋もれてしまっていた。来月ハパルマッハ・ハウスで初めてのエクソドス号帰還者の集いが持たれ、モロッコ、チュニジアとアルジェリアからエクソドス号に乗ってきた若者のグループをテーマとする。