PCR検査をクリスチャンに施しに来た赤ダビデの星(赤十字)の従業員が、イエスとマリアの絵に唾を吐きかける

 ヤッフォーの住民にPCR検査を実施しに来た赤ダビデの星の従業員が、イエスとマリアが描かれている3枚の絵に唾を吐きかけていたことが映像で記録されていた。セキュリティーカメラの映像には、この従業員が検査を終えたのちに通路で防護服を脱ぎ、この建物の住民であるクリスチャン所有の3枚の絵に唾を吐いてエレベーターに乗る姿が映っている。

 セキュリティーカメラをリアルタイムで見ていた一人の住民が、彼の後を追いかけて口論となった。住民はこの従業員に対してまず身元の確認と、何故この建物に来たのか、またカメラを通して彼の行為を見たと伝えた後に、何故このような行為をしたのかと問いただした。この従業員はその問いに対し、「偶像崇拝だから」と回答した。

 激怒した住民は従業員に対し、「我々が信じてるものに対し、我々の目の前で唾を吐いた。何故このようなことをした?我々がこの絵を信じているのを知らないのか?他人のものに何故唾をかけた?」と抗議した。

 従業員は住民に対し、「仕事の邪魔をしないでくれ。我々の聖書には偶像崇拝は禁止されている」と答えた。住民は、「ここは人の家だ、お前の家ではない。お前は俺の家に入ったんだ」と訴えると、従業員は直ぐにその場を離れようとし、住民に対してマスクを着用するよう注意し、車に入ってその場から立ち去ろうとした。このニュースを知った住民達は激怒し、「重大な人種差別の行為であって、こんな人物は赤ダビデの星やその他の公的な仕事に就くのに適していない」と語った。

 この事件に対し赤ダビデの星は、「とても重大な事件であり、この従業員は本部で説明を求められた。この従業員には我々の制服を着る資格や働く場所も無いとし、現在彼は雇用停止となった。本社の上層部がキリスト教責任者と連絡を取り、今回の事件に関して謝罪した。我々はキリスト教徒、イスラム教徒、ドルーズ人、ユダヤ人、宗教家、一般人でも差別なく活動している。国立救助組織としての赤ダビデの星は、イスラエル国内で如何なる場所でも誰に対してでもその活動を継続していく」とコメントしている。

最新記事

すべて表示

イスラエルに於けるファイザー社製ワクチンの効果率最新結果

ファイザー社製ワクチンの高い効果性を見せた研究の中間結果発表から数週間後にクラリット保険会社は、2回目の接種から1週間後の慢性患者にも高い免疫レベルを示した追加結果を発表した。 ピアレビューされたこの研究は、クラリット被保険者約140万人のデータを調査し、対象グループとして接種者と未接種者のグループ間で比較された。この研究はハーバード大学研究者達と共同で実施され、New England Journ

インド、トルコ、ウクライナからの「最小限の外国人」

インド、エチオピア、ウクライナ、トルコ、メキシコ、ブラジルと南アフリカ。これらが保健省が厳しい渡航警告を発する予定である国々のリストであり、これらの国々の感染レベルが高く、これらの国々から到着する乗客によってイスラエル国内に新しい変異株が侵入する懸念がある。 また世界で最も感染が酷い国となった、インドからの外国人入国には個別に関連した文書があることも判明している。コロナ総責任者のナフマン教授が署名

イスラエルの研究:コロナは不妊治療に影響を与える恐れ

コロナに感染していて不妊治療が必要?3か月待つことが勧められている。シバ病院で実施された研究によると、不妊治療を受けるカップルの一人がコロナ感染した後に得られる胚の質は大幅に低下することが明らかになった。 今日体外受精(IVF)の成功率に与えるコロナウイルスの影響に関する医療的・研究的文献情報は存在していない。シバの研究は対外受精ユニット責任者のラウール医師を筆頭とし、女性と男性の生殖能力と不妊治

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.