9月25日から開始する封鎖規制の詳細

 今回の封鎖期間における外出禁止令は、自宅から1km範囲の行動と指定されており、特別な状況のみこれを越えることを許可されている。許可された職種従業員の自宅と仕事場への移動などであるが、他人の家に滞在することは禁止されている。

 屋外では20人以下、屋内では10人以下の人の集まりが規制され、自宅では核家族のみの滞在が許可されている。

 許可されているお店へは1kmを越えてもいいこととなっており、食料店、メガネ店、薬局、衛生用品販売店、日用品店、ラウンドリー、通信機器販売店、通信機器・コンピュータ修理所などである。

 必要な職種として許可されたのは:

●建築業

●軍事産業、インテル工場

●ハイテクや大学研究所などのキーパーソン

●コロナ補償金の為にサービス提供する会計士など

●まだ輸出していないハイテク会社は30%の労働率

●公共施設は未定

●福祉、銀行、株式市場、農業、帰還者関連、エネルギー関連、ハイテク、整備など


 デモに関しては自宅から1km以内で20人までと規制されているが、もし今晩閣議で変更が承認されるならば、2千人までのデモ参加が許可されることとなる。それ以外の1kmを越えてもいい内容は以下の如く: 

●大蔵省発表による必要な仕事場で従事する者の自宅から仕事場への移動

●薬、食料や必要な物を購入

●困窮している者を支援する

●治療、心理治療、福祉ケアー

●国会、裁判所、献血

●個人または同居人とのスポーツは距離制限なし、ただし車での移動は禁止

●葬式・割礼式の参加

●沐浴場

●宗教省から許可を貰った祈祷先導者(ハザン)

●動物の治療

●離縁者間での子供の移動

●許可された教育活動への移動

●福祉関係者や障害者の核家族間の訪問

●第四次中東戦争(ヨム・キプール戦争)戦死者の追悼式に参加する核家族

●引越

●空港と公共機関(バス・電車)の指標は未定

最新記事

すべて表示

ワクチン副作用を軽減する方法

ワクチン接種の速さが世界で一番のイスラエルに対して世界が目を向けている。ヨーロッパ、アメリカやカナダの医療機関は、イスラエルで展開されているワクチン作戦を称賛しており、1回目のワクチン接種数は2百万人を突破した。2回目の接種を受けて7日後になる来週から抗体が出来上がる。ファイザー社とモデルナ社の調査によると、感染と重症化に対するほぼ完全な抗体になると予想されている。 しかし最速で抗体反応を起こし、

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.