9月半ばのガリラヤ湖:水位が1993年以来の最高測定値

 上昇、下降、再上昇:新年祭から始まった封鎖の為に、祭日期間にガリラヤ湖を訪れることはできないが、9月半ばの水位としては過去27年間で最高の水位となったことが不幸中の幸いかも知れない。

 ガリラヤ湖都市連盟のデータによると現在の水位は-209.645mとなっており、上限水位まで84.5㎝不足している。現在の水位は下限のレッド・ラインまで3.355mある。

 新年を迎え、過去50年間に記録された9月半ばの水位を比較してみた。そのデータによると1992年と1993年だけ9月16日に同様の水位が記録されている。2017年と比較すると約3.3mも水位が上昇していることが分かった。

 最も水位が低かったのは2001年12月1日に記録されたもので、数年続いた干ばつの影響が出ており、その時には-214.87mが記録されている。この水位がブラック・ラインとして決定され、この水位から下がることは禁止ということになった。再度上限にまで近づいたのは2004年であり、上限レッド・ラインまで37㎝不足していた。ということは、2001年から2004年の三年間で5.5m以上水位が上昇したことになる。


●上限レッド・ライン

-208.8m:環境保護省に沿った上限レッド・ラインは、ガリラヤ湖の最大の上限水位である。もし水位がこれ以上上昇するならば、ティベリア市や周辺の居住区を含んだガリラヤ湖畔は氾濫することになる。その為に水位がこの上限にまで近づいてくると、キブツ・デゥガニヤにある水門が開かれて死海にまで放水する必要がある。

●下限レッド・ライン

-213m:ガリラヤ湖の最低水位が下限レッド・ラインである。下限レッド・ラインは環境を考慮して水位が決められており、下限レッド・ラインより水位が低くなった場合には、ガリラヤ湖の環境システムに影響を与え、水質が悪くなることが危惧されている。

●ブラック・ライン

-214.87m:数年続いた干ばつにより水道局では下限レッド・ラインを下げなければならない状況となり、2001年には214.87mまで下がってしまった。これは観測史上最悪の水位記録となり、ブラック・ラインと呼ばれるようになった。環境保護省によると-215.5m以上下がってしまうと、既存の方法ではガリラヤ湖から水を汲み上げることが不可能となる。

最新記事

すべて表示

昨日も9千人以上の新規陽性者

保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は9,172人で、四日連続で9千人以上となっており、過去に9千人以上となったのは第二波の真っ最中であった9月30日のみである。約12万件のPCR検査が実施され、陽性率は7.6%とまだまだ高い。入院患者数1,848人、重症者1,097人、呼吸器付263人となっている。保健省では、封鎖解除の基準の一つが重症者の減少となっているが、ここ数日間1千人以上が継続されて

イスラエル軍ブルドーザーに向けてガザから2度発砲、戦車が応戦

ガザ地区ハン・ユーネス付近の国境フェンス近くで活動していた工作部隊に対し、ガザからD9ブルドーザーに向けて発砲があった。その直後にまた同じような発砲が起きた。イスラエル軍戦車が、発砲が起きた付近のハマス拠点を三か所攻撃した。イスラエル軍に負傷者は出ていない。 最初の発砲が起きた事件に関して軍スポークスマンは、「ガザ地区南部の国境フェンスの西側を工作活動中に、工作部隊に対して数発発砲された。その発砲

新規陽性者が二日連続して9千人以上

昨日は9,025人の新規陽性者が確認され、約12万5千件のPCRの検査で陽性率は7.2%であった。入院患者数1,760人、重症者1,043人、呼吸器付262人、死者3,770人となっている。1月初旬から今日まで既に428人死亡しており、去年11月は313人、12月は481人であった。現在感染者数も過去最高の78,215人となっている。 未だ感染状況が拡大していることを背景に、保健省ではもう1週間封

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.