9月半ばのガリラヤ湖:水位が1993年以来の最高測定値

 上昇、下降、再上昇:新年祭から始まった封鎖の為に、祭日期間にガリラヤ湖を訪れることはできないが、9月半ばの水位としては過去27年間で最高の水位となったことが不幸中の幸いかも知れない。

 ガリラヤ湖都市連盟のデータによると現在の水位は-209.645mとなっており、上限水位まで84.5㎝不足している。現在の水位は下限のレッド・ラインまで3.355mある。

 新年を迎え、過去50年間に記録された9月半ばの水位を比較してみた。そのデータによると1992年と1993年だけ9月16日に同様の水位が記録されている。2017年と比較すると約3.3mも水位が上昇していることが分かった。

 最も水位が低かったのは2001年12月1日に記録されたもので、数年続いた干ばつの影響が出ており、その時には-214.87mが記録されている。この水位がブラック・ラインとして決定され、この水位から下がることは禁止ということになった。再度上限にまで近づいたのは2004年であり、上限レッド・ラインまで37㎝不足していた。ということは、2001年から2004年の三年間で5.5m以上水位が上昇したことになる。


●上限レッド・ライン

-208.8m:環境保護省に沿った上限レッド・ラインは、ガリラヤ湖の最大の上限水位である。もし水位がこれ以上上昇するならば、ティベリア市や周辺の居住区を含んだガリラヤ湖畔は氾濫することになる。その為に水位がこの上限にまで近づいてくると、キブツ・デゥガニヤにある水門が開かれて死海にまで放水する必要がある。

●下限レッド・ライン

-213m:ガリラヤ湖の最低水位が下限レッド・ラインである。下限レッド・ラインは環境を考慮して水位が決められており、下限レッド・ラインより水位が低くなった場合には、ガリラヤ湖の環境システムに影響を与え、水質が悪くなることが危惧されている。

●ブラック・ライン

-214.87m:数年続いた干ばつにより水道局では下限レッド・ラインを下げなければならない状況となり、2001年には214.87mまで下がってしまった。これは観測史上最悪の水位記録となり、ブラック・ラインと呼ばれるようになった。環境保護省によると-215.5m以上下がってしまうと、既存の方法ではガリラヤ湖から水を汲み上げることが不可能となる。

最新記事

すべて表示

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

二日連続:ガザ周辺でロケット着弾、イスラエル軍がガザを攻撃

昨夜(金曜日)ガザから発射されたロケットは、ネゲブ西部のエシュコール自治体の野原に着弾した。ミサイル発射により、ホリットとシャデイ・アブラハムで21時43分に警報が作動した。イスラエル軍によると、国内へ向けたロケット発射が1発確認されたとのこと。エシュコール自治体によると、ロケットは居住地外の野原で爆発したと思われ、軍が調査をしていると伝えている。負傷者や被害は出ていない。 その報復として、イスラ

シュデロット市の野原でロケットが着弾、イスラエル軍はガザに報復攻撃

独立記念日が明けた直後にガザから発射されたロケットがシュデロット市付近の野原に着弾した。昨夜は21時1分に、シャアル・ハネゲブ地方自治体のシュデロット市とキブツ・ニール・アム付近で警報が鳴った。シュデロット市役所からは、負傷者や被害の報告はないと伝えられている。この報復としてイスラエル軍はガザのハマス拠点を攻撃した。 イスラエル軍スポークスマンによると、ガザで攻撃された標的は、武器製造工場、武器密

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.