73回目独立記念日の人口は932万7,000人

 イスラエル国73回目独立記念日に、イスラエルの人口は932万7,000人となった。このようなデータが中央統計局から発表されている。

 中央統計局のデータによると、689万4,000人がユダヤ人(約74%)、196万6,000人がアラブ人(約21%)、46万7,000人がその他(5%)となっており、つまりアラブ人ではないキリスト教徒、それ以外の宗教、又は人口登録局で無宗教と登録されている人達である。

 またデータによると、去年の独立記念日から今年までに、イスラエルの人口は約13万7,000人増加し、1.5%の増加率となった。去年の独立記念日から約16万7,000人の新生児が誕生し、約1万6,300人の帰還者が戻り、約5万人が死亡した。

 また中央統計局のデータによるとイスラエルの人口は若く、人口全体の約28%は14歳以下で、約12%が65歳以上となっている。2019年度末には、世界ユダヤ人人口の46%がイスラエルに在住しており、イスラエル国内のユダヤ人の約78%がイスラエル生まれとなっている。

 将来的には2030年に、イスラエルの人口は1千110万人になると中央統計局では予想している。2040年には1千320万人、イスラエル独立100周年となる2048年には、国内の人口は約1千520万人にたっすると予想されている。

最新記事

すべて表示

エルサレムで衝突の夜:数千人のパレスチナ人が暴動、数十人の警察官が神殿の丘に突入

ラマダンの断食終了後に、神殿の丘とシェイフ・ジャラフ居住地で暴動が発生した。数十人の特殊パトロール部隊警察官達がエルアクサ寺院の広場に突入し、ショックグレネードで数千人のパレスチナ人達を解散させた。パレスチナ側の主張では、警察官が神殿の丘に突入した後に暴動が開始し、警察側では現場で暴動が起きたために突入したと主張しているが、祈祷場所へ部隊を突入させた理由は述べていないとしている。 激しい衝突は幾つ

パレスチナ人に寄付された数百万ユーロが「人民戦線」テロ活動に使用

イスラエル治安部隊は、人道目的の為にヨーロッパの国々や組織からパレスチナ人へ寄付された数百万ユーロが、「人民戦線」組織のテロ活動に送金されたメカニズムを暴露した。今日(木曜日)の午後に発表が許可された。西岸地区のパレスチナ人4人が、詐欺の容疑者として逮捕された。 国内諜報部、イスラエル防衛軍と警察の捜査によると、ヨーロッパの政府支援機関とNPO組織が与えた寄付金が、西岸地区のパレスチナ人団体や組織

百万人に近づく:2020年度エルサレム人口95万2千人

このデータによると、過去10年間でユダヤ人女性の出産率が上昇し、エルサレムでもイスラエル全国でも同様で、それに反してアラブ人女性の出産率は急激に減少している。ユダヤ人女性の平均出産率は2.9人から3.0人に上昇し、アラブ人女性の平均出産率はエルサレムで3.9人から3.2人へ減少、イスラエルでは3.5人から3.0人へ減少を記録した。 このデータによると、2019年にエルサレムへ移住した新規市民は1万