500シケルから5,000シケルまで:封鎖規制違反者罰金額

 以下が決定された罰金の内訳である:

●500シケル:規制に沿わない活動の為に自宅から外出する者、規制に沿わない公共場所に滞在する者、封鎖に従わないお店の経営、規制に沿わないビーチの滞在(スポーツのみ許可)

●1,000シケル:マスクをしない人を入れる公共施設やお店の運営者。マスク着用とソーシャルディスタンスを義務付ける表示をしない公共施設やお店の運営者、またエレベーターに許容人数を表示しない者

●2,000シケル:規制に沿っている免責事項を地方自治体に提出しない公共施設やお店の運営者、キャッシャーに感染防止ボードを設置しない者、並ぶ場所を床に印付けしない者

2,500シケル:入口で入場規制システムを用意しない者、規制に沿った許容人数の表示をしない者

●5,000シケル:規制に反して、又は封鎖命令を出した地区医師の指示に反して、自身で又は第三者を通じてお店や場所を運営する者


◎追加規制が行われるレッド・シティー

 封鎖期間に祈祷指標を含む追加規制がレッド・シティ―に実施されることが閣議で承認された:

ウム・エル・パッヘム、オファキーム、オール・アキバ、エルアド、アリエル、アシュドッド、アシュケロン、バッカ・エル・ガルビエ、ベエル・シェバ、ベテシャン、ベイト・シェメッシュ、ベイタル・エリート、ブネイ・ブラク、ハデラ、ホロン、タイベ、ティラ、タムラ、ヤブネ、キリヤット・マラヒ、キリヤット・シュモナ、リッション・レツィヨン、レホーボット、シュデロット、シュファルアム


◎追加された感染悪化地域:

アブ・スナン、アゾール、イクサル、ベイト・ダガン、バアナ、ジュダイダ、ジュリス、ギブアット・ゼエブ、ゲデラ、デゥボリヤ、ディル・エル・アサッド、タイベ、ナオーラ、ジホロン・ヤコブ、バルカット、ハツォール・ハグリリット、トルアン、イェルハム、キリヤット・エクロン、レイナ、レハシーム、シブリ、ウム・エル・ゲナム、クファル・ハバッド、マアガリーム、イビーム、テル・シェバ


◎エルサレムの感染悪化居住区:

アトゥール、イッサウィヤ、アルモン・ハナツィーブ、アルノーナ、バブ・エル・ザハラ、ベイト・ハニーナ、ベイト・ツファッファ、バッカ、ギブアット・ハブラディーム、ギブアット・モルデハイ、ギブアット・シャウール、ゴネニーム、ハモシャバー・ハゲルマニット、旧市街、ハル・ノフ、ワディ・ジョーズ、ツール・バッヘル、タルビエ、クファル・アケブ、メア・シャアリーム、中心街、ネベー・ヤコブ、アナタ、ショアファット難民キャンプ、ピスガット・ゼエブ、カタモン、ロメマ、ラハビア、ラスコ、シェフ・ジャラフ、タルピヨット

最新記事

すべて表示

最悪:昨日の新規陽性者数が1万人を突破

コロナ禍から初めて昨日の新規陽性者数が10,021人となり、10万件のPCR検査で陽性率も10.2%と高くなっている。オックスフォード大学のデータによると、過去7日間で人口に対する陽性者数は、イスラエルが世界で一位となっている。次にポルトガル、アンドラ、チェコ、アイルランド、レバノン、モンテネグロ、イギリス、スロベニア、アメリカ、スペイン、スイスという順だ。 しかしPCR検査数が感染データにも影響

昨日の新規陽性者数5,166人、陽性率9.1%

昨日は新規陽性者数が5,166人であったことが保健省の発表によって明らかになった。比較的少ない約6万2千件のPCR検査で陽性率は9.1%であった。重症者1,130人、呼吸器付273人、死者4,005人、ワクチン接種数は210万人を突破した。現在感染者数80,436人、エルサレム15,582人、テルアビブ2,187人、ハイファ1,871人となっている。 90歳以上の81.6%が1回目の接種済み、11

ワクチン副作用を軽減する方法

ワクチン接種の速さが世界で一番のイスラエルに対して世界が目を向けている。ヨーロッパ、アメリカやカナダの医療機関は、イスラエルで展開されているワクチン作戦を称賛しており、1回目のワクチン接種数は2百万人を突破した。2回目の接種を受けて7日後になる来週から抗体が出来上がる。ファイザー社とモデルナ社の調査によると、感染と重症化に対するほぼ完全な抗体になると予想されている。 しかし最速で抗体反応を起こし、

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.