50万年前にガデラ地域で使用されていた「カッティング・ツール」 

 火打石で出来たカッティング・ツールが、ガデラの南東にあるレバディームの先史時代遺跡で発見され、動物の骨を正確に断裁するために先史時代の人間が利用していたことが明らかになった。このような研究結果がテルアビブ大学考古学研究所によって発表されている。

 PLOS ONE誌に掲載された今回の発見は、研究者達がカッティング・ツールに残っていた使用痕を分析し、ツールに残っていた有機残留物を調べることによって行われた。研究によると、当時野生ロバ、鹿や中型の牛などの動物の骨を断裁し、高カロリーの食べ物として考えられている骨髄を抽出していた。これらのツールはアフリカ、ヨーロッパやアジアなどの世界中の様々な考古学遺跡で発見されている。

 今回の研究はローマ大学研究者達の協力の元、テルアビブ大学のパルビア学者、ラン教授とアビアド学者によって行われた。「我々は長年イスラエルの先史時代遺跡の石器を調査している。重要な遺跡の一つがレバディーム遺跡で、現在より30万年から50万年前と想定されている。この遺跡では、素晴らしい状態で保存されている発見物が豊富にある。時が経つにつれレバディーム遺跡は、後期ホモ・エレクトス・タイプの人間が使用していたと想定されており、この場所がお気に入りの場所であったようで何度も行き来していたことが判明している。遺跡では象、牛、野生ヤギや野生ロバなどの様々な動物の骨が発見されており、原住民の食料として利用されていた」とラン教授は語った。

 研究者達は、レバディームに住んでいた住民達は、様々な使用用途の石器を含む、多様で効果的な石器ツールボックスを開発していたと主張している。一つが「カッティング・ツール」の重い火打石で、片方が処理されて鋭く、非常に重たくなっている。

 ラン教授によると、「約260万年前のアフリカで発見されたカッティング・ツールは、その後200万年間人間が辿り着いた場所まで一緒に放浪した。アフリカ、ヨーロッパ、中東や中国でさえも、先史時代遺跡の殆どで大量の石器が発見されており、この石器の重要性さを証明していると言える」とも語った。

 研究者達は使用痕、傷や50万年間残っていた動物の骨の有機残留物を検査し、53個のカッティング・ツールを解析した。また付近にある火打石からカッティング・ツールの自作を試み、それを使用して動物の骨を断裁する実験も行った。

 「原始時代の人間は、主に骨髄を抽出するために動物の骨を断裁した」とラン教授は語った。「これは高いスキルと精度を必要とする動作で、正確に骨を二つに断裁することだけが骨髄を抽出可能とし、骨髄の粉砕と損傷を防ぐことが出来る。今回の研究で、原始人の石器ツールボックスに関する我々の理解が深まり、当時の生活の解析、人類分布の追跡や人類の進化に新しい光を投げかけている」とも述べた。

最新記事

すべて表示

「勇者」ファラオは戦死した

約3,600年前にエジプトを支配していたファラオの死因の謎に関して、新しい予想が調査によって提案されている。このようにエジプト考古学省が伝えた。「勇者」と呼ばれているスカンナラ・タオ王は南部エジプトを支配し、ナイル川のデルタ地方を支配したヒクソス人に対して軍隊を率い、その後彼らをカナンの地へ追い出した人物として知られている。 スカンナラの遺体は1960年代にレントゲンで調査され、ミイラ職人の高い技

ヘロデ大王が妻と姑を処刑した要塞遺跡

「素晴らしい強固な要塞が高い山の上にある」と2千年前のヨセフス・フラビウスが描写した、90号線から西側の「ミフガシュ・ハビクアー」の少し北に尖った山がある。この山には多くの歴史的なドラマ、強固な要塞、荘厳な宮殿や隠された財宝の話がある。エルサレムで新月が観測されると、毎回バビロンの離散の地までそれを伝えるために、毎月かがり火が焚かれた場所としても利用された。今日でも山頂に行くには困難だが、努力する

サファリで1,800年前の石棺が発見

約1,800年前の古代石棺が2個、ラマットガン市のサファリ敷地内にある動物病院の拡張工事中に発見された。病院の隣にある敷地には、鳥類や哺乳類用の最新式治療所が建設される予定で、手術室や孵化場所も含まれており、産卵の時期に静かに餌付けが出来る場所を提供してくれる。 サファリ従業員によると、これらの石棺はサファリの駐車場付近で数年前に発見されたが、アフリカ・サバナ・ケア地区付近に移転されて忘れ去られて

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.