256人のメナシェ部族がインド北東部からイスラエルへ帰還

 帰還受入省と、離散しているユダヤ人とイスラエル国との関係強化に於いて活動している「イスラエルへの帰還」団体が率先していた特別オペレーション後に、256人のメナシェ部族がインド北東部からイスラエルへ帰還した。

 メナシェ部族は、ミャンマーとの国境線にあるインド北東部のミゾラム州、アッサム州とマニプール州にいるコキ・チン・ミズ部族の一部であり、彼らは自身をユダヤ民族の子孫だと認識している。

 彼らの代々伝わっている伝承によると、第一神殿時代末期に北イスラエル王国から追放された10部族の中の一つ、メナシェ部族の子孫だという事になっている。2003年からイスラエルへ2,437人のメナシェ部族が帰還している。

最新記事

すべて表示

「ユダヤ人帽子」がキッパ(黄色いダビデの星にも)の先祖になった歴史

ユダヤ教の歴史に於いて、最も忌むべき着物は勿論黄色いダビデの星である。この小さい布切れを13世紀以降、西ヨーロッパのユダヤ人達は身に着けることを義務付けられ、ポーランドに侵攻したナチによって後世に再利用された。しかし西ヨーロッパのユダヤ人達は、他の身に着ける物により、ずっと以前から差別化されていて、それがPileus Cornutusuというラテン名の「尖がり帽子」で、今日最も知られているユダヤ教

キリスト教に関して知らない10の事

悪いことが起きないように木を叩く?成功を祈って指を交差する?「地の塩」や「町に預言者はいない」という諺を使う?これらはユダヤ教の世界に浸透した、キリスト教の影響の氷山の一角だ。キリスト教の世界で「イエスの割礼祭」をお祝いしている今日、世界で最初のキリスト教徒であったユダヤ人賢者の事を学ぶのにふさわしい日でもある。 1.イエスという名 ユダヤ人達が「イェシュア」と呼ばずに「イェシュー」と呼ぶことを嫌

ゴミ箱の近くで祈って良いのか

コロナ禍の影響でシナゴーグ内での祈祷が制限され、室外で祈ることを余儀なくされている信者達から様々な質問がラビへ送られてきている。 質問: 各家庭専用のごみ箱が家の近くの通りに設置されるようになった。ゴミは1週間に2回回収され、普段は蓋が閉まっている。このようなゴミ箱の近くで祈る律法はどのようなものか?どれくらい離れる必要があるのか?祈祷中にゴミ箱が視界に入らなければ良いという意見もあれば、臭いがす

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.