2回のPCR検査陰性結果には、隔離期間が7日間に短縮


 新しい規制修正によると、2回の検査陰性結果によって隔離期間を短縮することが出来、1回目は隔離に入る直前に実施する検査、もう1回は隔離から7日目以降の検査で、最低でも1回目の検査から24時間後に実施する必要がある。

 2回目の検査で陰性結果が出た瞬間に隔離から解放される。保健省では、「保健省からの隔離免除メッセージを受け取るまで待機する必要はない」と強調している。「濃厚接触、及びイスラエルへ帰国した日からの短縮の無い完全隔離期間は14日間である。現在までは、2回の陰性結果によってこれを10日間まで短縮することが出来ていた」。

 今日ナフタリ首相は、デルタ株に対する無関心を忠告し、世界では感染拡大のピークであるとも語った。「割れ和得rは無関心のまま、これは政府の問題であると言い続けることが出来るが、そうすれば感染はあっという間に拡大して封鎖となる。他の可能性としては、各自が責任を持ち、5週間で感染を減少させて勝利することだ。私が我々というときは、政府と市民一体という意味である」と語った。

 首相は市民に対し、海外旅行に出ないよう、また室内でのマスク着用義務を遵守するよう呼びかけ、前政府に対しても嫌味を送っている。「インドのようなレッドカントリーにもフライトが出ていたが、我々がそれを閉鎖した」。保健大臣は、近日中に隔離を遵守しない者への警察の監視が強化すると指摘した。

最新記事

すべて表示

重症者167人、4月半ば以来の最高数

重症者数が2日間安定していた後に、再度懸念する上昇が発生した。保健省のデータによると、全国の入院している重症者数は167人となり、昨日は151人であった。その内の26人は呼吸器付で、4月20日以来の最高記録となっている。 また昨日の新規陽性者数は2,140人で、4日間連続で2千人以上を記録している。約9万4千件のPCR検査に対し、陽性率は2.37%となった。また新規陽性者の約10%に当たる198人

昨日は2,165人の新規陽性者、諜報部警告:何もしなければ重症者は増加する

昨日(水曜日)の新規陽性者数は2,165人であり、約9万6千件のPCR検査に対し、陽性率は2.35%であった。 諜報部報告書では、「重症者数は、明確に国内の感染を表しており、検査数には依存していない。実効再生産数も未だ高く、7~10日間毎に新規陽性者数と患者数を倍増させている。何も対策無く、市民の幅広い接種が無ければ、新規陽性者数と重症者数は増大し、数週間後に病院や治療所に負荷となることが予想され

来週から3回目の接種準備:昨日は2,260人の新規陽性者

保健省では、来週から高年齢者への3回目の接種投与準備を開始している。同時に1日の新規陽性者数も増加し、昨日(火曜日)は2,260人であった。 今日持たれる保健省の感染対策チームの会議で、3回目の接種に関する決定が下される。医療システムでは、3回の接種推奨が決定されるのは確かであるが、感染対策チームの決定から、保健省では既に来週からワクチン接種を高齢者に呼び掛ける予定である。 保健省では、ファイザー