2千歳の聖書時代ナツメヤシはどんな味?

 ハナと研究員が読んでいるナツメヤシの木、西暦1~2世紀のクムランの洞窟から見つかった古代の種が芽を出して実がなった。環境学アラバー研究所の研究員達が、聖書時代のナツメヤシの実を2千年経って初めて味見した人達となった。

 古代ナツメヤシの味とは一体どんなものであったのだろう?「大きなナツメヤシの木で、マジュール品種のように痩せた細い木ではない」とキブツ・ケトゥラにあるアラバー研究所現在農業センター局長のイライン学者は語った。「実は甘くて蜂蜜のような味を持っている。ナツメヤシはハーフ・ドライで、現在の柔らかい品種は冷蔵庫がある現代に合っていると思う。二個食べたけれどもとても美味しいし、来年はもっと良い実がなるかも知れない」と語った。

 今回のナツメヤシ栽培は、イライン学者が行っているナツメヤシの古代品種の復活研究の数十年の結果である。「一房に111個の実がなった。これらの実の研究が行えるようにフランス、スイスや他の国々に送った」。

 ニューヨークタイムズではアラバー研究所の成果に関する記事が今日発表される。「異常気象、汚染や恐ろしいほどの絶滅品種が起きている今日、長期間眠ってたものを再び復活させることはとてもシンボリックである」とサラ学者は同紙に語っている。

 アダム、ボアズ、ハナ、ヨナ、イェフディットとウリエルと名付けられたこれらのナツメヤシは、1963年から1991年の間に死海にあるクムランの洞窟から発見された32個の種であり、1,800~2,400年くらい前の物であると想定されている。2005年に初めてマサダで発見された古代のナツメヤシが発芽し、オスの木をメトセラと名付けた。結果的にイライン学者とハダッサ病院の自然治療研究センター局長のサラ学者が、メトセラに合うメスの木を栽培することに成功して実がなった。

 「この実を味わうことはとても感動する、何故なら実がなるメスの木を得られる保証はなかったからだ。ある意味これは奇跡とも言える」とイライン学者は語った。

 「学者達二人で努力を惜しまずに働いた。数年もかかった後だけに感動も大きい。彼女達のことをキチガイと呼び、種から何も出ないと馬鹿にしていた人達もいる」とアラバー研究所副局長のアリーザ氏は語った。「古代ナツメヤシは今日市場で見られる品種と全く似ていないし、マジュール品種のように甘くはない。美味しいだけ運が良かった、だってこんなに努力して不味かったら学者達が可哀想」とも付け加えた。

最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、