2千歳の聖書時代ナツメヤシはどんな味?

 ハナと研究員が読んでいるナツメヤシの木、西暦1~2世紀のクムランの洞窟から見つかった古代の種が芽を出して実がなった。環境学アラバー研究所の研究員達が、聖書時代のナツメヤシの実を2千年経って初めて味見した人達となった。

 古代ナツメヤシの味とは一体どんなものであったのだろう?「大きなナツメヤシの木で、マジュール品種のように痩せた細い木ではない」とキブツ・ケトゥラにあるアラバー研究所現在農業センター局長のイライン学者は語った。「実は甘くて蜂蜜のような味を持っている。ナツメヤシはハーフ・ドライで、現在の柔らかい品種は冷蔵庫がある現代に合っていると思う。二個食べたけれどもとても美味しいし、来年はもっと良い実がなるかも知れない」と語った。

 今回のナツメヤシ栽培は、イライン学者が行っているナツメヤシの古代品種の復活研究の数十年の結果である。「一房に111個の実がなった。これらの実の研究が行えるようにフランス、スイスや他の国々に送った」。

 ニューヨークタイムズではアラバー研究所の成果に関する記事が今日発表される。「異常気象、汚染や恐ろしいほどの絶滅品種が起きている今日、長期間眠ってたものを再び復活させることはとてもシンボリックである」とサラ学者は同紙に語っている。

 アダム、ボアズ、ハナ、ヨナ、イェフディットとウリエルと名付けられたこれらのナツメヤシは、1963年から1991年の間に死海にあるクムランの洞窟から発見された32個の種であり、1,800~2,400年くらい前の物であると想定されている。2005年に初めてマサダで発見された古代のナツメヤシが発芽し、オスの木をメトセラと名付けた。結果的にイライン学者とハダッサ病院の自然治療研究センター局長のサラ学者が、メトセラに合うメスの木を栽培することに成功して実がなった。

 「この実を味わうことはとても感動する、何故なら実がなるメスの木を得られる保証はなかったからだ。ある意味これは奇跡とも言える」とイライン学者は語った。

 「学者達二人で努力を惜しまずに働いた。数年もかかった後だけに感動も大きい。彼女達のことをキチガイと呼び、種から何も出ないと馬鹿にしていた人達もいる」とアラバー研究所副局長のアリーザ氏は語った。「古代ナツメヤシは今日市場で見られる品種と全く似ていないし、マジュール品種のように甘くはない。美味しいだけ運が良かった、だってこんなに努力して不味かったら学者達が可哀想」とも付け加えた。

最新記事

すべて表示

テル・ラキシの発見:アルファベットの欠如部分

低地のテル・ラキシで、古代アルファベットの歴史で「欠如部分」が発見されたか?このように考古学者達は考えており、Antiquity誌に研究を発表した。2018年に発見され、今回公表された陶器の破片に書いている文書は、紀元前1,450年頃のものとされており、研究者達はアルファベットの進化のギャップを埋めるものと信じている。 研究者達は、今までに謎に包まれていた、アルファベットが進化した同じ時期である、

ヘロディオンとヘロデ大王の墓の謎

ヘロディオン国立公園を訪問すると、イスラエルの歴史に於ける4つの時代を体験することが出来る。イスラエルで偉大な建築家の一人であったヘロデ大王の宮殿と墓を訪れると、紀元前1世紀の時代へ引き込んでくれ、最後にマサダが陥落した西暦1世紀のローマに対するユダヤ人の第一次反乱時にシナゴーグとなったサロンに座り、我々を西暦2世紀に連れて行ってくれる、ローマに対するバルコフバの反乱(第二次反乱)の戦士達が作った

イスラエルには、地域で最多の210か所以上の水道トンネルの泉

大量で力強い安定した深刻な水源不足と、年間雨量の季節的と年間的変動を含んだ半乾燥地の地中海性気候などの様々な環境条件により、歴史を通じてイスラエルの山岳地帯に人間が定住しに来ることは困難となっていた。これらの条件により、変動的で不安定な供給がされる地層泉などの、山で唯一辿り着ける水源付近に人が住み着くようになった。「イスラエルの山岳地帯で人間が利用できる唯一の水源は、とても少量の帯水層を排水する地

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.