15分で結果:全国で予定の最速検査キット

 保健省では、来週からグリーン規制を要求する場所の入口で、最速検査キットを摂津する公式発表を行ったが、この課題に関する詳細な指標は発表されておらず、沢山の疑問も残っている。

 「ユーリー保健大臣、保健省局長ヘジー教授とコロナ総責任者ナフマン教授間との同意により、来週の日曜日から最速検査キットの展開が有効化となる」と保健省から伝えられた。「最速検査キットは、グリーン規制で活動している入口に設置され、接種者と回復者の入場以外の追加活動として、国立PCR検査とは違う形で利用される予定である。グリーン規制活動地の入場は、接種者、回復者と現地で実施された最速検査陰性結果提示のみに可能となる」。

 また保健省では以前の主張に反し、現地で実施されないPCR検査陰性結果(保険会社、又は中央司令部検査場など)でも入場できないと強調した。保健省では公式な詳細は発表していないが、現時点で予想されるのは以下のように最速検査が実施されると思われる。

最速検査対象者は?

 この検査はワクチン未接種者、又は回復者の定義ではない者が対象となっており、接種証明書を所持していない16歳以下も含まれる。この検査の主な対象者はこのような人達である。

●検査結果が出る時間は?

 15分以内。特定の検査によっては数分で結果が出るが、殆どの場合の検査の最終結果は

15分以内に出ると予想されている。

●検査実施場所は?

 現段階ではどのような検査展開となるかは明確ではなく、入荷量も分からないが、最速検査は全てのグリーン規制場所を対象としており、ジム、スポーツジム、スポーツと文化イベント、レストラン、バーやクラブなども含まれている。

●検査コストは?

 現段階では、検査の最終コストは明確ではない。保健省の昨日の発表によると、「保健省では大蔵省と経済省との共同作業を進めており、最速検査に適切な値段の保守を可能とさせる方法を検討している」と伝えている。イスラエルの盾本部局長のトメル氏によると、「紙面上では検査は50~80シケルする。この企画が継続されれば値段は下がると想像しており、それが行われるように手を打つが、時間がかかる恐れはある」と伝えている。

●検査結果の有効期間は?

 トメル氏によると、「検査が実施されたその場所のみに有効であり、それ以外のイベントには無効である。検査の有効期間の拡大を48時間までにすることも後に検討する」と語った。

●接種していない回復者も検査対象となるのか?

 対象外だ。接種(回復)証明書所持者を失格とするプロセスはない。

●検査キット入荷の責任は?

 様々な店舗が、保健省が発表したリストに含まれている許可された最速キット提供元から予約することが出来る。

●店舗は検査予約を義務付けされるのか?

 義務付けはない。

●陽性結果が出た場合には?

 最速検査で陽性結果が出た者は、直ちに隔離を義務付けられ、加入している保険会社、又は中央司令部の検査会場で通常のPCR検査を実施する必要がある。最終的に決定するのはこの通常検査の結果が陽性な場合で、隔離を義務付けられて感染者として定義される。

最速検査とはどのような種類の検査なのか?

 「様々な最速検査があり、PCR検査、抗原検査や免疫検査がある」とコロナ顧問ユダ教授は説明した。「沢山の会社と混乱がある。長期間信頼度が十分に無い検査ばかりであったが、今日保健省は数社の検査キットを承認し、主に最速検査に主軸を置いている」。

●何故最速検査は必要なのか?

「最速検査は、迅速な医療決定が必要な場所で主に必要とされており、例えば病院だ。症状を発症している者が入院し、治療するのか隔離するのかを知りたい時、又は緊急で運ばれる妊婦の場合など。式場、職場や学校などで、接種や検査を義務付けされてない場所などだ」。

最新記事

すべて表示

コロナ禍から1年、キブツにボランティアが戻る

コロナ感染によってキブツへの海外ボランティア計画が凍結されてから1年、アリエ内務大臣はキブツ運動の要求に応え、ボランティアの為に空港を再開することを決定した。 去年3月にコロナ感染がおこり、キブツ運動はイスラエルへの海外ボランティアの入国を封鎖したが、縮小された形でボランティア計画は継続し、イスラエル国内には少数のボランティアが残っていた。コロナ禍でも興味を持っている人達や、海外からの協力団体から

イスラエルで7件のインド変異種が初確認

保健省では、海外から帰国した未接種のイスラエル人の間で、インド変異種が7件初確認されたと発表した。保健省は、接種者と回復者に対するこの変異種の影響に関して、明確な情報はまだ何もないと伝えている。 今回のケースは、遺伝子検査の国立研究所によって確認された。保健省では、特に感染状況が厳しい国々の海外からイスラエルへ帰国する者の隔離の重要性を強調している。 シバ病院感染病ユニット責任者のガリヤ教授は、「

ファイザー社社長:2回目の接種から12か月後に3回目の接種が必要になるかも知れない

ファイザー社社長のアルベルト氏は、今後12か月以内に3回目のワクチン接種が必要になるかも知れないと語った。またそのワクチンは、感染と様々な変異株の対策として重要なツールになるとも語っている。インフルエンザ予防接種のように、毎年1度のワクチン接種が確定する可能性が高いとも語っている。 ファイザー社によると、ワクチンの効果性は接種から半年後でも95%であることは知られている。同様のテクノロジーをベース

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.