15世紀のスファラディー系ユダヤ人の遺産:数百万ドルの価値がある聖書

 15世紀のスペインから朗報。スペインから追放される数年前にスペインのユダヤ人会衆が使っていた560年前のエステル記がイスラエルへ到着し、国立図書館に寄付された。この聖書の価値は驚くべきもので、想定によるともし競売にかけたなら、数百万ドルで売れるだろうとのこと。

 世界で最古で最も希少な聖書の一つである。羊皮紙に手書きで記された巻物で、中世時代のスペインとポルトガルのユダヤ人会衆に関する数少ない初めての証拠の一つである。この巻物は1460~1470年くらいのものとされており、1492年と1497年にユダヤ人がスペインとポルトガルから追放される少し前である。追放時代にユダヤ人達は、殆どの資産をスペインとポルトガルに残し、両国の王族に財産を没収された。その理由からアヌシーム派(ユダヤ教の一派)と追放者達の手書きのものは殆ど残っていない。

 この巻物は中世時代から保存された唯一のものと考えられている。羊皮紙(聖書職人の間ではクラフ)の上に茶色のインクで書かれており、中世時代のスペイン・ユダヤ人会衆の特徴的な聖書文字が使用されている。最初のページはエステル記前のページで、そこにはプリム祭のエステル記を読む前と後の祝福の言葉のリストが記されている。このリストから、15世紀後半のイベリア半島に於けるプリム祭で会衆に読まれた、この巻物の会衆的地位と役割を学ぶことが出来る。

 国立図書館ユダヤ教コレクション責任者のヨエル学者によると、この巻物はスペインとポルトガルにいたユダヤ人達の豊かな物質文化に関する特に希少で重要な証拠だとのこと。「この巻物は世界で最古のエステル記の一つでもあり、スペイン追放以前の時代を生き残った、15世紀からの希少な巻物の一つである」とのこと。

 500年間何処に保存されていたかを調査した試みがなされたが、この巻物の出所は不明であり、スペイン追放後に巻物がどの国へ渡ったのか、またどの家族が持ち出したかなどの証拠は一切ない。

 この巻物は、マイケル・イスラゾン氏とその家族によって国立図書館に寄付され、「国立図書館国際委員会」の創設者で会長であった彼の父であるルドゥビック・イスラゾン氏の伝統を守り続けており、国立図書館に数十年間寄付し続けている。図書では、この貴重で希少な巻物を保存し、中世時代のスペイン・ユダヤ人会衆の荘厳な文化遺産をイスラエルと世界の一般市民に公開することを可能にすると伝えている。

最新記事

すべて表示

律法、習慣とコロナ:安息日明けから始まる神殿崩壊日

この日には、全員が5つの断食を行う義務がある:飲食、入浴、油塗、性交、及び革製の靴を履くことである。これらの断食以外に、追悼習慣も厳格化されている:昼まで椅子に座ってはいけないこと、「シャローム」と祝福してはいけないこと、追悼から気をそらすような無意味なことをしないこと、急用ではない仕事などは、全て昼までやってはいけない。 この日は聖書の勉強も無く、ミカ書、又は破壊の注解書、又はヨブ記のような人類

苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けられるのか?

質問: 歯の痛みに苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けることが出来ますか? 回答: 歯の部分への損傷は、様々な歯の痛みを起こす恐れがあり、痛みは歯周病、歯槽膿漏、虫歯、歯茎の後退などによって起こる恐れがある。神経から来る痛みは殆どが耐えられない痛みであり、緊急の治療を必要とする。炎症は顔の方へと広がる時もあり、頬の部分の腫れや赤身、又は発熱を起こす場合もある。このような損傷は、抗生物質を投与

侮辱の尻尾から高価なファッションへ:シュトライメル(ユダヤ教徒の毛皮帽子)

宗教と研究目的以外のイスラエルでの毛皮売買が禁止されたことにより、再度シュトライメルが話題になった。イスラエルの数万人の既婚者男性が、世界的シンボルとなった帽子を被っているが、「ユダヤ教徒の制服」は、神殿時代のものでもなく、出エジプトの名残でもない。「ユダヤ教徒達は、頭に狐の尻尾を被るヨーロッパでの古代の差別規制のためにシュトライメルを被っており、ユダヤ人を侮辱する為であった」とユダヤ教徒歴史を研