15世紀のスファラディー系ユダヤ人の遺産:数百万ドルの価値がある聖書

 15世紀のスペインから朗報。スペインから追放される数年前にスペインのユダヤ人会衆が使っていた560年前のエステル記がイスラエルへ到着し、国立図書館に寄付された。この聖書の価値は驚くべきもので、想定によるともし競売にかけたなら、数百万ドルで売れるだろうとのこと。

 世界で最古で最も希少な聖書の一つである。羊皮紙に手書きで記された巻物で、中世時代のスペインとポルトガルのユダヤ人会衆に関する数少ない初めての証拠の一つである。この巻物は1460~1470年くらいのものとされており、1492年と1497年にユダヤ人がスペインとポルトガルから追放される少し前である。追放時代にユダヤ人達は、殆どの資産をスペインとポルトガルに残し、両国の王族に財産を没収された。その理由からアヌシーム派(ユダヤ教の一派)と追放者達の手書きのものは殆ど残っていない。

 この巻物は中世時代から保存された唯一のものと考えられている。羊皮紙(聖書職人の間ではクラフ)の上に茶色のインクで書かれており、中世時代のスペイン・ユダヤ人会衆の特徴的な聖書文字が使用されている。最初のページはエステル記前のページで、そこにはプリム祭のエステル記を読む前と後の祝福の言葉のリストが記されている。このリストから、15世紀後半のイベリア半島に於けるプリム祭で会衆に読まれた、この巻物の会衆的地位と役割を学ぶことが出来る。

 国立図書館ユダヤ教コレクション責任者のヨエル学者によると、この巻物はスペインとポルトガルにいたユダヤ人達の豊かな物質文化に関する特に希少で重要な証拠だとのこと。「この巻物は世界で最古のエステル記の一つでもあり、スペイン追放以前の時代を生き残った、15世紀からの希少な巻物の一つである」とのこと。

 500年間何処に保存されていたかを調査した試みがなされたが、この巻物の出所は不明であり、スペイン追放後に巻物がどの国へ渡ったのか、またどの家族が持ち出したかなどの証拠は一切ない。

 この巻物は、マイケル・イスラゾン氏とその家族によって国立図書館に寄付され、「国立図書館国際委員会」の創設者で会長であった彼の父であるルドゥビック・イスラゾン氏の伝統を守り続けており、国立図書館に数十年間寄付し続けている。図書では、この貴重で希少な巻物を保存し、中世時代のスペイン・ユダヤ人会衆の荘厳な文化遺産をイスラエルと世界の一般市民に公開することを可能にすると伝えている。

最新記事

すべて表示

プリム祭は過越し祭

ユダヤ教ラビ達は、プリム祭をユダヤ暦に直ちに入れることを同意しなかった。バビロン・タルムードの巻物の章には、71人の賢者によって構成されている最高議会サンヘドリンのメンバーの一部が、モルデハイがアハシュエロス王の側近の一人になったことで彼を敬遠していたからだ。ラッシーは、彼の政治的役割が聖書を学ぶことを怠慢なこととし、エステルもユダヤ人ではない王様の王妃として残った事実が、ユダヤ人リーダー達にとっ

エステル断食

ユダヤ教賢者達はプリムの前夜祭に断食を決め、モルデハイとエステルが断食した記念日となっている。当時もこの日だったのか?エステルのオリジナルの断食日は過越し祭だった。それなら何故アダルの月に断食するのか?半シケルの習慣とは? エステル断食とは、イスラエルが断食する日の一つであり、「各自が苦難に陥った時に神がそれを全て見て聞いており、心から断食して神に戻ると当時のように神が祝福されることを記憶するため

割礼を行う理由は、殆どが道徳とは無関係

「ナイス・ガイ」お笑い番組のスター、ガイ・ホフマン氏が、割礼に関するポストを今週発表し、インターネット上で数千のライクと共有を獲得している。ホフマン氏の事を知らずとも、このポストには多大な重要性があり、何故なら彼の意見は我々イスラエル人社会の大多数を代表しているからだ。 まずこのポスト自身を読んでみる方が良い。もし忙しくて時間がないならば、要約はこうだ。真面目な顔をしたホフマン氏が、「異教徒的」で

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.