15世紀のスファラディー系ユダヤ人の遺産:数百万ドルの価値がある聖書

 15世紀のスペインから朗報。スペインから追放される数年前にスペインのユダヤ人会衆が使っていた560年前のエステル記がイスラエルへ到着し、国立図書館に寄付された。この聖書の価値は驚くべきもので、想定によるともし競売にかけたなら、数百万ドルで売れるだろうとのこと。

 世界で最古で最も希少な聖書の一つである。羊皮紙に手書きで記された巻物で、中世時代のスペインとポルトガルのユダヤ人会衆に関する数少ない初めての証拠の一つである。この巻物は1460~1470年くらいのものとされており、1492年と1497年にユダヤ人がスペインとポルトガルから追放される少し前である。追放時代にユダヤ人達は、殆どの資産をスペインとポルトガルに残し、両国の王族に財産を没収された。その理由からアヌシーム派(ユダヤ教の一派)と追放者達の手書きのものは殆ど残っていない。

 この巻物は中世時代から保存された唯一のものと考えられている。羊皮紙(聖書職人の間ではクラフ)の上に茶色のインクで書かれており、中世時代のスペイン・ユダヤ人会衆の特徴的な聖書文字が使用されている。最初のページはエステル記前のページで、そこにはプリム祭のエステル記を読む前と後の祝福の言葉のリストが記されている。このリストから、15世紀後半のイベリア半島に於けるプリム祭で会衆に読まれた、この巻物の会衆的地位と役割を学ぶことが出来る。

 国立図書館ユダヤ教コレクション責任者のヨエル学者によると、この巻物はスペインとポルトガルにいたユダヤ人達の豊かな物質文化に関する特に希少で重要な証拠だとのこと。「この巻物は世界で最古のエステル記の一つでもあり、スペイン追放以前の時代を生き残った、15世紀からの希少な巻物の一つである」とのこと。

 500年間何処に保存されていたかを調査した試みがなされたが、この巻物の出所は不明であり、スペイン追放後に巻物がどの国へ渡ったのか、またどの家族が持ち出したかなどの証拠は一切ない。

 この巻物は、マイケル・イスラゾン氏とその家族によって国立図書館に寄付され、「国立図書館国際委員会」の創設者で会長であった彼の父であるルドゥビック・イスラゾン氏の伝統を守り続けており、国立図書館に数十年間寄付し続けている。図書では、この貴重で希少な巻物を保存し、中世時代のスペイン・ユダヤ人会衆の荘厳な文化遺産をイスラエルと世界の一般市民に公開することを可能にすると伝えている。

最新記事

すべて表示

聖書律法のオメルの数えをカバラー神秘主義に変えた

その数千年後の17世紀に、この律法は特別な意味を持つこととなり、ユダヤ教祈祷に関するラビ・イツハック・ベン・ルリアのカバラー主義と、ツファットのカバラー主義者達の多大な影響があった。カバラーによると、人間の行いと律法実行時のその人の意図は、世界が創造された時に「壊れた」神の上部の世界を「修理する」ことが出来、直接影響を与えるとされている。 これらのカバラー的思想のお陰で、オメルの数えの律法にその他

ユダヤ教徒社会で驚愕:エルサレムのユダヤ教ラビが、キリスト教徒布教者であった

エルサレムのフレンチ・ヒルのユダヤ教徒居住地では、同じ会衆の家族であった人達が実はユダヤ人ではなく、キリスト教とイエスへの信仰を布教する為に活動していたことが暴露されて大騒ぎとなっている。家長であるMは、「ラビ」として数年活動して結婚式や聖書の写本なども行っており、偽物だったという暴露により、彼が行った結婚式、写本した聖書、祈りの箱やメズーザ(家のお守り)も全てコーシェルではなく無効となる。 「ユ

ラビの教えの儀式と習慣は異教が起源(前編)

ユダヤ教ラビの伝統として知られている儀式の一部のリストだが、異教が起源となっていることに関する説明だ。この論文では、以下の儀式や習慣を調査している。ヒンナ、トイレの悪魔、ガラスのコップ割り、占星術と幸運、ゲマトリア、転生、リトルマーメイド、魔術、迷信、傲慢、海の神、追悼の祈祷、お守り、聖なるロウソク、プリムのカーニバル、ヒルラ、義人の墓でのうつ伏せ、聖人の絵、パンの分配、過越し祭前夜祭とシンポジウ