10月以来の最多:昨日は5,449人の新規陽性者数

 昨日は5,449人の新規陽性者が確認され、10月5日以降最多となった。9万8千件のPCR検査が実施され、陽性率は5.6%となっている。陽性率が5%以上になったのも10月以来だ。現在入院患者数は1,025人、重傷者593人、呼吸器付146人、死者3,256人となっている。現在感染者数は38,656人で、7,605人がエルサレム在住となっている。

 昨日一日でワクチン接種された人は11万5千人で、一日でワクチンを受けた世界最高記録となった。現在までに約50万人が既にワクチンを接種されている。ファイザー社のワクチンを接種しており、二度の接種が必要となる。現在接種を受けられる優先者は、保健省が決定した医療関係者、救助関係者、60歳以上の市民と持病を持った病人となっている。

 エルサレムではアレルギー性の痙攣をおこす49歳の男性が、ワクチン接種の1時間後に痙攣の症状を起こした。ペニシリンに対するアレルギーの結果であり、持病は無いとの診断で、薬治療を受けて現在自宅療養しており状態は安定している。ベテシャンでは心臓病を持った75歳の男性が、ワクチン接種後に自宅で死亡した。現在保健省が死因を調べている。

 警察の発表によると、三度目の封鎖中に2,253件の違反切符が切られた。ほとんどがマスクの未使用、それ以外には許可されていない目的での外出、自主隔離の違反、閉鎖していない商店、許可されていない公共施設の利用などである。封鎖中に2,352件の商店などを警察が抜き打ち検査をした。数十件の商店が違反切符を切られ、24件が注意勧告、56件が人の密の改善を命じられ、22件が規制違反で数日間の強制閉鎖を受けた。また自宅隔離中の5,324人の消息も確認されたとのこと。

最新記事

すべて表示

昨日も9千人以上の新規陽性者

保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は9,172人で、四日連続で9千人以上となっており、過去に9千人以上となったのは第二波の真っ最中であった9月30日のみである。約12万件のPCR検査が実施され、陽性率は7.6%とまだまだ高い。入院患者数1,848人、重症者1,097人、呼吸器付263人となっている。保健省では、封鎖解除の基準の一つが重症者の減少となっているが、ここ数日間1千人以上が継続されて

イスラエル軍ブルドーザーに向けてガザから2度発砲、戦車が応戦

ガザ地区ハン・ユーネス付近の国境フェンス近くで活動していた工作部隊に対し、ガザからD9ブルドーザーに向けて発砲があった。その直後にまた同じような発砲が起きた。イスラエル軍戦車が、発砲が起きた付近のハマス拠点を三か所攻撃した。イスラエル軍に負傷者は出ていない。 最初の発砲が起きた事件に関して軍スポークスマンは、「ガザ地区南部の国境フェンスの西側を工作活動中に、工作部隊に対して数発発砲された。その発砲

新規陽性者が二日連続して9千人以上

昨日は9,025人の新規陽性者が確認され、約12万5千件のPCRの検査で陽性率は7.2%であった。入院患者数1,760人、重症者1,043人、呼吸器付262人、死者3,770人となっている。1月初旬から今日まで既に428人死亡しており、去年11月は313人、12月は481人であった。現在感染者数も過去最高の78,215人となっている。 未だ感染状況が拡大していることを背景に、保健省ではもう1週間封

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.