1,500人以上の死者

 大贖罪日に実施されたPCR検査数は予想されていたように少なかったが、その結果も好ましいものではない。昨日は重症者数が722人まで上昇し、呼吸器付も209人になった。死者は1,507人に達し、その中の562人(全体の37%)は9月だけで亡くなっている。

 新規陽性率も上昇しており、過去2日間で14%以上にまで達している。PCR検査7件中1件が陽性という結果である。国内ではユダヤ教徒の4都市が最悪の状況であり、それらの都市ではPCR検査4件中1件が陽性という結果となっている。

◎都市名と陽性率

1.ベイタル・エリート 32.53%

2.エルアド 31.27%

3.ブネイ・ブラク 27.91%

4.モディイン・エリート 22.63%

 10番目のエルサレムも陽性率が上昇して17.72%となっており、6件中1件が陽性ということになる。しかし陽性率が平均値より低い場所もあり、ホッド・ハシャロン、アリエル、キリヤット・オノ、エイラット、ガネイ・ティクバとキリヤット・ティブオンでは陽性率は5%以下となっている。WHOでは5%以下の陽性率が感染拡大を防止している基準値であると発表しているが、イスラエルの感染拡大は最悪な状態となっている。

 感染拡大原因の一つとして、昨日の大贖罪日では封鎖で禁止されているのにも関わらず、ユダヤ教徒達がブネイ・ブラク市に住んでいる親戚の家で一緒に過ごし、大贖罪日明けにはマスクも着用せず、規定以上の人数で車に乗ってエルサレムやエルアドなどの自宅に帰宅していることが警察の取り締まりで明らかになった。規制を遵守していない者たちには罰金が課されたが、デモに参加するという理由で都市間の移動が可能となっているのも問題視されている。

 今後警察も取り締まりを強化する予定であり、スッカー(仮庵)の準備に集まったユダヤ教徒達を解散させ、ナザレでも誕生日に集まった数百人のアラブ人を警察が解散させた。

最新記事

すべて表示

イスラエルに於けるファイザー社製ワクチンの効果率最新結果

ファイザー社製ワクチンの高い効果性を見せた研究の中間結果発表から数週間後にクラリット保険会社は、2回目の接種から1週間後の慢性患者にも高い免疫レベルを示した追加結果を発表した。 ピアレビューされたこの研究は、クラリット被保険者約140万人のデータを調査し、対象グループとして接種者と未接種者のグループ間で比較された。この研究はハーバード大学研究者達と共同で実施され、New England Journ

インド、トルコ、ウクライナからの「最小限の外国人」

インド、エチオピア、ウクライナ、トルコ、メキシコ、ブラジルと南アフリカ。これらが保健省が厳しい渡航警告を発する予定である国々のリストであり、これらの国々の感染レベルが高く、これらの国々から到着する乗客によってイスラエル国内に新しい変異株が侵入する懸念がある。 また世界で最も感染が酷い国となった、インドからの外国人入国には個別に関連した文書があることも判明している。コロナ総責任者のナフマン教授が署名

イスラエルの研究:コロナは不妊治療に影響を与える恐れ

コロナに感染していて不妊治療が必要?3か月待つことが勧められている。シバ病院で実施された研究によると、不妊治療を受けるカップルの一人がコロナ感染した後に得られる胚の質は大幅に低下することが明らかになった。 今日体外受精(IVF)の成功率に与えるコロナウイルスの影響に関する医療的・研究的文献情報は存在していない。シバの研究は対外受精ユニット責任者のラウール医師を筆頭とし、女性と男性の生殖能力と不妊治

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.