1日で349名が感染:4月末から最多

 昨日は1日で349名が感染し、4月末から最多となった。今日現在で累積感染者数は20,243名、回復者数は15,567名、病人は4,372名となっている。昨日の陽性率は1,9%にまで上昇しており、6月初旬から感染した数は3,171名で累積が2万人を超えた。重篤患者数は40名、死者は304名となっている。

 イスラエル保健省とネタニヤフ首相は、コロナ・キャンペーンで一般市民への感染防止強化を呼びかけ、今回の感染増大を防ぐためには全ての手段を講じると公言した。もし市民の行動が伴わない場合には、強硬手段を用いるとも語っている。

 パレスチナ自治区でも第二波感染の始まりと公表しており、過去3日間で100名以上の感染者が出ている。クラスターが発生しているのはヘブロン付近で、ラマッラの医療関係者も感染していることに自治政府は大きな不安を抱いている。

 コロナ発生から今日に至るまで、西岸地区、ガザ地区と東エルサレムで感染したパレスチナ人の数は834名、570名が回復している。死者は5名、重篤患者がいないのが不幸中の幸いかもしれない。

 イスラエルが西岸地区の一部を併合するかもしれないとの理由で、先日ラマッラの自治政府がイスラエル軍とのセキュリティー調整を取りやめた結果、イスラエル軍との調整が無しではパレスチナ警察がBとC地区での取り締まりが不可能となっている。

 第一波では相互の調整の下にパレスチナ警察がBとC地区での感染拡大防止のために出入り可能であったが、このセキュリティー調整を自治政府が中止したためにイスラエル軍の許可を必要とする支援物資も持ち込めない状況となっている。ガザ地区では比較的に落ち着いた状態が続いている。

最新記事

すべて表示

コロナ禍から1年、キブツにボランティアが戻る

コロナ感染によってキブツへの海外ボランティア計画が凍結されてから1年、アリエ内務大臣はキブツ運動の要求に応え、ボランティアの為に空港を再開することを決定した。 去年3月にコロナ感染がおこり、キブツ運動はイスラエルへの海外ボランティアの入国を封鎖したが、縮小された形でボランティア計画は継続し、イスラエル国内には少数のボランティアが残っていた。コロナ禍でも興味を持っている人達や、海外からの協力団体から

イスラエルで7件のインド変異種が初確認

保健省では、海外から帰国した未接種のイスラエル人の間で、インド変異種が7件初確認されたと発表した。保健省は、接種者と回復者に対するこの変異種の影響に関して、明確な情報はまだ何もないと伝えている。 今回のケースは、遺伝子検査の国立研究所によって確認された。保健省では、特に感染状況が厳しい国々の海外からイスラエルへ帰国する者の隔離の重要性を強調している。 シバ病院感染病ユニット責任者のガリヤ教授は、「

ファイザー社社長:2回目の接種から12か月後に3回目の接種が必要になるかも知れない

ファイザー社社長のアルベルト氏は、今後12か月以内に3回目のワクチン接種が必要になるかも知れないと語った。またそのワクチンは、感染と様々な変異株の対策として重要なツールになるとも語っている。インフルエンザ予防接種のように、毎年1度のワクチン接種が確定する可能性が高いとも語っている。 ファイザー社によると、ワクチンの効果性は接種から半年後でも95%であることは知られている。同様のテクノロジーをベース

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.