風船焼夷弾攻撃に対しガザをイスラエル軍が攻撃

 イスラエル空軍がガザ地区におけるハマスの地下インフラを攻撃した。軍スポークスマンによると、先日イスラエル国内へガザから風船焼夷弾や風船爆弾攻撃があったことに対する報復攻撃であるとのこと。

 先日シュデロット市の幼稚園と倉庫で火災が発生し、ガザからの風船焼夷弾が落ちたのが原因であった。施設は空であったため負傷者は出ていない。風船焼夷弾攻撃によってガザ周辺のユダヤ人居住区付近では20か所の火災が発生した。

 エジプト諜報部の上層部使節団がハマス代表者たちと会合し、ハマスはエジプトを通じてイスラエルに対する要求書を手渡した。その中には水道と電気に関する経済的インフラプロジェクトの拡大実施許可への保証も含まれている。

 それ以外の要求としては、ガザ地区からの輸出入に関するイスラエルの許可、ガザからイスラエルへの出稼ぎ労働者数を10万人まで増加、国連の雇用プロジェクト実施への許可、漁業水域を20マイルまで拡大とケレム・シャローム・ゲートの常時オープンが含まれている。

 またハマスはカタールからの支援金対象を10万家族から20万家族へと倍増要求しているが、一部の要求は国連やカタールなどの国際機関に対してであり、イスラエルのコントロール下にはない。イスラエルはガザ地区内のインフラプロジェクト拡大に対しても反対はなく、カタールの支援金の額に関しても同様である。

 パレスチナ筋によると、ハマスの要求は多すぎるために、彼らに提案されている内容とは大きな違いがあるとのこと。エジプト使節団との話し合いはピークを迎えており、イスラエルとハマス間との妥協案を探っている。ガザの発電所の燃料在庫が底をつき始めており、もしイスラエルが近日中に燃料を入れなければ発電所が停止してしまう。

 エジプトの使節団がガザに入ったにも関わらず、ガザからの風船焼夷弾攻撃は継続されている。シュデロット市の幼稚園では火災が発生したが、負傷者はなく建物に被害が出ている。

 昨日(8月17日)には、エルサレム旧市街のライオン門付近で警備していた国境警備隊の警察官が、パレスチナテロリストによってナイフで襲われて負傷したが、負傷しながらもテロリストに対して発砲し射殺した。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.