鉄道駅のワインはもう試飲した?

 長野県の塩尻駅はブドウ栽培にとても相性が合う。同県には桔梗ヶ原、日本アルプスや天竜川などにかなりのワイン地区が存在し、メルロ品種がほとんどを占めているワインを製造しているワイナリーが約10軒ある。

 塩尻市(人口約6万7千人)は観光地でもないために知名度も低いが豊富な遺跡があり、日本のドラマやアニメのセットとして利用されている。

 同県へのワイン観光を推進するために、1988年に中心街の鉄道駅の一つにブドウ畑を作り、ブドウ棚にはメルロとナイアガラ品種が植えられており、鉄道員が管理しながら専門家の指導に沿って一般市民のボランティアが摘葉やブドウの収穫にあたっている。

 今日までブドウからワインが製造されたことがなく訪問者に配られたり、ワイン収穫を任されていた現地大学のエノロジー(ワイン学)生徒の研究用に利用されていただけだった。

 同市60周年を記念し、初めてこれらのブドウがワイン製造に使用された。ブドウは桔梗ヶ原の現地ワイナリーへ搬送され、鉄道駅で栽培されたブドウから製造された100本のワインが販売される予定だ。

 イスラエルでも行われているように、鉄道が活動していない冷たい空気の夜中にブドウの収穫は行われる。その後専用の入れ物にブドウの房が丸ごと納められ、そこから近くのワイナリーまで短時間で搬送してワインが製造された。

 日本では今日約200軒のワイナリーがあり、96%のワイナリーは小規模(年間1万本まで)と中規模(年間5万本まで)となっている。日本は東京オリンピックが開催された1964年からワイン産業を開始し、保守的な国であった日本は食料やワインなどの多くの分野で少しずつ西洋に近づいて行った。

 今日日本では年間に約37万㎏のワイン用ブドウが栽培されており、ワイン消費量はイスラエルと相似した年間約3.1リットル/人と少ない。日本で栽培されている主要品種は、シャルドネ、メルロ、シラーとピノノアールで、現地特殊白ワイン品種の甲州がある。

 塩尻駅に話を戻そう。現在ボトルの値段は決まっていないが、一つだけ確かなのは鉄道駅だからオンタイムで販売が始まるということだ。

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.