過激な熱波

この熱波は週末まで続くと予想され、火災が懸念されており、電気会社によると史上最大の電気消費が記録された。

週末までイスラエル全土で40〜44度まで気温が達すると見られており、今日(18日)の13時ではテルアビブで42度、ベテシャンで44度、最高はキブツ・ギルガルの45度が観測された。

今回は幾つかの要素がこの熱波を生み出しているとのこと。上空にある高気圧が地上に空気を押し込んでくる。この乾燥した熱い空気に低空を流れる東風、ヨルダン、シリアとサウジアラビアの砂漠からの風と混合し、今回のような珍しい長期間の熱波現象を生んだと天気予報士が説明している。金曜日に気温が下がる見込み。

48度以上の最高気温が予想されているキブツ・ギルガルでは、メンバーの70%が農業に従事しており、この熱波が農産物に多大な被害を出すことに懸念している。農家の仕事は17時以降にならないと始められないとのこと。

最新記事

すべて表示

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

二日連続:ガザ周辺でロケット着弾、イスラエル軍がガザを攻撃

昨夜(金曜日)ガザから発射されたロケットは、ネゲブ西部のエシュコール自治体の野原に着弾した。ミサイル発射により、ホリットとシャデイ・アブラハムで21時43分に警報が作動した。イスラエル軍によると、国内へ向けたロケット発射が1発確認されたとのこと。エシュコール自治体によると、ロケットは居住地外の野原で爆発したと思われ、軍が調査をしていると伝えている。負傷者や被害は出ていない。 その報復として、イスラ

シュデロット市の野原でロケットが着弾、イスラエル軍はガザに報復攻撃

独立記念日が明けた直後にガザから発射されたロケットがシュデロット市付近の野原に着弾した。昨夜は21時1分に、シャアル・ハネゲブ地方自治体のシュデロット市とキブツ・ニール・アム付近で警報が鳴った。シュデロット市役所からは、負傷者や被害の報告はないと伝えられている。この報復としてイスラエル軍はガザのハマス拠点を攻撃した。 イスラエル軍スポークスマンによると、ガザで攻撃された標的は、武器製造工場、武器密

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.