過激な熱波

この熱波は週末まで続くと予想され、火災が懸念されており、電気会社によると史上最大の電気消費が記録された。

週末までイスラエル全土で40〜44度まで気温が達すると見られており、今日(18日)の13時ではテルアビブで42度、ベテシャンで44度、最高はキブツ・ギルガルの45度が観測された。

今回は幾つかの要素がこの熱波を生み出しているとのこと。上空にある高気圧が地上に空気を押し込んでくる。この乾燥した熱い空気に低空を流れる東風、ヨルダン、シリアとサウジアラビアの砂漠からの風と混合し、今回のような珍しい長期間の熱波現象を生んだと天気予報士が説明している。金曜日に気温が下がる見込み。

48度以上の最高気温が予想されているキブツ・ギルガルでは、メンバーの70%が農業に従事しており、この熱波が農産物に多大な被害を出すことに懸念している。農家の仕事は17時以降にならないと始められないとのこと。

最新記事

すべて表示

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

昨日も9千人以上の新規陽性者

保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は9,172人で、四日連続で9千人以上となっており、過去に9千人以上となったのは第二波の真っ最中であった9月30日のみである。約12万件のPCR検査が実施され、陽性率は7.6%とまだまだ高い。入院患者数1,848人、重症者1,097人、呼吸器付263人となっている。保健省では、封鎖解除の基準の一つが重症者の減少となっているが、ここ数日間1千人以上が継続されて

イスラエル軍ブルドーザーに向けてガザから2度発砲、戦車が応戦

ガザ地区ハン・ユーネス付近の国境フェンス近くで活動していた工作部隊に対し、ガザからD9ブルドーザーに向けて発砲があった。その直後にまた同じような発砲が起きた。イスラエル軍戦車が、発砲が起きた付近のハマス拠点を三か所攻撃した。イスラエル軍に負傷者は出ていない。 最初の発砲が起きた事件に関して軍スポークスマンは、「ガザ地区南部の国境フェンスの西側を工作活動中に、工作部隊に対して数発発砲された。その発砲

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.