過去26年間で海岸線で最も雨が降った11月

 まだ11月は終わっていないが、1994年以来海岸線で最も雨が降った月となった。昨日の朝は、ハシャロン、中央部とアシュドッドとアシュケロン地域で浸水が起き、その後ガリラヤ西部とナハリヤでも記録的な雨が降った。1日で100㎜以上の雨が降った場所では、都市部の浸水によって多大な被害が発生している。

 気象庁の発表によるとテルアビブ北部からホッド・ハシャロンまでの地域で、一昨日の午後から昨日の正午まで降った降水量は100㎜から120㎜となっている。昨日の殆どの雨は3時間から4時間内に降った。アシュドッドとアシュケロンの地域でも殆どが早朝に同様の雨が降り、ナハリヤとハエゾールでは一日で110㎜の雨が降った。

●海岸線南部120㎜

●ハシャロン117㎜

●アシュケロン114㎜

●ナハリヤ、ヘルツリア109㎜

●低地地方43㎜

●フーラ湖地方37㎜

●エルサレム20㎜

●アラッド1㎜

 浸水した都市部の住民達から、浸水の原因は下水整備の不備で起きたという批判が出ている。専門家によると、都市部の下水整備は過去数年間何も変更されておらず、気候の変化に追いついていないと説明した。「以前とは全く違う。以前では20年に一度しか集中豪雨は起きないと言っていたが、今では毎年起きている」とも語った。下水再整備の経済効果をまず確認し、毎年冬前に念入りに清掃することを勧めている。「消防車のホースで放水すれば、どこに問題があるか直ぐに発見できる」。

 ホッド・ハシャロン在住69歳のイーツィック氏は、浸水の恐怖を味わった一人でもある。完全に浸水したジャボティンスキー通りで車で立ち往生した。「車で買い物に出かけた。途中で小さい水溜まりがあったが、目抜き通りなのでこんなの大したことないと思って通り抜けようとした。20m走ったら車が勝手に回転し始めた。水が車中に入って来て、最初はどうやってカーペットを掃除しようかと笑っていた。しかし突然水位が上がり車も停止した。窓は開かず、扉も重くなって手では開けられなかったので、両足で押して開けることに成功した。やっと外に出たら息子が救出しに来てくれた」と語った。もし小型車だったならば最悪の事態になっていたと同氏は続けた。「下水は完全に詰まっていた。45分後に警察から電話があり、水が引いたから車を取りに来いと言われた。市役所で何もしなかったのが原因だ」とも述べている。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.