過去2か月で最多の感染者

 昨日は337名の陽性者が判明し、過去2か月間で最多となった。実施されたPCR検査数は12,337件で、陽性率は2.7%にまで上昇している。クラスターはネゲブ砂漠のアルアラ(ベドウィン居住区)、ブネイブラク市、ウム・エルパッフェムとバットヤム市。

 バットヤム市では他の都市と比較して感染率が3~4月の状況まで後退しており、6月1日~21日までの間に117名の新規感染者が確認され、現在137名の感染者がいる。4,904件の検査数に対し6月初旬の陽性率は2.4%であったが、現在では5%にまで急上昇した。現状を踏まえて、同市市長は政府に対しビーチの封鎖を要請している。

 ガリラヤ湖のティベリア市でも状況が悪化し、6月1日から今日まで49名の新規感染者が確認され、そのほとんどがユダヤ教徒になっている。

 感染拡大を防止するために、政府はマスク着用の監視を強化し、マスクをしていない市民には500シケル(1万5千円)の罰金が課されることが決定した。


累積感染者数 21,082名

現在感染者数 5,007名

重篤患者数 44名

死者 307名

回復者 15,768名

最新記事

すべて表示

観光客入国延期が決定:コロナ総責任者が室内でのマスク着用義務を呼びかけ

コロナがまた頭を持ち上げ、観光客はイスラエルの外に留まることとなる。今日(水曜日)にナフタリ首相とニッツァン保健大臣、及び医療システムの上層部達との会議に於いて、イスラエルへの観光客入国を1か月延期することが決定した。オリジナルの計画では、7月1日にイスラエルへグリーンカントリーと定義されたリストの観光客が入国でき量になる予定であったが、今日の午後に終了した会議では、8月1日まで延期することが決定

接種者もインド変異株に感染するのか?

室内でのマスク着用義務も解除されてから1週間が経過し、コロナが心配なカムバックをしている。ビニヤミナ、モディインとヨルダン渓谷で、この数日間で数十人の感染報告がなされており、インド変異株がその背景にあるようだ。保健省ではこれらの居住地の数百人の住民に隔離に入るよう命令し、他の住民にも感染が拡大しないようマスク着用を指示した。 今何をすべきか?誰がマスクを着用する義務があるのか、いつ隔離されるのか、

学校内のクラスター発生で、子供達へのワクチン予約が増加

モディインとビニヤミナの学校内のクラスター発生により、一部の保険会社では12~16歳の子供達のワクチン要請が増加したと伝えている。2週間前に保健省は子供達の接種を許可したが、特に接種を推奨することは避けており、しかし現状を専門家達と会議した後に、接種を受けるよう積極的に呼びかける政策に変更決定されるかも知れない。 今日から高校生は夏休みが開始し、学校内での活動が非常に減少して他の生徒達とも会うこと