車で轢殺しテロの試み:東エルサレムの住民が検問所で撃たれて死亡

 テロリストの疑いがある東エルサレムの住民が、今日(水曜日)午後にエルサレムのアザイーム検問所で車で轢殺しを試みた。国境警備隊の兵士達は発砲して負傷させた。容疑者は重傷で展望山のハダッサ病院へ運ばれたが、病院で死亡が確認された。容疑者に対して発砲した兵士も負傷し、治療を受ける為に同じ病院に運ばれた。

 エルサレム市警と国境警備隊の共同発表によると、「容疑者は車で15時ごろ検問所に到着した。軍警察の兵士達による身分証明書検査中に、この容疑者のものではないという疑惑が起こり、容疑者が他人に偽装していると思われた。セキュリティチェック中に容疑者は急発進し、その場にいた兵士を負傷させた。その結果兵士達やセキュリティ関係者達が車に向かって発砲し、容疑者は無力化されて治療の為に病院へ運ばれた」。

 ハダッサ病院の発表によると、「集中治療室に容疑者が運ばれてきたが心拍が無く、腹部に重い傷があった。蘇生手当を続けたが医者によって死亡が確定された」とも伝えている。

 約3週間前に28歳のパレスチナ人テロリスト、ビルエル・ロアジバが、シケムの近くにあるサマリア師団広場のイスラエル軍兵士に対して発砲した。それに対応して兵士達はテロリストを射殺した。イスラエル軍に負傷者はいなかった。テロリストはシケムの入口近くの交差点まで車で到着し、見張っていた兵士達に対して発砲した。このテロリストはパレスチナ治安部隊に所属していた。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.