車で轢殺しテロの試み:東エルサレムの住民が検問所で撃たれて死亡

 テロリストの疑いがある東エルサレムの住民が、今日(水曜日)午後にエルサレムのアザイーム検問所で車で轢殺しを試みた。国境警備隊の兵士達は発砲して負傷させた。容疑者は重傷で展望山のハダッサ病院へ運ばれたが、病院で死亡が確認された。容疑者に対して発砲した兵士も負傷し、治療を受ける為に同じ病院に運ばれた。

 エルサレム市警と国境警備隊の共同発表によると、「容疑者は車で15時ごろ検問所に到着した。軍警察の兵士達による身分証明書検査中に、この容疑者のものではないという疑惑が起こり、容疑者が他人に偽装していると思われた。セキュリティチェック中に容疑者は急発進し、その場にいた兵士を負傷させた。その結果兵士達やセキュリティ関係者達が車に向かって発砲し、容疑者は無力化されて治療の為に病院へ運ばれた」。

 ハダッサ病院の発表によると、「集中治療室に容疑者が運ばれてきたが心拍が無く、腹部に重い傷があった。蘇生手当を続けたが医者によって死亡が確定された」とも伝えている。

 約3週間前に28歳のパレスチナ人テロリスト、ビルエル・ロアジバが、シケムの近くにあるサマリア師団広場のイスラエル軍兵士に対して発砲した。それに対応して兵士達はテロリストを射殺した。イスラエル軍に負傷者はいなかった。テロリストはシケムの入口近くの交差点まで車で到着し、見張っていた兵士達に対して発砲した。このテロリストはパレスチナ治安部隊に所属していた。

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.