観光客入国規制:Q&A

◎イスラエルに現在入国許可される人達は?

 WHOに承認されたワクチンを、フライトの最低14日前に接種した者、又はコロナから回復した者。これもイスラエル入国の14日前にレッド国に滞在しておらず、イスラエルへの入国が拒否されていない者が条件となる。

◎外国人入国に承認されているワクチンとは?

 モデルナ、ファイザー、J&J、アストラゼネカ、コビシールド、シノファーム、シノバック。スプートニク・ワクチンに関しては、PCR検査と抗原検査が必要条件として承認されている。

◎未接種者は入国できるのか?

 完全隔離でも入国不可能となっている。未接種者は、今でも特例委員会に申請書を提出することが要求されており、人口移民局のHPに記されているカテゴリーに沿って入国が許可されたならば、入国することが出来る。

◎コロナPCR検査は必要か?

 出発国から72時間以内に実施された、コロナPCR検査の陰性結果が無ければ、イスラエルへの入国は許可されず、イスラエルへの到着時にも追加検査が実施されることが条件となっている。

◎イスラエルへのフライト搭乗前に提示する必要があるものは?

 フライト72時間以内に実施されたPCR検査の陰性結果証明書、入国者の健康申請書記入証明書、ワクチン接種証明書、又は回復証明書、又は内務省の特例入国許可症を提示する必要がある。

◎イスラエル到着後に何がある?

 イスラエル人への義務とされているように、入国する外国人も空港でのPCR検査が要求され、その後陰性結果が出るまで、又は24時間の隔離、どちらか早い方が必要とされる。陰性結果が出た後は、制限なしで国内を観光することが許可される。

◎誰が隔離を要求されるのか?

 ロシア製ワクチン、スプートニクを接種した外国人は、空港到着時に2回の検査実施を要求され、一つはPCR検査、もう一つは抗原検査となっている。この二つの検査が陰性であったのみ、隔離から出て自由に国内を観光することが許可される。

◎隔離の違反、又はコロナ陽性結果を違反する外国人への罰は?

 イスラエル滞在中にコロナ陽性が判明した外国人は、直ちに民間防衛軍の責任下にある感染者ホテルに移送され、治療費は本人、及び海外旅行保険の枠内で支払われる。ホテルへの隔離を拒否、又は隔離を違反する外国人感染者は、イスラエルへの入国が5年間拒否される。濃厚接触者として隔離されることを拒否する外国人は、イスラエルへの入国が3年間拒否されることとなる。

最新記事

すべて表示

イスラエル国内のクリスマスイベント

ヨーロッパのクリスマス・マーケットを観光する可能性を無くした新しいコロナ変異株により、海外に行けなくて落ち込んでいる人達に、空港から出発しなくても国内で少しでも海外を味わえる記事をここに掲載する。 ◎ヤッフォー 毎年ヤッフォーではハヌカ祭とクリスマスを同時にお祝いし、この町の多彩さを表している。今年もイベントの一部として、時計塔の周りには照明が当てられたハヌキヤ、巨大なコマ、クリスタルで出来た雪玉

コロナ禍から始めて:観光客が戻ってくる

コロナ禍で観光客に対して国が閉ざされてから約2年となる。世界の他の国々とは違い、イスラエルは2020年3月半ばのコロナ禍開始からずっと、観光で海外からの外国人を受け入れることに同意しなかった。明日2021年11月1日からそれが変化する。これも先週木曜日に承認された、観光省と保健省の規制によるものである。 「今後数カ月間に、この1年半全く無かった海外からの観光客の多数のオーダーを受けた。我々には嬉し

過去への旅:イスラエルで歴史的に興味深い道 

◎香料の道:ヨーロッパへのラクダの道のり eBayやアマゾンよりずっと以前に、古代の西洋諸国であったギリシャやローマでは、東方からの製品に興味を持っていた。「香料の道」は、重要な貿易の道の一つであり、アラビア半島南部から地中海のガザの港まで、全長約2千㎞の長さを走っている。この道にこの名前が付いたのは、主にミルラとフランキンセンスのスパイスのお陰であり、ラクダの隊商の背中に乗せて運ばれていた。商品