西岸地区併合に対するEUの罰則

 イスラエルへの外務大臣訪問禁止、交換留学生の中止やイスラエルの研究支援中止。イスラエルが西岸地区の一部でも併合すると決定するならば、これらがEU代表が考えている罰則の一部である。EUのイスラエル使節団がエルサレムの外務省へ送った機密書類から明らかになった。EUの経済制裁はイスラエルの研究への支援が数十億ユーロ削減されることとなる想定だ。

 この内容はブリュッセルに駐在しているEUの大使達とイスラエル外交官の間に持たれた会話をベースとしている。イギリスなどの親イスラエルと考えられているヨーロッパの国々も、イスラエルの一方的な併合が巻き起こす影響に注意を喚起している。

 EU前イスラエル大使オデッド氏とドイツ前イスラエル大使シモン氏は、状況の悪化に関して警告している。両氏が共同で発表した論文には、「主権の適用宣言は、非難と罰則をもたらすであろう」と書かれている。

 両氏はまた、EUはイスラエルが併合決定を断念するほどの経済打撃を与えることはできないが、同時にホワイトハウスに近年民主党の大統領が選任される事実があり、そうするとEUの姿勢も考慮しなければならないと記している。

 両氏によると、EUの反対は必ず起きると予想されており、「イスラエル政府は象徴的なものとして提案されたとしても、併合決定に関しては延期することを推奨する」とも記している。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.