若い世代がワクチン接種を急がず

 国のワクチン接種作戦は大きな成功として開始し、待望のワクチンを受ける為に多くのイスラエル人が並んだが、現在接種の予約数は減少しており、保険会社から若い世代に接種を受けるよう説得の連絡が取られている。接種会場の人の密は無くなり、現在殆どガラガラの状況となっている。

 12月に開始したワクチン作戦は、接種の予約で電話窓口がパンクするくらいの状況であったが、今日現状は全く変わってしまっている。保険会社が対象者に連絡を入れているが、一部は二度と連絡しないようにお願いする人達もおり、他は全く無関心に対応している。

 「ワクチンはあるが人が来ない」とメウヘデット保険会社社長のシガル氏は語る。「実際に接種希望者はもう接種を受けている。今は迷っている若い世代だけだ。特にテルアビブに集中しており、接種しないのはアラブ人社会だけではない。若い世代は感染することに恐れておらず、我々は一人一人に連絡を入れて接種を受けるように説得しているが、二度と連絡しないようにお願いする人達もいる」。

 「この世代には相互の責任感というものが存在していない。年配の人達又は国に対しての責任感もない。国境が閉鎖されている現状では、隔離免除は無関係であり、接種意欲をそそる他のインセンティブを与える必要がある」とも語った。現在16歳以上の全員の対象者が接種を受けられるようになったが、それ以来20~29歳と30~39歳の世代では、たった3%のみの接種者数上昇が見られただけだ。

 「1月には、変異種が16歳から50歳までに最も感染率が高いことを学んだ」とレウミット保険会社社長のハイム氏は語った。「若い世代にも重症化を及ぼすのに、接種への要望が少ない。現在の接種者数は、予想していた数値よりはるかに少なくなっている。現在できることは、グリーン証明書に関して詳細を発表するべきだ。これによって何が可能となるかを知らせるべきである。娯楽や趣味の分野で多くの可能性があるという事を見せるべきでだ。これを早くやらないと効果はないだろう」。

 クラリット保険会社看護課責任者のカラニット氏は、「今週初めは接種者数が激減した。SNS上のフェイクニュースによって若い世代を接種するには問題が起きるのは分かっていた。この1週間対応を続け、現在若い世代でも少しだけ状況が改善されている。封鎖解除と教育再開への努力は少し回復を見せているが、まだまだ全体的には期待と程遠い」と語った。

 また「若い世代は接種を不安に思っている、何故なら両親が不安だからだ。不妊になるというフェイクニュースも若い女性の世代に拍車をかけている。また教育が再開されても学校関係者達が接種を受けていないならば、大規模な感染拡大となるであろう。接種を受けない教育関係者達は、自身とその家族を感染に晒す危険をもたらすことになる」とも語っている。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の