約2,550年前のシオンへの帰還時代の刻印がエルサレムで発見

紀元前6世紀のペルシャ時代と想定されている二重刻印と陶器製スタンプが、イスラエル考古学局とテルアビブ大学が共同で行っているエルサレム旧市街近くにあるダビデの町の発掘によって発見された。これらはエルサレムがバビロンによって攻め落とされ、その時に破壊された大きな建物の敷地内で発見された。

 テルアビブ大学古代東洋考古学と文化課のユーバル教授と考古学局のイフタフ学者は、ペルシャ時代の発見物はとても希少であり、当時の町に関して学ぶことができる発見物であると語った。刻印は小さい粘土の欠片であり、古代に書簡や輸出物を封印するために使用されていた。書簡や輸出物などは残っていないが、セラミックに似た物質でできている刻印は残り、当時の行政システムや住民達に関して重要な資料となる。

 刻印とスタンプがダビデの町で発見されたことにより、街が破壊された後の建物を住民は使用しながら行政システムを正常なものに戻そうと努力した、第一神殿が破壊された後の困難な状況が学べると両氏は説明した。

 二重刻印は4.5センチ長さの大きな粘土の破片に記されている。この刻印は書簡用ではなく、多分大きな入れ物を封印するために使用されていたと見られている。刻印には人が大きな椅子に座っており、彼の前には二本の柱が描かれている。研究者達はこの刻印は典型的なバビロンのスタンプから作られたものだと語った。人物像は多分王様で、二本の柱はネボ神とモルドック神の象徴と考えられている。

 テルアビブ大学のイド学者は、イスラエル国内ではエンゲディやエルサレムなどの数か所からこれと似たようなものが約10個くらいしか発見されておらず、ペルシャ時代に利用されていたものとされている。ペルシャ時代に関連した同じタイプの刻印が、ダビデの町の東側での発掘でエイラット学者によって発見された。

 スタンプは大きな陶器製で現地で製造されたものであり、外側には二つに分かれた円形のフレームに、幾つかの直線状の線が刻まれている。この刻まれた線は二人の人物像か、又は文字に似せて描かれた疑似絵文字とも考えられている。このスタンプの裏側には以前取っ手が付いていたことが判明している。

 このスタンプの長さは8センチで、大きなものを封印するために使用されていた。「ダビデの町の西側で発見されたこれらの新しい発見物は、旧約聖書の主にエズラ記とネヘミヤ記にしか記されていない、シオンへの帰還時代の町の建物に関して多くの情報を与えてくれる」と研究者達は語った。「この時代の発見物が稀なために、当時の地方行政や町の規模に関して知ることはとても困難である。今回の発見は、シオンへの帰還の100年近く前に起きた第一神殿の破壊前に存在していた地方行政と同じ場所に、帰還後の地方行政のシステムが再建されたことに光を当ててくれるものである」とも語った。

最新記事

すべて表示

ダヤン将軍が所持していた3世紀の像がトルコに返還

3世紀からのアナトリアの女神シベレの像が、競売にかけられる為の考古学局の許可を得る検査で、その像はトルコで発掘されたものであり、1970年代にダヤン将軍の手に渡ったことが判明したためトルコに返還された。 女神シベレの像は豊かさと子宝の象徴で、アメリカの競売にかけるためにイスラエルから持ち出す考古学局の許可をイスラエル市民が申請したことから2016年に発見された。考古学局の審査中に、この像はダヤン将

約1万年前にイスラエルを襲った巨大津波

イスラエルとアメリカの研究者達が行った最近の調査によると、今から約9,910年から9,920年の間に、イスラエルの海岸線を巨大津波が襲った痕跡が発見された。テル・ドール付近で行われた発掘をベースとした調査で、Plos One誌に掲載された。研究者達は、同時代の砂と貝殻のサンプルを調査し、津波の高さは16mから40m、海水は内陸1.5kmから3.5kmまで浸水したと想定している。 この調査に参加した

カルメル山の洞窟で35万年前の発見

ホモ・サピエンスが出現する以前の約35万年前に様々な材料を研磨するために利用された古代の道具が、カルメル西部のタブーン洞窟で発見された。Journal of Human Evolution誌に発表されたハイファ大学の研究者達による新しい研究で、他の物を研磨する為の石器使用では最も古代の証拠であると発表されている。 研究者であるロン学者、イーリス学者、ミナ教授とダニー教授は、カルメル山のタブーン洞窟

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.