約2,550年前のシオンへの帰還時代の刻印がエルサレムで発見

紀元前6世紀のペルシャ時代と想定されている二重刻印と陶器製スタンプが、イスラエル考古学局とテルアビブ大学が共同で行っているエルサレム旧市街近くにあるダビデの町の発掘によって発見された。これらはエルサレムがバビロンによって攻め落とされ、その時に破壊された大きな建物の敷地内で発見された。

 テルアビブ大学古代東洋考古学と文化課のユーバル教授と考古学局のイフタフ学者は、ペルシャ時代の発見物はとても希少であり、当時の町に関して学ぶことができる発見物であると語った。刻印は小さい粘土の欠片であり、古代に書簡や輸出物を封印するために使用されていた。書簡や輸出物などは残っていないが、セラミックに似た物質でできている刻印は残り、当時の行政システムや住民達に関して重要な資料となる。

 刻印とスタンプがダビデの町で発見されたことにより、街が破壊された後の建物を住民は使用しながら行政システムを正常なものに戻そうと努力した、第一神殿が破壊された後の困難な状況が学べると両氏は説明した。

 二重刻印は4.5センチ長さの大きな粘土の破片に記されている。この刻印は書簡用ではなく、多分大きな入れ物を封印するために使用されていたと見られている。刻印には人が大きな椅子に座っており、彼の前には二本の柱が描かれている。研究者達はこの刻印は典型的なバビロンのスタンプから作られたものだと語った。人物像は多分王様で、二本の柱はネボ神とモルドック神の象徴と考えられている。

 テルアビブ大学のイド学者は、イスラエル国内ではエンゲディやエルサレムなどの数か所からこれと似たようなものが約10個くらいしか発見されておらず、ペルシャ時代に利用されていたものとされている。ペルシャ時代に関連した同じタイプの刻印が、ダビデの町の東側での発掘でエイラット学者によって発見された。

 スタンプは大きな陶器製で現地で製造されたものであり、外側には二つに分かれた円形のフレームに、幾つかの直線状の線が刻まれている。この刻まれた線は二人の人物像か、又は文字に似せて描かれた疑似絵文字とも考えられている。このスタンプの裏側には以前取っ手が付いていたことが判明している。

 このスタンプの長さは8センチで、大きなものを封印するために使用されていた。「ダビデの町の西側で発見されたこれらの新しい発見物は、旧約聖書の主にエズラ記とネヘミヤ記にしか記されていない、シオンへの帰還時代の町の建物に関して多くの情報を与えてくれる」と研究者達は語った。「この時代の発見物が稀なために、当時の地方行政や町の規模に関して知ることはとても困難である。今回の発見は、シオンへの帰還の100年近く前に起きた第一神殿の破壊前に存在していた地方行政と同じ場所に、帰還後の地方行政のシステムが再建されたことに光を当ててくれるものである」とも語った。

最新記事

すべて表示

テル・ラキシの発見:アルファベットの欠如部分

低地のテル・ラキシで、古代アルファベットの歴史で「欠如部分」が発見されたか?このように考古学者達は考えており、Antiquity誌に研究を発表した。2018年に発見され、今回公表された陶器の破片に書いている文書は、紀元前1,450年頃のものとされており、研究者達はアルファベットの進化のギャップを埋めるものと信じている。 研究者達は、今までに謎に包まれていた、アルファベットが進化した同じ時期である、

ヘロディオンとヘロデ大王の墓の謎

ヘロディオン国立公園を訪問すると、イスラエルの歴史に於ける4つの時代を体験することが出来る。イスラエルで偉大な建築家の一人であったヘロデ大王の宮殿と墓を訪れると、紀元前1世紀の時代へ引き込んでくれ、最後にマサダが陥落した西暦1世紀のローマに対するユダヤ人の第一次反乱時にシナゴーグとなったサロンに座り、我々を西暦2世紀に連れて行ってくれる、ローマに対するバルコフバの反乱(第二次反乱)の戦士達が作った

イスラエルには、地域で最多の210か所以上の水道トンネルの泉

大量で力強い安定した深刻な水源不足と、年間雨量の季節的と年間的変動を含んだ半乾燥地の地中海性気候などの様々な環境条件により、歴史を通じてイスラエルの山岳地帯に人間が定住しに来ることは困難となっていた。これらの条件により、変動的で不安定な供給がされる地層泉などの、山で唯一辿り着ける水源付近に人が住み着くようになった。「イスラエルの山岳地帯で人間が利用できる唯一の水源は、とても少量の帯水層を排水する地

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.