約1千年前の金貨が入った壺が嘆きの壁付近で発見

 エルサレム旧市街ユダヤ人地区で考古学局が行っている発掘現場で、小さい陶器の壺の中に初期イスラム時代にあたる1千年前以上の純金貨が4枚発見された。この発掘は、エレベーターで嘆きの壁まで行けるバリアフリー・プロジェクトの一環として行われている。

 この小さい壺は、祭日中に現場で行われた試験工事中に、考古学局監視員のヤブゲニア氏によって発見された。その約1か月後、考古学者で発掘現場責任者であるダビデ氏が、再度この発見物を調べる為に内部を洗浄していた。「驚いたことに、砂と一緒に輝く金貨が4枚流れ出てきた。これは考古学者として金貨を発見した初めての経験で、興奮して冷めなかった。多分この壺は古代の貯金箱として使用されていたようだ」とダビデ学者は語った。

 考古学局硬貨専門家のロバート学者は、「これらの金貨の保存状態は非常によく、壺から出てきたままで洗浄しなくても刻印が読めた。これらの金貨は短期間の、西暦10世紀40年代から70年代のものとみられる。この時期には大きな政治的変化があり、イスラエルの地の支配権がイラクのバクダッドに首都があったスンニ派のアッバース朝から、敵であった北アフリカからのシーア派ファーティマ朝が、エジプト、シリアとイスラエルの地を征服していった」と語った。

 これらの歴史的事件は、この壺の中で発見された金貨分配にも表されている。2枚のディナール金貨は、統治者マティア(946~974年)と、彼によって任命された地方行政長アブ・エルカッセム(946~961年)の支配下のラムレで鋳造されていた。残りの2枚は、ファーティマ朝統治者アル・マエズ(953~975年)と、その後継者エルアジーズ(975~996年)によってエジプトで鋳造されていた。

 ロバート学者はまた、「エルサレムの旧市街でファーティマ朝時代の金貨が発見されたのは50年ぶりである。4ディナールの金貨は、当時の日用必需品で生活していた殆どの人口にとって少なくない金額であった。この金額は、当時の下っ端役人の1か月の給料分、又は重労働者の4か月分の給料分であった。当時の平均の人達に対し、一部の役人と金持ちの商人達のみが多額な給料と財産を所有していた。当時の大蔵省局長クラスならば1か月で約7千ディナール金貨を儲けることができたし、郊外で土地を借地している者の税収入は年間数十万ディナール金貨にまで達していた」と語った。

 ユダヤ人地区開発局長のヘルツェル氏は、「時々発見される考古学遺跡には慣れているが、エルサレムの多くの移り変わりと特殊な過去を発見するのは毎回大きな感動である」とも語っている。

最新記事

すべて表示

最初のお金

いつから人間は、商品と引き換えにお金を使用し始めたのか?海から遠く離れた場所で発見された貝殻、鉱石場から遠く離れた場所に住む人達が持っていた宝石や貴金属などの考古学の遺物は、数万年から数十万年以上も前から活発な貿易がなされていたことの証拠である。我々人間以前に貿易が行われていたと考えられ、古代の人達も同じようなことをしていたと思われる。しかし歴史上では貿易は硬貨を使用せず、お金という価値観もない中

「マリアから生まれたキリスト」、エズレル平原で1,500年前の碑文が発見

エズレル平原のタイベ村で考古学局が最近実施した考古学発掘で、マリアの息子であるイエスへの碑文が発見された。この碑文は5世紀頃のビザンチン時代の教会の戸口に付いていたもので、石板にギリシャ語で彫られている。この石は、ビザンチン時代か初期イスラム時代の荘厳な建物の壁に再利用されており、その場所には幾何学模様のモザイクの床がある二部屋が発見された。この碑文は、アフーラの東側にある村の中の道路工事前に実施

50万年前にガデラ地域で使用されていた「カッティング・ツール」 

火打石で出来たカッティング・ツールが、ガデラの南東にあるレバディームの先史時代遺跡で発見され、動物の骨を正確に断裁するために先史時代の人間が利用していたことが明らかになった。このような研究結果がテルアビブ大学考古学研究所によって発表されている。 PLOS ONE誌に掲載された今回の発見は、研究者達がカッティング・ツールに残っていた使用痕を分析し、ツールに残っていた有機残留物を調べることによって行わ

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.