約1千年前の金貨が入った壺が嘆きの壁付近で発見

 エルサレム旧市街ユダヤ人地区で考古学局が行っている発掘現場で、小さい陶器の壺の中に初期イスラム時代にあたる1千年前以上の純金貨が4枚発見された。この発掘は、エレベーターで嘆きの壁まで行けるバリアフリー・プロジェクトの一環として行われている。

 この小さい壺は、祭日中に現場で行われた試験工事中に、考古学局監視員のヤブゲニア氏によって発見された。その約1か月後、考古学者で発掘現場責任者であるダビデ氏が、再度この発見物を調べる為に内部を洗浄していた。「驚いたことに、砂と一緒に輝く金貨が4枚流れ出てきた。これは考古学者として金貨を発見した初めての経験で、興奮して冷めなかった。多分この壺は古代の貯金箱として使用されていたようだ」とダビデ学者は語った。

 考古学局硬貨専門家のロバート学者は、「これらの金貨の保存状態は非常によく、壺から出てきたままで洗浄しなくても刻印が読めた。これらの金貨は短期間の、西暦10世紀40年代から70年代のものとみられる。この時期には大きな政治的変化があり、イスラエルの地の支配権がイラクのバクダッドに首都があったスンニ派のアッバース朝から、敵であった北アフリカからのシーア派ファーティマ朝が、エジプト、シリアとイスラエルの地を征服していった」と語った。

 これらの歴史的事件は、この壺の中で発見された金貨分配にも表されている。2枚のディナール金貨は、統治者マティア(946~974年)と、彼によって任命された地方行政長アブ・エルカッセム(946~961年)の支配下のラムレで鋳造されていた。残りの2枚は、ファーティマ朝統治者アル・マエズ(953~975年)と、その後継者エルアジーズ(975~996年)によってエジプトで鋳造されていた。

 ロバート学者はまた、「エルサレムの旧市街でファーティマ朝時代の金貨が発見されたのは50年ぶりである。4ディナールの金貨は、当時の日用必需品で生活していた殆どの人口にとって少なくない金額であった。この金額は、当時の下っ端役人の1か月の給料分、又は重労働者の4か月分の給料分であった。当時の平均の人達に対し、一部の役人と金持ちの商人達のみが多額な給料と財産を所有していた。当時の大蔵省局長クラスならば1か月で約7千ディナール金貨を儲けることができたし、郊外で土地を借地している者の税収入は年間数十万ディナール金貨にまで達していた」と語った。

 ユダヤ人地区開発局長のヘルツェル氏は、「時々発見される考古学遺跡には慣れているが、エルサレムの多くの移り変わりと特殊な過去を発見するのは毎回大きな感動である」とも語っている。

最新記事

すべて表示

テル・ラキシの発見:アルファベットの欠如部分

低地のテル・ラキシで、古代アルファベットの歴史で「欠如部分」が発見されたか?このように考古学者達は考えており、Antiquity誌に研究を発表した。2018年に発見され、今回公表された陶器の破片に書いている文書は、紀元前1,450年頃のものとされており、研究者達はアルファベットの進化のギャップを埋めるものと信じている。 研究者達は、今までに謎に包まれていた、アルファベットが進化した同じ時期である、

ヘロディオンとヘロデ大王の墓の謎

ヘロディオン国立公園を訪問すると、イスラエルの歴史に於ける4つの時代を体験することが出来る。イスラエルで偉大な建築家の一人であったヘロデ大王の宮殿と墓を訪れると、紀元前1世紀の時代へ引き込んでくれ、最後にマサダが陥落した西暦1世紀のローマに対するユダヤ人の第一次反乱時にシナゴーグとなったサロンに座り、我々を西暦2世紀に連れて行ってくれる、ローマに対するバルコフバの反乱(第二次反乱)の戦士達が作った

イスラエルには、地域で最多の210か所以上の水道トンネルの泉

大量で力強い安定した深刻な水源不足と、年間雨量の季節的と年間的変動を含んだ半乾燥地の地中海性気候などの様々な環境条件により、歴史を通じてイスラエルの山岳地帯に人間が定住しに来ることは困難となっていた。これらの条件により、変動的で不安定な供給がされる地層泉などの、山で唯一辿り着ける水源付近に人が住み着くようになった。「イスラエルの山岳地帯で人間が利用できる唯一の水源は、とても少量の帯水層を排水する地

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.