第一次世界大戦の手りゅう弾が公園で発見

 第一次世界大戦でイギリス軍が使用した手りゅう弾が、エルサレムのサッカー公園での改築プロジェクトに於ける考古学発掘によって発見された。エルサレムは実際には1917年12月9日に無血開城され、その二日後にアーレンビー将軍が旧市街に入場し、オスマントルコ軍は退避していた。

 エルサレム市役所の重要なプロジェクトの一つで、サッカー公園を改築する目的でモリヤ会社が十石市手織り、数千万シケルを投資してエルサレムの緑化を進めている。この一年間で遊具施設、新しいスポーツ敷地、約120本の照明、水飲み場、ベンチ、ピクニック用の机、ゴミ箱、約800本の新しい植樹を含んだガーデニングと灌漑の改善、30ヘクタールの敷地を持つ巨大なドッグコート建設などが建設されている。

 この手りゅう弾は、古代の貯水槽の中で考古学局考古学発掘責任者のオスカー氏によって発見された。手りゅう弾が発見された直後に工事を中止し、エルサレム警察署の爆弾処理班が駆け付け、100年以上も経過した手りゅう弾を爆発処理した。爆発処理直後に工事が再開している。

 考古学局近代史武器専門家のアサフ氏は、「ミルス23タイプの手りゅう弾で、イギリス軍が第一次世界大戦で使用していた。多分この手りゅう弾は以前発見され、埋めるためか危険を回避する為に、この貯水槽の中に投げ込まれたと思われる」と語っている。

 この場所は考古学者が良く熟知している場所で、考古学局は国会議事堂付近の地域を把握しており、過去にも発掘で農業施設、古代墓地やその他の遺跡が発見されており、殆どが第二神殿時代のものであった。

最新記事

すべて表示

イスラエルが空中レイザー迎撃実験に成功

レイザーを使用した迎撃プロジェクトにおいて、防衛システムの重要な進歩があった。国防省兵器開発部(マパット)とエルビット社は、今日(月曜日)パルマヒーム実験センター正面の地中海上空で最近実施された実験の終了を発表し、その過程でイスラエル空軍と開発しているシステムが、10機の無人機を迎撃することに成功した。 空中レイザー発射砲は、数十機の迎撃を次々と実施することが出来、今回の実験のためにこのシステムが

神殿の丘で暴動:警察へ投石、16人が逮捕

金曜日に数十人のアラブ人若者が、神殿の丘の入口を警備している警官隊に対して投石をし、暴動の容疑で16人が逮捕された。警察によると、一部の暴徒達はユダヤ人達に危害を加えることを呼びかけ、「カイバー、カイバー(注:カイバーの戦い)、ユダヤ人、ムハンマッドの軍は再来する」と叫んでいた。 警察によると、暴動は金曜日の昼の祈祷終了後に神殿の丘内で始まり、神殿の丘のチェーン門に向かって数百人が行進を開始した。

イスラエルがガザの漁獲領域を再開、検問所は部分的再開

ガザの漁獲領域が今日(火曜日)、軍事作戦終了後初めて再開された。ケレム・シャローム検問所も再開され、燃料、医療物資や食料などを含んだ人道的物資が入れられる。現在のところ、ガザからの商品輸出は可能となっていない。これらは政治上層部とベニー国防大臣によって承認され、ガザの復興に関しても話し合うブリンケン米国務長官の来訪が視野に入れられているようだ。 また今日から救命患者の搬送、国際組織従事者と海外記者