第一次世界大戦の手りゅう弾が公園で発見

 第一次世界大戦でイギリス軍が使用した手りゅう弾が、エルサレムのサッカー公園での改築プロジェクトに於ける考古学発掘によって発見された。エルサレムは実際には1917年12月9日に無血開城され、その二日後にアーレンビー将軍が旧市街に入場し、オスマントルコ軍は退避していた。

 エルサレム市役所の重要なプロジェクトの一つで、サッカー公園を改築する目的でモリヤ会社が十石市手織り、数千万シケルを投資してエルサレムの緑化を進めている。この一年間で遊具施設、新しいスポーツ敷地、約120本の照明、水飲み場、ベンチ、ピクニック用の机、ゴミ箱、約800本の新しい植樹を含んだガーデニングと灌漑の改善、30ヘクタールの敷地を持つ巨大なドッグコート建設などが建設されている。

 この手りゅう弾は、古代の貯水槽の中で考古学局考古学発掘責任者のオスカー氏によって発見された。手りゅう弾が発見された直後に工事を中止し、エルサレム警察署の爆弾処理班が駆け付け、100年以上も経過した手りゅう弾を爆発処理した。爆発処理直後に工事が再開している。

 考古学局近代史武器専門家のアサフ氏は、「ミルス23タイプの手りゅう弾で、イギリス軍が第一次世界大戦で使用していた。多分この手りゅう弾は以前発見され、埋めるためか危険を回避する為に、この貯水槽の中に投げ込まれたと思われる」と語っている。

 この場所は考古学者が良く熟知している場所で、考古学局は国会議事堂付近の地域を把握しており、過去にも発掘で農業施設、古代墓地やその他の遺跡が発見されており、殆どが第二神殿時代のものであった。

最新記事

すべて表示

シリアへの原油密輸が、最大の環境汚染の原因

まだ状況証拠のみであるがギラ環境大臣は、経済制裁が敷かれているにも関わらず、イランからシリアに原油を供給したエメラルド・タンカーに、イスラエルで起きた史上最大の環境汚染の責任があると明らかにした。国防省はこの調査に関与しておらず、イランの環境テロとして環境大臣が主張している内容も知らなかった。 環境省海洋ユニット責任者のラニー氏は、このタンカーの運航目的は、イランからシリアに違法で原油を密輸するこ

月を近くで見たいか?日本人億万長者が無料宇宙飛行を提供

日本人億万長者の前澤氏が、SpaceX社の宇宙船で世界で初めての月周遊個人宇宙飛行で一緒に飛ぶ、8人の人達を探していると発表した。この宇宙飛行は2023年に予定されている。作戦名はDearMoonであり、10~12人の乗客となる。宇宙飛行は約1週間が予定されている。 2018年9月に、SpaceX社オーナーのイロン氏が宇宙飛行に関して発表し、前澤氏は芸術家を月旅行に参加させる意思を表した。しかし現

オーストリアとデンマーク首相がイスラエルを訪問し、ワクチンと製薬工場建設の話合

サバスティアン、オーストリア首相は今日ツイッター上で、デンマーク首相と共に3月4日にイスラエルを訪問し、他の独立国家の購入を可能とさせる為に、ワクチンと製薬工場を建設することを話し合うと伝えた。 「ワクチンのお陰で夏に通常生活に戻れるかも知ないが、その他のワクチンや薬を必要とする変異種が継続されるかも知れない。その準備をしなければならない。最速でワクチンや薬を提供できるようにし、可能な限り独立した

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.