空港で長蛇の列:帰国者はPCR検査なしで解放される

 金曜日のベングリオン空港での特殊な混雑により、接種者と回復者を含むイスラエル入国者全員へ要求されるPCR検査を受けずに帰宅した者が数人いることが判明した。保健省ではPCR検査なしで入国した人数に関して回答をしていない。

 保健省によると、同時に着陸したフライトにより、長蛇の列と非常な密の状態が発生したとのこと。安息日入りの時間が間近に迫っていた事も、入国者達の感情を逆立てる要因の一つとなったとのこと。

 保健省によると、保健省上層部と空港管理上層部との間の話し合いにより、PCR検査なしで一部の入国者を解放することが決定したとのこと。「高リスクレベルと定義されていない国々からのみ帰国し、イスラエルで接種を受けた者のみへPCR検査免除の特殊決定gなされた」と強調している。

 検査場を増加するために、空港へ他の医療チームも呼び出されたとも伝えている。「来週初めには検査場と検査チームも増加する」と伝えている。空港で設置された検査会場はフェ三・プレミアム社によって運営されており、それまでのオメガ社と交替した。

 彼氏と空港へ到着したネタ氏は、PCR検査の事前予約をする必要性は全く無かったと語り、1千人以上の入国者と一緒に列に並び、いつ自分の順番が来るかもわからなかったと説明している。「空の空港で、PCR検査のみに1時間以上も待つなんて考えられない。我々は接種済みであり、帰国の24時間以内に検査も受けている。検査場への小さい空間に数百人の人達が並んだ列や蜜は、海外へ出る飛行機より危険だ」と語っている。

 現在の指示によると、入国者は全員フライト前のPCR検査と、着陸時のPCR検査が義務付けられている。

最新記事

すべて表示

設立120周年をお祝いするエルサレムのホテル

イスラエルの観光に関して少し理解している人は、アメリカン・コロニー・ホテルに付いて聞いたことがあるだろう。東西エルサレムの境目にある国際的な香りを持ったホテルで、シェイフ・ジャラフ居住地にある。隠れた庭でもたれた、政治家や諜報部の秘密の会合なども有名な話だ。しかしここ1年半何処でも起きているように、コロナ禍以来この歴史的なホテルは、その歴史に新しい1枚を刻み、半分は悲しく、半分は甘い話である。 こ

同行者も送迎も無し:空港でのコロナ規制が厳格化

今晩零時(7月26日)から、ベングリオン空港での同行者、及び送迎者の入場が禁止となる。ターミナル1と3への入場は、4時間以内のフライトに登場するフライトチケットを提示した者しか許可されず、またはフライトの為に何らかのことを行う為に必要な者だけである。また未成年の同行者、または身体障がい者の同行者、及び商用目的の入場は許可される。 今日は1日で約3万4千人の利用客が空港を通過し、そのうちの1万6千5

明日から16歳以上のイスラエル人は、全員海外出国申請書を提出する必要

保健省は、明日6月29日から16歳以上のイスラエル市民は全員、イスラエルから出発する24時間以内に申請書を記入する必要があることを発表した。この申請書には、個人の詳細と、最高リスクレベルと定義された国々を訪問しないという宣誓書になっている。申請書入力にはここをクリック: 最高リスクレベルの国々のリストは、現在ではアルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、インド、メキシコとロシアになっている。これらの国々