祭日になるには十分でなかったユダヤ民族の災難

 「殺されそうになったけど、成功しなかったから、さあ食事しよう」。イスラエルの全祭日を描写するのに最も有名な引用だ。仮庵の祭りからプリム祭まで、過越し祭からハヌカ祭まで、トラウマから生まれていないユダヤ人の祭りは無く、ユダヤ人だけが知っている楽しい伝統のようだ。しかし他のトラウマはどうなのだろうか?ユダヤ民族は長期間にわたって苦しみ、祭日はとても少ない。プリム祭から過越し祭の期間、つまりハマンからファラオの間に、自身の祭日を得ることが出来ない十分に良くなかった、その他の民族絶滅の幾つかの試みをここで挙げてみよう。

◎キシナウ・ポグロム

 20世紀初頭の東ヨーロッパは、ユダヤ人にとっては生きるのに素晴らしい場所ではなかった。「セルビアにて」新聞、ロシア帝国のセルビアで出版されたのだが、当局によって資金提供された血の中傷を促進して普及し、これはプロセスの識別としてのみ描写することができる。キリスト教徒の子供達の血で出来た種無しパンの中傷を知っているか?そこから始まったのだ。過越し祭の第一日目にポグロムは開始し、数百人の死者と負傷者を出して3日後に終わった。グッド・エンドではないために、ポグロムの名前を掲げた祭日はないが、ビアリクの二つのポエム(”殺戮について”と”殺しの町で”)と、シオニズム運動につながった連鎖反応はある。ある意味市民が国に税金を納めることは、キシナウ・ポグロムを記念しているようなものだ。

◎フェズ蜂起

 「暴動は我々モロッコ人のものだ!」、了解、了解、暴動を経験しなかったユダヤ人会衆は本当に無い。フェズ蜂起(略奪)は、フランス人士官に対するモロッコ軍兵士の反乱後に発生し、フランス大使館を攻撃することに失敗した為に、偶然現場にいた数万人のユダヤ人達に八つ当たりをし、邪魔されることなく暴力行為や略奪行為を含む数日間が継続した。これも小さな祭日さえも得るのに十分ではなく、差別とはこのことだ。

◎ファルフド

 初穂の祭りは無垢な農業祭であり、比較的にトラウマが無い祭りだと思われている。ただし1941年のイラクでは、バグダッドの住民達は初穂の祭りを暴力、殺人と略奪で祝い、数万人のユダヤ人達から全てを奪った。ナチスのプロパガンダが浸透してほぼ10年後、付近に駐屯していたイギリス軍の介入も無かった。別に目新しいことではないだろう?その10年後のエズラ・ネヘミヤ作戦でイラク系ユダヤ人達がイスラエルへ帰還した。祭日に関しては?イスラエル国会では、200人近く殺害されたこの事件をやっと去年初めて記念し、まだまだ祭日になるまで時間はかかりそうということだ。

◎モーザの追放

 酷い家主なんて誰でも経験しているだろう。1676年にイエメンではイマーム・アルマーディが権力を握り、誰を心底嫌っていたか想像ができるか?その通り、我々ユダヤ人だ。シナゴーグ閉鎖と祈祷の禁止後に、イエメン系ユダヤ人をイスラム教に改宗するか死を選ぶかを強制する命令を発する直前に、アルマーディはイエメン系ユダヤ人を憐れに思い、もっと平和的な解決案を選んでムーザ市付近のターマ地域に追放し、そこで彼等は熱、病気、野獣、熱や高温と戦うことを余儀なくされた。約1年続いた追放で約3分の1のユダヤ人しか生き残ることが出来ず、ユダヤ人によって担当されていた職種不足が原因で終了となった。イエメン系ユダヤ人に関するジョークに、銀行とケチが入れられたのはこのせいだ。祭日にはならなかったが、追放について興味がある人は、追放を生き残ったシャローム・シャバジーの文書を読むことが出来る。

◎ヘプヘプ暴動

 まずキャッチコピーが凄い。覚えやすく音楽のようで、こんなリズム感のある名前がバイエルン地方から来たとは驚きだ。もう一方で反ユダヤ主義の歴史を考慮すると、そんなに驚くことでもないのかもしれない。ブランドの重要性の一例であり、19世紀のヨーロッパでは比較的小さい事件であり、ユダヤ人に「平等な」市民権を与えることで始まり、ユダヤ人を、嗚呼そう、平等の人間としてみていない隣人のキリスト教徒達から抗議を引き起こした。暴力事件(人命への攻撃に関しては意見が分かれる)と、”ヘプヘプ”と軽率な叫びを伴った財産の略奪後にドイツ軍が介入した。もちろん憐みからではない、ロスチャイルドとその他のユダヤ人富豪達のお金を守ろうとしただけだ。

◎ヨークのユダヤ人虐殺

 悲劇に時間を足すとコメディーになる。悲劇に時間とイギリス都市を足すとイギリス・コメディーとなる、でしょ?1190年にキリスト教に改宗するより、聖なる神の名を守るために死を選んだヨークの150人のユダヤ人達を問えば答えは違う。原因は、暴徒が当局に反対していた全ての罪をユダヤ人達に押し付けた為であり、ユダヤ人会衆から得た金を通じて支配していたとされ(イエスが嫌った両替所の話は覚えているか?)、教会は勿論火に油を注ぐことを喜び、ヨークにあるクリフォード要塞に立て籠った後に、包囲されたユダヤ人達は、唯一の選択肢は「マサダの手順」を実行することだと理解した。これも祭日で記念していないが、この事件後にユダヤ人達は郊外で寝ることが命令され、ユダヤ人系のビジネスマンや家族は、今日でも町の郊外で宿泊する伝統が始まった。

最新記事

すべて表示

ユダヤ教賢者達は優秀な歴史家では無かった:神殿崩壊後の日常生活の研究

「イスラエルの殆どのユダヤ人居住地は破壊されず、そこから追放もされなかった。エルサレムと神殿、及び北部の一部ユダヤ人居住区の崩壊は、2千年間の離散を生んでいない。ローマ人は計画的に追放したのではなく、全くその正反対で、効果的な検討から属州の安定を優先していた」。ローマ人と征服された民族との複雑な関係について既に31年間も研究している、歴史家のドロン学者の言葉であり、彼の新しい結論によると、神殿崩壊

律法、習慣とコロナ:安息日明けから始まる神殿崩壊日

この日には、全員が5つの断食を行う義務がある:飲食、入浴、油塗、性交、及び革製の靴を履くことである。これらの断食以外に、追悼習慣も厳格化されている:昼まで椅子に座ってはいけないこと、「シャローム」と祝福してはいけないこと、追悼から気をそらすような無意味なことをしないこと、急用ではない仕事などは、全て昼までやってはいけない。 この日は聖書の勉強も無く、ミカ書、又は破壊の注解書、又はヨブ記のような人類

苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けられるのか?

質問: 歯の痛みに苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けることが出来ますか? 回答: 歯の部分への損傷は、様々な歯の痛みを起こす恐れがあり、痛みは歯周病、歯槽膿漏、虫歯、歯茎の後退などによって起こる恐れがある。神経から来る痛みは殆どが耐えられない痛みであり、緊急の治療を必要とする。炎症は顔の方へと広がる時もあり、頬の部分の腫れや赤身、又は発熱を起こす場合もある。このような損傷は、抗生物質を投与