異常気象でアーモンドが12月に開花

 木樹の新年はまだ1か月先だというのに、既に開花が始まった。アーモンドの花は通常1月末から2月にかけて開花し、春が近づいていることを告げてくれる。ただし今年は既に12月から開花してしまった。自然公園局監視員のマフムード氏は、下部ガリラヤのタボール川付近を散策し、アーモンドの花が開花していることに気づいて直ぐに記録を取った。「まだ年末でもないのに全て開花した。これは気候がひっくり返った証拠だ。通常この地域では2月半ばから開花するのだが、2020年度は特に異常であったのが影響しているのかもしれない。アーモンドが12月に開花するなんて今まで見たことが無い」と語った。

 自然公園局の生態系植物専門家のマーガレット氏は、「通常アーモンドの開花は1月半ばから3月半ばである。今年のアーモンドの早期開花は、温度に関連している。世界の温暖化によって起きる温度変化と過激な現象が開花季節を混乱させているのだろう」と説明した。

 早期開花は自然に対して破壊的な影響をもたらす恐れがある。「冬の寒い季節での開花は最悪だ。種の製造に直接被害をもたらす」とテルアビブ大学、植物科学・商品安全学部の生態学者であるマルセロ教授は語った。「しかしアーモンドの開花が長く継続すれば、早期開花の問題を調整することが可能となり、また新芽を出すかも知れない。アーモンドの生産性への打撃が問題となる。異常気象は過激な変化の上昇を起こし、寒すぎたり暑すぎたり集中豪雨などだ。このような現象が増加してきている」とも述べた。

 マルセロ教授は異常気象に関する生態系の授業を講義している。「開花のタイミングに問題が発生し、虫の行動にも問題が発生するのを目の当たりにするだろう。実や種を付ける為に花粉に依存しており、同期にされなければ大きな打撃となる」と忠告している。

 去年の12月は温暖化だけではなかった。気象士のリオール氏によると、「12月はイスラエル全国で2度ほど気温が高かった」とのこと。去年はイスラエル中央部とネゲブ砂漠北部は雨不足にも悩まされた。「去年の10月と11月も平均より2~3度気温が高かった」とも語った。

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.