独立記念日のバーベキューに合うビール

 今炭火から降ろしたジューシーなケバブに冷めたビールほど良いものはない。独立記念日を庭やベランダで家族や友人達と祝ったり、付近の道路の安全地帯でバーベキューを始めたとしても、バーベキューにはいつもビールが合い、冷たければ冷たいほど美味い。バーベキュー祭りの為に販売されている、数多い新しいビールに我を失わないように、イスラエル独立73周年への乾杯に相応しい、新しいビールを選んでここに紹介する。

◎イスラエル製ビール:

・カビール、ハギボール醸造所

 カルミエルのハギボール醸造所と、ギボレイ・アルビール会社との興味深いコラボレーションが、イスラエルの戦争で戦った英雄達へのオマージュであるビールを生み、イスラエル独立前後の国内の幸せなビールの日々の開始でもあった。

 このビールはチェコのピルスナースタイルで、イギリス委任統治時代にイスラエルで普及していたスタイルであり、その後も我々と共に残った。ハギボール醸造所のデザインキャラクターに沿って、イスラエル独立戦争の装甲車と護送車両を記念する、装甲車のシールがカビール・ビールのラベルには描かれている。

 このビールは、1942年にイスラエルで設立された二つ目の醸造所の名前が付いており、イスラエル独立戦争では防衛地点としても利用された。軽く楽しめるクラシックなスタイルで、4.8%のアルコール度のビールである。値段は13~15シケルで酒屋で購入可能。

・マルカビール

 毎年独立記念日が近づくと、マルカビールは新しいラベルを作成し、国の誕生日付近だけに販売される。過去2年間でラベルには、過去のリーダー達の写真が使用された。ベングリオン、ゴールダー・メイール、ヘルツェルなど。今年はコロナ禍によりビール製造元は、人生の美しく素晴らしいことへの前と外へ見つめることを決定した。自然、景色、動物、花などで、自由で美しいイスラエルの鳥のラベルも醸造所では紹介することを選択した。

 各ラベルにイスラエルの鳥の異なる絵が描かれており、鳥の説明や特殊な鳥のフットプリントも追記されている。値段は15~17シケルで、酒屋で購入可能。

・ハニービール

 グルテンフリーのハチミツビールは、ネグホット養蜂場の発明である。このアイデアは、家の古い倉庫で発見された古代のハニー酒の樽から始まり、重いヨーロッパ風古代酒を、ビールをひねってイスラエルの味覚に合わせた。

 このイスラエル産ビールが店頭で販売されるのは今年が初めてで、最新の製品であり、特に爽やかででスイートなニュースとなった。ビールのアルコール源は、穀物ではなくハチミツの糖分である為に、グルテンに敏感な人にも適している。アルコール度は8%。値段はセット販売で68シケルから、酒屋で購入可能。

・アンバルゴ、Nitro

 ヘルツェル醸造所の象徴的なポータルが、限定版としてデリケートな泡で戻ってきた、Nitroだ。ラフビールは毎年冬に日の目を見ていたが、今回は独立記念日の特別で革新的なバージョンだ。ビールのデリケートな発酵は、焙煎モルトの風味、ダークチョコ、バニラやエスプレッソを思い起こすNitro(窒素)の添加によるものだ。値段は18シケルで、テルアビブ・サロナ、ヘルツリア・アレーナ、ペタフティクバのラガー&エイル支店、テルアビブ・ポートのスポーツTLVで購入可能。

・新しいラベルと70年のレシピ

 ゴールドスターはイスラエルで最も売れているビールで、70年のレシピを持ち、深い味をもたらす伝統的なプロセスで製造されている。独立記念日に向けてボトル、缶とセットの外観を更新し、2021年に新しく洗練したデザインを発表した。

 新しいデザインでゴールドスターは、中心にアイコンの星を再度配置し、このブランドの初期の頃の過去のデザインと相似させている。近代的で最新のデザインによってブランドがオリジナルへ戻り、見落とさないようになっている。値段は(6本入り)35シケルで、酒屋で購入可能。

・コミュニティへの寄付

 コレクター・ベンチャーは、メーカーとブランド名の維持を厳守しながら、一般客に自社の製品を販売する機会を、小規模なブティック企業へ提供するオンライン・コラボレーション・コミュニティである。コレクター・プロジェクトは、イスラエル全国の醸造所、製油所、ワイナリーなど、ブティック製造元60社をサポートする中小企業だ。

 コレクターの現地ビール醸造所のセットには、クラフトビール5本、つまみ、M&Hの50mlボトルウイスキーと、ティロシュ社のオリーブが入っている。セットには様々な醸造所のブティックビールが入っており、その中にはビレツィヌート、バルゼル・ビール、ハドゥビム・ビール、モスコ・ビール、ハギボール醸造所、シャピラ・ビール、ハニー・ビール、Jem’s Beer Factoryとメルツェル・ビールがある。



最新記事

すべて表示

ナザレでお勧めの店

市場のお店の一部には明確な住所がないが、現地の人に聞いてみるか、お店に直接電話して道順を聞いてみるほうが、市場で迷子になるよりかは良い。いつでもアラブ人の料理はお祭りのような食べ物だが、ラマダンの断食の終わりを示すイフターの食事では、もっとお祭り騒ぎとなる。 ◎儀式のような食事 ナザレのラマダ・オリビヤ・ホテルのメインシェフであるラミ氏は、既にメインシェフとして4年勤めているホテルのレストラン「サ

ホムス、串焼き、焼きピタパン

メキシコとバンコクの現地市場を歩いていた時に、海、陸、空からの串焼きの山盛りになっているバーベキューの列が並んだ煙の匂いを追いかけ、一部はソースに浸され、一部はソース無しで、味はアジア又は東洋であった。 炭火が小さくなった時に、グリルマンは火が消えないように団扇で煽る。バーベキューの上から火を煽る光景は最もイスラエルらしく、また同時に国際的であると考えた。料理の準備を終えて机を整え、ビールかワイン