来週日曜日から2週間の完全封鎖

 イスラエルでは三度目の完全封鎖。ネタニヤフ首相とベニー国防大臣は、昨日水曜日の閣議において、感染拡大防止の為に完全封鎖を日曜日午後17時から開始することを決定した。完全封鎖は2週間とし、ただし目標である1日の新規陽性者数が1千人以下と感染係数が1以下に達成しなければ2週間追加の封鎖となる。昨夜の零時を過ぎたころにやっと政府が承認した。

 三度目の封鎖は二度目の封鎖と内容が相似している。外出制限は自宅から1kmまで(買い物や特殊なケースを除く)、他人の家の滞在禁止(核家族を除く)、商業、娯楽、文化施設の封鎖とデリバリーは許可(テイクアウトは禁止)、接客業以外の職種は出社率50%の削減、屋外20人と室内10人までの人数制限、死海とエイラットのグリーンランド停止、個人スポーツのみ距離制限なし(車の使用禁止、自宅から自宅までのスポーツ)、今までの封鎖と同様スーパーと薬局は開いている。

 今までの封鎖とは違い、教育は一部のみが継続される。幼稚園、諸学校1年生から4年生まで、高校2年生と3年生は朝8時から午後13時までの授業。両親は子供を朝7時から午後14時までの間に車で送迎できる。特別学校は全年齢で授業継続する。また離婚している両親間での子供の送迎も許可。

 教育施設の一部の規制は、大臣間で同意された妥協案から生まれた。保健省では特別学校以外の全教育施設の封鎖を要求したが、ヨアブ教育大臣がこれに反対し、時間の制限のみを提案した。それにより幼稚園や小学校低学年の学童施設は封鎖される。

 コロナ閣議ではクリスマスに向けて特別な解除も許可した。今日(24日)の午後17時から明日(25日)の20時まで、屋外で100人までの祈祷の許可が出ている。室内では0人までとなっており、それ以上のグループは許可されない。また1月6日と7日(オーソドックスのクリスマス)、1月18日と19日(アルメニア)も同様となる。

 

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.