月を近くで見たいか?日本人億万長者が無料宇宙飛行を提供

 日本人億万長者の前澤氏が、SpaceX社の宇宙船で世界で初めての月周遊個人宇宙飛行で一緒に飛ぶ、8人の人達を探していると発表した。この宇宙飛行は2023年に予定されている。作戦名はDearMoonであり、10~12人の乗客となる。宇宙飛行は約1週間が予定されている。

 2018年9月に、SpaceX社オーナーのイロン氏が宇宙飛行に関して発表し、前澤氏は芸術家を月旅行に参加させる意思を表した。しかし現在その探索先を拡大させている。「このプロジェクトは、宇宙旅行に参加させる可能性を世界中の人達に与える」と語っている。「もし自身を芸術家とみるならば、芸術家である」。

 最初の選択プロセスは3月14日まで継続し、立候補者達は医療検査を行い、日本人億万長者とのインタビューもある。前澤氏は2019年にインターネット事業を売り払い、SpaceX社の宇宙飛行の旅行代を全て支払うと発表した。「支障が起きると思ったが、全て順調に進んでいる」とも語っている。

 現在SpaceX社の最近の2度の実験は失敗に終わっている。着陸時に爆発した。「イロン氏は問題は無いと言っており、彼を信じている」と前澤氏は語った。SpaceX社はファルコン9ミサイルに乗せて発射したドラゴン宇宙船を使用し、国際宇宙ステーションへ人間を無事に送ることに成功した。

 「精神面で用意をしているだけだ」と日本人億万長者は語り、アポロ8号のチームによって撮影された1968年の地球の有名な写真がプリントされているTシャツの上にディオールのシャツを着用していた。彼によると地球全体と月の反対側を見ることは、近々彼が選ぶパートナー達との将来の飛行のピークになると語っている。

最新記事

すべて表示

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

二日連続:ガザ周辺でロケット着弾、イスラエル軍がガザを攻撃

昨夜(金曜日)ガザから発射されたロケットは、ネゲブ西部のエシュコール自治体の野原に着弾した。ミサイル発射により、ホリットとシャデイ・アブラハムで21時43分に警報が作動した。イスラエル軍によると、国内へ向けたロケット発射が1発確認されたとのこと。エシュコール自治体によると、ロケットは居住地外の野原で爆発したと思われ、軍が調査をしていると伝えている。負傷者や被害は出ていない。 その報復として、イスラ

シュデロット市の野原でロケットが着弾、イスラエル軍はガザに報復攻撃

独立記念日が明けた直後にガザから発射されたロケットがシュデロット市付近の野原に着弾した。昨夜は21時1分に、シャアル・ハネゲブ地方自治体のシュデロット市とキブツ・ニール・アム付近で警報が鳴った。シュデロット市役所からは、負傷者や被害の報告はないと伝えられている。この報復としてイスラエル軍はガザのハマス拠点を攻撃した。 イスラエル軍スポークスマンによると、ガザで攻撃された標的は、武器製造工場、武器密

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.