昨日も9千人以上の新規陽性者

 保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は9,172人で、四日連続で9千人以上となっており、過去に9千人以上となったのは第二波の真っ最中であった9月30日のみである。約12万件のPCR検査が実施され、陽性率は7.6%とまだまだ高い。入院患者数1,848人、重症者1,097人、呼吸器付263人となっている。保健省では、封鎖解除の基準の一つが重症者の減少となっているが、ここ数日間1千人以上が継続されている。

 死者は累計3,869人、1月初旬から今日までで既に525人が死亡しており、12月の数より多くなっている。現在感染者数は78,430人、エルサレム15,560人、ブネイ・ブラク4,812人、モディイン・エリート3,314人、ベイトシェメッシュ2,431人、ペタフティクバ2,214人、テルアビブ2,196人、ハイファ1,927人、アシュドッド1,775人、ベイタル・エリート1,764人、エルアド1,431人、ネタニヤ1,299人、ホロン1,147人、リッション・レツィヨン1,118人、ベエル・シェバ1,116人、ナザレ1,098人となっている。

 エルサレムの陽性率は16%、モディイン・エリート20%、ブネイ・ブラク19%、ベイトシェメッシュ17%、ペタフティクバ7%、テルアビブ4%、ハイファ7%、アシュドッド8%、ベイタル・エリート29%、エルアド22%、ネタニヤ7%、ホロン5%、ベエル・シェバ6%、ナザレ16%であった。

 ワクチン接種数は199万2,720人で、全体の陣国の22%以上が1回目のワクチンを接種した。16万9,171人(じんこうの1.9%)が2回目のワクチンを接種している。1回目のワクチン接種率が高い都市順は、キリヤット・モツキン29.3%、キリヤット・シュモナ28.86%、キリヤット・ビアリク28.34%、クファル・サバ27.91%、ラーナナ27.28%、ナハリヤ26.7%、ディモナ26.56%、ヘルツリア26.07%、ネシェル26.06%、キリヤット・ヤム25.43%、ハイファ25.4%、キリヤット・オノ25.31%、ホッド・ハシャロン24.98%となっている。

 テルアビブは20.66%、エルサレム11.41%、ブネイ・ブラク7.31%、ベイタル・エリート3.62%、モディイン・エリート3.32%となっている。

最新記事

すべて表示

12月以来初めて:重症者が700人を下回る

昨日の新規陽性者数は4,143人で、約8万件のPCR検査に対して陽性率は5.2%であった。保健省のデータによると重症者数は699人となり、12月以来初めて700人を下回った。呼吸器付224人、死者は5,815人となっている。また昨日の新規陽性者の半分は0~19歳、正確には50.1%であった。反対に60代以上は5.4%のみとなっている。 諜報機関のデーターによると、実効再生産数は少し下がって0.99

コロナ感染回復者のQ&A

世界中で250万人以上が死亡し、1億2千万人が感染、イスラエルでも累積感染者は百万人に近い。一部の感染者は重度の症状に苦しみ、変異株の一つに感染するリスクも高い。感染回復者はどうすればいいのか?気になるQ&Aを集めてみた。 ●コロナ感染回復者の定義 検査結果陽性から14日間隔離した後に最後の3日間は症状が出ない者、又は隔離後の10日目に実施された2回目の検査が陰性で、最後の3日間に症状が出ない者が

2月のコロナ:子供感染率急上昇、60歳以上は激減

昨日の閣議で保健省局長のシャロン医師は、9歳までの子供達の感染上昇が起きていると警告した。グラフによると、この年齢のコロナ感染数が急上昇しており、それに対して他の年齢層は減少しているか横ばいになっている。未だ15歳以下は接種決定されていないため、ワクチン接種の影響で感染状況に変化が起きたと想像される。 ●年齢別コロナ感染者: ・2021年1月末までの ・累積全体の ・2021年2月の ・2月全体の

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.