新規陽性者数が10月以降最多

 昨日は1,837人の新規陽性者数が確認され、10月以降最多となった。このような結果が保健省の発表したデータによって明らかになった。昨日は約6万6千件のPCR検査が実施され、2.8%の陽性率となっている。現在入院患者数は562人、重症者315人、呼吸器付107人、死者2,924人となっている。

 全国の現在感染者数は13,949人中、エルサレム2,192人、ナザレ516人、ハイファ448人、テルアビブ415人、リッション・レツィヨン203人、ベエルシェバ198人、アシュドッド178人、ネタニヤ169人となっている。

 保健省の信号式規制計画に沿った各居住区の状況も更新した。エルサレムは評価6でオレンジ、テルアビブは評価4.3でイエロー、ハイファも5.2でイエローとなっている。リッション・レツィヨンとアシュドッドも4.6でイエロー、ペタフティクバは5、ネタニヤは5.5でイエローとなっている。ブネイ・ブラクは昨日までグリーンであったが、評価4.3でイエローに変わった。

 昨日コロナ閣議は明日の水曜日から1月2日まで、外出距離制限も含まれる夜間外出禁止令の実施を決定した。今晩の閣議で開始・終了時間などの詳細が決定される予定である。専門家達は夜間外出禁止令には反対しており、保健省が提案している商業封鎖を含んだ規制強化を推薦している。また専門家の指摘によると、夜間外出禁止令によって感染係数は0.05のみしか減少しないと予想しており、夜中に起きる感染率は10%以下であるとの調査結果に沿っても最高0.1しか係数が減少しないとの予想になっている。

最新記事

すべて表示

イスラエルに於けるファイザー社製ワクチンの効果率最新結果

ファイザー社製ワクチンの高い効果性を見せた研究の中間結果発表から数週間後にクラリット保険会社は、2回目の接種から1週間後の慢性患者にも高い免疫レベルを示した追加結果を発表した。 ピアレビューされたこの研究は、クラリット被保険者約140万人のデータを調査し、対象グループとして接種者と未接種者のグループ間で比較された。この研究はハーバード大学研究者達と共同で実施され、New England Journ

インド、トルコ、ウクライナからの「最小限の外国人」

インド、エチオピア、ウクライナ、トルコ、メキシコ、ブラジルと南アフリカ。これらが保健省が厳しい渡航警告を発する予定である国々のリストであり、これらの国々の感染レベルが高く、これらの国々から到着する乗客によってイスラエル国内に新しい変異株が侵入する懸念がある。 また世界で最も感染が酷い国となった、インドからの外国人入国には個別に関連した文書があることも判明している。コロナ総責任者のナフマン教授が署名

イスラエルの研究:コロナは不妊治療に影響を与える恐れ

コロナに感染していて不妊治療が必要?3か月待つことが勧められている。シバ病院で実施された研究によると、不妊治療を受けるカップルの一人がコロナ感染した後に得られる胚の質は大幅に低下することが明らかになった。 今日体外受精(IVF)の成功率に与えるコロナウイルスの影響に関する医療的・研究的文献情報は存在していない。シバの研究は対外受精ユニット責任者のラウール医師を筆頭とし、女性と男性の生殖能力と不妊治

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.