新規陽性率が過去4週間で最低値

 一部の生徒達が学校や幼稚園に戻る前に、陽性率に少々の改善があった。昨日の新規陽性者数は6,062人、約7万8千件のPCR検査で陽性率は1月16日以来最低値の7.8%であった。現在入院患者数1,606人、重症者1,020人、呼吸器付317人、死者5,223人となっている。

 昨日は65,424人が1回目の接種、65,048人が2回目の接種を受け、イスラエル人口の24.13%が2回目の接種済みとなり、人口の約15%が1回目の接種済みで、2回目の接種を今か今かと待ち望んでいる。

 やっと明日から一部の地域で保育園と幼稚園及び小学校1~4年生までの教育が再開される。しかし数都市しか対象となっておらず、大都市でも一部の居住区内のみである。殆どの生徒達は指定でも来週までズーム授業を継続することとなる。調査によると、通常の授業に戻るのは全体の10%にしか過ぎない。

 コロナ閣議によって承認された保健省の指標によると、信号色がグリーンとイエローの都市で幼稚園、小学校1~4年生までが通常の授業に戻る。またオレンジでは6.5以上の評価値と、50歳以上の接種者数が70%以上であれば通常の授業に戻る。レッドを含む全居住区では、先生を含む10人までの野外授業は許可されている。

 閣議に於いてコロナ総責任者は、段階的な封鎖解除の規制を提示し、2段階目の解除は2月23日で、5~5年生の授業が再開され、接種済みの者には規制なしにストリートショップが再開される計画である。またその期日までにグリーン証明書に沿って、モール、ジム、文化・スポーツイベント、博物館、展示会、図書館、素泊まりのみのホテルを再開する提案をしている。指標は3百万人が2回目の接種済みで、50歳以上の90%が2回の接種済み、重症者900人以下で感染係数が1以下と定めている。

 3段階目の解除は3月9日で、ペーサッハ休暇の9日前になる。この枠内でグリーンとイエローと70%以上の接種率であるオレンジ居住区での中学校1年生から高校1年生までの授業再開が予定されている。喫茶店や小さいレストランもグリーン証明書無しで再開される。以下の場所の再開は、グリーン証明書によって与えられる。事前予約が必要なレストラン、フル稼働したホテル、式場、アトラクションや学会。

最新記事

すべて表示

コロナ感染回復者のQ&A

世界中で250万人以上が死亡し、1億2千万人が感染、イスラエルでも累積感染者は百万人に近い。一部の感染者は重度の症状に苦しみ、変異株の一つに感染するリスクも高い。感染回復者はどうすればいいのか?気になるQ&Aを集めてみた。 ●コロナ感染回復者の定義 検査結果陽性から14日間隔離した後に最後の3日間は症状が出ない者、又は隔離後の10日目に実施された2回目の検査が陰性で、最後の3日間に症状が出ない者が

2月のコロナ:子供感染率急上昇、60歳以上は激減

昨日の閣議で保健省局長のシャロン医師は、9歳までの子供達の感染上昇が起きていると警告した。グラフによると、この年齢のコロナ感染数が急上昇しており、それに対して他の年齢層は減少しているか横ばいになっている。未だ15歳以下は接種決定されていないため、ワクチン接種の影響で感染状況に変化が起きたと想像される。 ●年齢別コロナ感染者: ・2021年1月末までの ・累積全体の ・2021年2月の ・2月全体の

昨日は20人が死亡、入院患者数は減少継続

昨日の新規陽性者数は4,624人で、約9万件のPCR検査に対して陽性率は5.2%であった。入院患者数も減少を継続し現在1,198人で、その内重症者729人、呼吸器付234人、死者5,779人となっている。 昨日の接種者数は比較的に少なく、42,951人が1回目の接種、58,626人が2回目の接種を受けた。つまり昨日は10万回分以上の接種がなされたが、先週の月曜日は16万4千回分以上であった。イスラ

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.