律法伝授の日:何を何故お祝いするのか

 「八日目の聖会」とスーコット祭(仮庵の祭)の最終日が聖書に書いてあり、その日も祭日であることが記されている。「八日目の聖会」という聖書の表現は、祭日がもう一日追加されているという意味であるが、スーコット祭は「七日間」と記されているので、8日目はスーコット祭の一部と考えられておらず、全く違う祭日、聖会の祭と考えられている。

 聖書にはこの日に関する記述はなく、「聖会」とだけ記されており、「聖書を読み」安息しなければならないとだけ書いている。特殊な律法が存在しないため、ペーサッハ祭やスーコット祭とは違い、シャブオット祭(初穂の祭)に似てはいるが「聖会祭」なのである。

 出エジプト記に記されている祭日の犠牲リストでは、スーコット祭では毎日多くの牛を捧げていたが、聖会の日は一頭だけとなっている。また八日目の聖会の追加祈祷で雨への祈りが始まるようになっている。

 タルムード時代のバビロンで八日目の聖会の特性が大きく進化する。スーコット祭の九日目、離散しているユダヤ人には二日間の祭日が義務付けられている為、八日目の聖会の追加日となっているこの日は、一年かけて読んでいるトーラー(モーセ五書)を読み終わり、また創世記から読み始める日と決定された。そこからスーコット祭の九日目に「律法伝授の日」が誕生した。この祭日は、バビロニア・タルムードとバビロン賢者の律法と共離散しているユダヤ人達に段々と普及した。

 イスラエルの地ではこの祭日は存在していなかった、何故なら一年かけてトーラーを読む習慣がなく、三年以上かけてトーラーを読んでいたからである。しかし離散したユダヤ人達がこの地に戻り、律法伝授の日をお祝いすることを願った。イスラエルの地ではスーコット祭の九日目は存在しないため、八日目の聖会がこの祭日に決められたのである。

 それ以来今日に至るまで、イスラエルの地の八日目の聖会は二つの意味がある。「八日目の聖会」と「律法伝授の日」でもある。三大巡礼祭の中でも最も混み合う祭日と変化していった。何故なら海外では二日間でお祝いしていたのを、イスラエルの地では一日に短縮したからだ。この祭日は特殊な相反する特徴も有している。一方ではとても重要で真剣な八日目の聖会と、もう一方ではとても嬉しく楽しい律法伝授の日となっている。

最新記事

すべて表示

律法、習慣とコロナ:安息日明けから始まる神殿崩壊日

この日には、全員が5つの断食を行う義務がある:飲食、入浴、油塗、性交、及び革製の靴を履くことである。これらの断食以外に、追悼習慣も厳格化されている:昼まで椅子に座ってはいけないこと、「シャローム」と祝福してはいけないこと、追悼から気をそらすような無意味なことをしないこと、急用ではない仕事などは、全て昼までやってはいけない。 この日は聖書の勉強も無く、ミカ書、又は破壊の注解書、又はヨブ記のような人類

苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けられるのか?

質問: 歯の痛みに苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けることが出来ますか? 回答: 歯の部分への損傷は、様々な歯の痛みを起こす恐れがあり、痛みは歯周病、歯槽膿漏、虫歯、歯茎の後退などによって起こる恐れがある。神経から来る痛みは殆どが耐えられない痛みであり、緊急の治療を必要とする。炎症は顔の方へと広がる時もあり、頬の部分の腫れや赤身、又は発熱を起こす場合もある。このような損傷は、抗生物質を投与

侮辱の尻尾から高価なファッションへ:シュトライメル(ユダヤ教徒の毛皮帽子)

宗教と研究目的以外のイスラエルでの毛皮売買が禁止されたことにより、再度シュトライメルが話題になった。イスラエルの数万人の既婚者男性が、世界的シンボルとなった帽子を被っているが、「ユダヤ教徒の制服」は、神殿時代のものでもなく、出エジプトの名残でもない。「ユダヤ教徒達は、頭に狐の尻尾を被るヨーロッパでの古代の差別規制のためにシュトライメルを被っており、ユダヤ人を侮辱する為であった」とユダヤ教徒歴史を研