律法伝授の日:何を何故お祝いするのか

 「八日目の聖会」とスーコット祭(仮庵の祭)の最終日が聖書に書いてあり、その日も祭日であることが記されている。「八日目の聖会」という聖書の表現は、祭日がもう一日追加されているという意味であるが、スーコット祭は「七日間」と記されているので、8日目はスーコット祭の一部と考えられておらず、全く違う祭日、聖会の祭と考えられている。

 聖書にはこの日に関する記述はなく、「聖会」とだけ記されており、「聖書を読み」安息しなければならないとだけ書いている。特殊な律法が存在しないため、ペーサッハ祭やスーコット祭とは違い、シャブオット祭(初穂の祭)に似てはいるが「聖会祭」なのである。

 出エジプト記に記されている祭日の犠牲リストでは、スーコット祭では毎日多くの牛を捧げていたが、聖会の日は一頭だけとなっている。また八日目の聖会の追加祈祷で雨への祈りが始まるようになっている。

 タルムード時代のバビロンで八日目の聖会の特性が大きく進化する。スーコット祭の九日目、離散しているユダヤ人には二日間の祭日が義務付けられている為、八日目の聖会の追加日となっているこの日は、一年かけて読んでいるトーラー(モーセ五書)を読み終わり、また創世記から読み始める日と決定された。そこからスーコット祭の九日目に「律法伝授の日」が誕生した。この祭日は、バビロニア・タルムードとバビロン賢者の律法と共離散しているユダヤ人達に段々と普及した。

 イスラエルの地ではこの祭日は存在していなかった、何故なら一年かけてトーラーを読む習慣がなく、三年以上かけてトーラーを読んでいたからである。しかし離散したユダヤ人達がこの地に戻り、律法伝授の日をお祝いすることを願った。イスラエルの地ではスーコット祭の九日目は存在しないため、八日目の聖会がこの祭日に決められたのである。

 それ以来今日に至るまで、イスラエルの地の八日目の聖会は二つの意味がある。「八日目の聖会」と「律法伝授の日」でもある。三大巡礼祭の中でも最も混み合う祭日と変化していった。何故なら海外では二日間でお祝いしていたのを、イスラエルの地では一日に短縮したからだ。この祭日は特殊な相反する特徴も有している。一方ではとても重要で真剣な八日目の聖会と、もう一方ではとても嬉しく楽しい律法伝授の日となっている。

最新記事

すべて表示

ラビの教えの儀式と習慣は異教が起源(前編)

ユダヤ教ラビの伝統として知られている儀式の一部のリストだが、異教が起源となっていることに関する説明だ。この論文では、以下の儀式や習慣を調査している。ヒンナ、トイレの悪魔、ガラスのコップ割り、占星術と幸運、ゲマトリア、転生、リトルマーメイド、魔術、迷信、傲慢、海の神、追悼の祈祷、お守り、聖なるロウソク、プリムのカーニバル、ヒルラ、義人の墓でのうつ伏せ、聖人の絵、パンの分配、過越し祭前夜祭とシンポジウ

複数のトーラーとは口伝律法のことなのか(レビ記26:46)

「書かれたトーラー(注:聖書)には、我々のラビ・モーセは神から二つのトーラーを受け取り、一つは書かれたトーラーともう一つは口伝律法であり、このようにも書いている:”定めと、おきてと、律法である”。”律法”は単数形ではなく、”これらは主が、シナイ山で…モーセによって立てられた”と複数形になっている。複数形なのは何故か?一つは書かれたトーラー、もう一つは口伝律法であるからだ」(ラビ・シュロモ・シャブカ

チュニジア:「政府の後ろ盾」で、ユダヤ人に対する暴力の波

今日(4月8日)ホロコースト記憶日に、チュニジアのジェルバのユダヤ人会衆に深刻な攻撃が起きている。2人の現地人の男性が「祭司の島」にあるユダヤ人地区にやってきて、自宅前にいた20代のユダヤ人女性の首を長時間絞めていた。 幸運にも通行人が事件を察知し、襲撃者達を追い払うことに成功したが、地元の警察でも未だ犯人を確定できていない。ユダヤ人会衆では、今回の事件はチュニジアのユダヤ人会衆に対して日常的に暴

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.