幼児感染の懸念する状況:11月の400人から1月の6,000人にまで急上昇

 イスラエルへもたらされた変異種が、今日まで知られている感染マップを変えている。より多くの子供や幼児までも感染している。今のところ殆どが軽症で済んでいるが、特に先月までと今月の比較による感染者数の急上昇が懸念されている。去年の11月にや2歳以下の感染者数は約400人であったが、その3か月後の現在、封鎖中であるにも関わらず感染者数が5,800人以上と急上昇している。

 「子供達の間での高い感染の波は、感染年齢の低下や幼児にも及んでいることにより過激化している」と幼児医療組合局長のツァヒ医師は語った。「感染という観点から見て、国内で現在起きていることを表している新しい現象である。全ては変異種により、特にイギリス変異種が子供の間にも感染しており、オリジナルのウィルスより致命的だと懸念されている。もしそれが事実ならば、より多くの子供が感染するだけではなく、同じように高い割合での死亡率も起きる恐れがあり、ただしこの想定は現時点で最も極端なケースとして話していることを強調しておきたい。解決案はもっと接種をすることだ」と語った。

 まだたった5か月の赤ちゃんであるエイヤルちゃんは、レホーボット市のカプラン医療センターコロナ小児科に入院している。父親のオハッド氏(28歳)も感染しており、24時間娘のベッドの横で見守っている。母親のバル氏(30歳)も感染しているが自宅隔離中で、2歳の長女だけがPCR検査陰性であった。母親は入院中のエイヤルちゃんとは「ズームだけの会話で、彼女にとっては最も辛いこと」と父親は語っている。「娘はたったの5か月なのに、既に感染病棟に入院しているのは恐ろしいことだ。妻はいつも泣き、娘に感染したことが受け入れられず、先週感染した赤ちゃんが死亡したという事を聞いたから余計にだ。とても恐ろしくて落ち着いていられないが、幸いにも娘は回復の兆候があり、早く帰宅できることを願っている」とも語っている。

 オハッド氏は「ハバーガニーム」というエルサレムのハンバーガーチェーン店のオーナーだ。「どうやって感染したのかは全く分からない。多分自分が感染して感染させたと思う、何故なら妻と子供達はステイホームして、とても気を付けていた。仕事場でもデリバリーのみで、規制に沿った労働条件であり、とても気を付けていたけれども感染してしまった」とも語っている。1週間半前に頭痛を感じ、味覚と臭覚を失った。「医者が家族全員をPCR検査させた。自分と妻と下の娘が陽性だった」。

 最初は自宅隔離していたが、今週初めから赤ちゃんのエイヤルちゃんに症状が見られ、発熱、泣きじゃくりと眠気であった。「月曜日に病院に連れてくることを決めた。現場の状況にショックを受けた。集中治療所の前には8台の救急車がコロナ感染者を乗せたまま待機しており、病床が空くまで医療チームは待っている。幸いにもコロナ小児科は数人退院したので娘も直ぐに入院し、それ以来ここにいる」と語った。

 「自分の子供が感染するとは夢にも思っていなかった。とても恐ろしく心配で、他にも重症者の子供の話も聞く。ネタニヤフ首相の支持者だけれども、感染に関する政策は完全に失敗だ。首相として誰にも媚を売ることなく、1週間完全に封鎖すれば良い。自分のビジネスがあるけれどもこれに賛成だ」とも語っている。

 昨日から娘の回復が始まり、「食べるようになって全体的に良くなった」と語った。同医療センター小児科局長のアムノン教授は、「現在の感染の波では、子供や赤ちゃんの感染上昇が見られる。幸いにも殆どが軽症ではるが、高熱、呼吸困難や血液中の酸素不足、中にはICUに入院が必要だったケースもあった。親の一人が子供と一緒に入院する必要があり、緊迫している親にとってはとても困難な状況だと良く理解している」と語った。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の