封鎖の詳細

 二度目の封鎖が閣議で承認された。今週金曜日(18日)午後14時から開始され、10月11日まで続く予定であるが、感染状況が改善されなければもう1週間延長される可能性を持っている。昨日のPCR検査数は40,647件、新規陽性者率は10%。新規感染者は3,992人、重篤患者は524人、死者は1,136人となった感染状況を踏まえ、今回の封鎖の目的は感染者増加数を減少させることであり、それが実現すれば地域別制限方法へと移行していく。

*制限内容は以下の如く:

●買い物と治療以外の外出は500mまで

●一人での運動は許可、外出距離制限は無し

●シナゴーグでの祈祷は屋内では10人、屋外では20人まで

●商用、カルチャー、娯楽、観光、プール、ジム、レストラン、ショッピングモール、ホテル、床屋などの接客業界は閉鎖。レストランはテイクアウトは禁止で発送のみが許可

●食料品店、薬局、衛生用品販売店、通信機器、通信サービス、医療機器などの日常生活に欠かせないお店は運営

●教育施設は金曜日から閉校、しかし障碍者学校は除く。お祭り期間の8日間は幼稚園から高校3年生まで遠隔教育。幼稚園生は4~6人のグループに分かれ、毎日20分先生が子供達と連絡を取り合う

●バスや電車などの公共機関は市場活動状況に沿って本数を削減・増加する。金・土は運休、平日は朝5時から夜22時までの50%運行

●空港は既にチケットを購入した人のみ利用可能

●ビーチは閉鎖

●公園は500m以内ならば利用可能

●ベビーシッターは既存の家族のみ、新規は禁止

●仮庵の祭に必要な四種の神器は指定された売場でのみ購入可能

●封鎖開始から解除まで都市間の移動が禁止

最新記事

すべて表示

ドバイから帰国したイスラエル人が隔離ホテルで暴動

ドバイから昨夜帰国したイスラエル人達が、規制によって義務付けられている隔離ホテルへ搬送された。しかしホテルでの隔離を免除する申請を検討する保健省の代表が空港に不在なため、最初はホテルへの移動を拒否した。長い説得後にホテルへ到着した時に、ホテルにも代表者がいないことが判明した途端に暴動が発生した。 エルサレムのダン・パノラマ・ホテルに到着したイスラエル人には、ホテルに到着すれば保健省の代表者と合える

10月以来、感染係数が1以下

昨日は8,174人の新規陽性者が確認され、9万件以上のPCR検査で陽性率が9%となっている。全国の病院には1,901人の入院患者、重症者1,132人、呼吸器付が317人となっている。 陽性者数が8千人を超えたのは3日連続だが、今朝諜報局により発表された報告書によると、10月以来初めて感染係数が1以下の0.99となったと朗報もある。感染係数が1以上の場合には感染者数は指数関数的に増加し、ある一定の時

最悪:昨日の新規陽性者数が1万人を突破

コロナ禍から初めて昨日の新規陽性者数が10,021人となり、10万件のPCR検査で陽性率も10.2%と高くなっている。オックスフォード大学のデータによると、過去7日間で人口に対する陽性者数は、イスラエルが世界で一位となっている。次にポルトガル、アンドラ、チェコ、アイルランド、レバノン、モンテネグロ、イギリス、スロベニア、アメリカ、スペイン、スイスという順だ。 しかしPCR検査数が感染データにも影響

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.