実効再生産数の減少が継続し、新規陽性率も過去1か月間で最低を記録

 保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は4,922人、約7万3千件のPCR検査に対して陽性率は6.7%と、1月9日以来の最低値を記録した。感染係数も0.88と減少が続いている。現在重症者985人、呼吸器付304人、死者5,386人となっている。

 諜報部コロナ対策国家情報知識センターの報告によると、現在1人以下の実効再生産数となっており、感染拡大に於けるある種の減速が見られている。昨日の新規陽性者の41.1%は19歳以下であり、60歳以上は6.1%のみであった。

 昨日は14万6,949回分のワクチンが接種され、1月28日以来の最高値を記録している。今日まで376万6千人が接種を受け、その内239万7千人が2回目の接種済みとなっている。イスラエル人口kの40.87%が1回目の接種済み、26.01%が2回目の接種済みとなっている。

 重症者の63.6%が60歳以上、17.1%に相当する6人に1人が50~59歳。10人に1人が40代。30代の重症者は66人、20代は19人となっている。その他に4人の少女と2人の幼女が重症者として入院している。

 感染率が最も高い都市はモディイン・エリートで30%に近い。その次にエルアドとブネイブラクで両都市とも21%以上となっている。ベイタル・エリートも19.7%、エルサレムは12%となっている。ハイファとテルアビブの状況は良い方で、ハイファは4.91%、テルアビブは4.61%。ラマットガン、ヘルツリアやクファル・サバでは4%以下となっている。

最新記事

すべて表示

2月のコロナ:子供感染率急上昇、60歳以上は激減

昨日の閣議で保健省局長のシャロン医師は、9歳までの子供達の感染上昇が起きていると警告した。グラフによると、この年齢のコロナ感染数が急上昇しており、それに対して他の年齢層は減少しているか横ばいになっている。未だ15歳以下は接種決定されていないため、ワクチン接種の影響で感染状況に変化が起きたと想像される。 ●年齢別コロナ感染者: ・2021年1月末までの ・累積全体の ・2021年2月の ・2月全体の

昨日は20人が死亡、入院患者数は減少継続

昨日の新規陽性者数は4,624人で、約9万件のPCR検査に対して陽性率は5.2%であった。入院患者数も減少を継続し現在1,198人で、その内重症者729人、呼吸器付234人、死者5,779人となっている。 昨日の接種者数は比較的に少なく、42,951人が1回目の接種、58,626人が2回目の接種を受けた。つまり昨日は10万回分以上の接種がなされたが、先週の月曜日は16万4千回分以上であった。イスラ

来週日曜日からレストラン、式場とホテル再開

中学校、レストラン、式場、ホテルなど総選挙の2週間前となった昨夜、政府閣議が封鎖解除計画第三段階を承認し、グリーンとパープル規制に沿った様々な分野の再開となる。コロナ総責任者のナフマン教授は、ここ数日間の実効再生産数上昇に関して大臣達に警告し、封鎖解除を続行しないように推奨したが、最終的に大臣達の要求に折れる形となった。 グリーン、イエローとオレンジ・シティーでは、室内は20人まで、屋外は50人ま

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.