子供のワクチン接種:臨床実験での接種量と副反応

 ファイザー社は、子供の臨床実験結果をFDAに提出し、想定によるともし多大な変更がない限り、ここ数週間以内に子供へのワクチン接種許可が出るとされている。今日殆どの新規陽性者となっている子供達へのワクチン接種に知られていることを掲載する。

 ファイザー社は、5~11歳の2,268人の子供達を対象とし、ファイザー社では臨床実験にボランティアとして願い出た両親と子供の数に驚き、コロナ対策の一部を担う気持ちを持っている。臨床実験は6月に開始し、約3カ月間続き、この実験期間はFDAが要求したもので、今回は可能な感染を追跡する必要はなく、安全性の検査と免疫レベル検査、及びT細胞の検査のみ実施する必要があった。

 一部の子供達は成人と同量を接種され、一部は子供の接種量である成人の量の3分の1を接種され、もう一つのグループはコントロール用として偽接種を受けた。

 ファイザー社が提出した情報の一部によると、結果は非常に肯定的であり、成人の接種量のグループと、3分の1の接種量グループに、十分な抗体量の上昇が確認されたと伝えている。3分の1の接種量を受けた子供達のグループの抗体量は、以前の実験結果で出ていた成人接種量を受けた16~25歳と同様の抗体レベルを得ている。成人の接種量のグループも同様の抗体レベルを得ているが、このグループではより多い副反応が見られており、ただ全て軽くて一時的なものであった。

 研究者達によると、成人の接種量の3分の1の子供接種量は、感染と感染拡大抑制に必要な十分な抗体レベルをもたらし、副反応も少なかった。その為にFDAも効率的で安全である3分の1のワクチン接種量を許可、決定することが予想される。

 イスラエルの保健省では、この数カ月間に重症化リスクの5~11歳の子供達への接種を保険会社に許可している。このリスクグループとは、過激な肥満、肺の重病、糖尿病、高血圧、免疫疾患、神経系疾患などを持っている子供達である。現在までにイスラエルでは500人の子供達が接種を済ませており、彼らの状態は非常に良いと定義されており、特殊な副反応も確認されていない。この情報もイスラエルやFDAによる子供へのワクチン接種許可を促進させるものである。

 情報によると、子供達の副反応は成人のものより少なく、特殊な事例では注射部分の痛み、腫れ、疲労感や一時的な高熱が確認されている。

 子供達は今日最大の感染率を占めている。新規陽性者の約13%は9歳以下であり、約10%は10~19歳である。子供達は幼稚園や学校などで感染し合い、家族でさえも感染させている。殆どの子供達は未発症であり、キャリアーでしかないため、彼らからの感染率はより高い。子供達へのワクチン接種が進めば、集団免疫を確保することが出来、世界での以前の感染病でなされたようにコロナ感染を終息させることが出来る。

 ファイザー社とモデルナ社では、赤子や幼児への臨床実験も既に開始しており、特殊な結果は報告されていない。想定によると、1月までには生後半年以上の幼児達への接種も許可されると見られている。赤子と幼児の接種の主な目的は、コロナ重症化が無いために、家族や保育園などでの感染を防ぐためである。

 まずFDAの専門家パネルがこのテーマに関して話し合い、毎週金曜日に会議を持つのが恒例であるが、金曜日は委員会メンバーである殆どの医師の休日であるからだ。アメリカ小児科組合とホワイトハウスは、長い期間FDAに対して圧力をかけており、子供への接種に関する会議を遅らせないようにしており、これによって来月にデモ既に外部専門家委員会の会議が持たれると予想されている。

 全員の予想は、委員会は接種の許可を推奨すると見られている。この推奨はFDAの最終許可を受け、その数日後にゴーサインが出ると見られている。イスラエルの保健省では、この件に関してFDAの最終決定を待っており、それが出ればイスラエルでのワクチン接種を直ちに許可する予定である。

 

最新記事

すべて表示

重症者数が過去2か月半で最低、77%は未接種者

4日間連続で新規陽性者数が1千人を下回っている。昨日は810人が新規陽性者として判明した。合計約8万7千件のPCR検査が実施され、陽性率は1.01%であった。全国の病院には401人の感染患者が入院しており、その内の279人が重症者で、過去2か月半で最低数となり、約1か月前には707人であったことから、明確な重症者減少である。つまり過去30日間で重症者数が60%以上も減少したこととなる。 保健省のデ

今日から新規グリーンパスポートが有効:3か月ぶりに新規陽性者数が1千人以下

保健省のデータによると、昨日(土曜日)の新規陽性者数は734人で、7月以来1千人以下となった。検査数は約4万5千件で、陽性率は1.6%であった。 今日から新規グリーンパスポートのバーコード使用と監視が開始した。新規グリーンパスポートには、6か月以上前に2回目の接種を済ませた者への3回目の接種義務が含まれている。新規グリーンパスポートは、10月初旬から開始する予定であったが、技術的な問題によって今日

陽性率が3か月間で最低

第4波が収束し始めており、保健省が金曜日に発表したデータにもそれが示されている:データによると陽性率は1.4%であり、過去3カ月間で最低となった。昨日は1,325人の新規陽性者が判明し、9万件近いPCR検査が実施された。 重症者数は385人、その内164人が呼吸器付である。レッド居住地もゼロに近づいており、現在では5か所のみ、アブ・ロバイヤ部族、アイン・マヘル、レババ、キリヤット・ヤアリームとエル