娘の首を切り落としたイラン人父親に9年のみの実刑判決

 イラン人父親が、寝ていた娘の首を切り落とした裁判で9年の実刑判決が下された。母親は判決に激怒し、死刑を求刑している。

 14歳のロミーナ・アシュラッフィは、実父によって5月21日に殺害された。「家族の誇り」に傷を付けたという殺人事件は、イランでも怒りと動揺を起こしている。メディアではイスラム共和国の「制度化された暴力」を非難している。

 ロミーナはイラン北部のギラン県タレッシュ村の自宅で殺害された。「裁判ではこの件に関して特別な処置をすると言ったにもかかわらず、今回の軽い判決は私と私の家族にショックを与えている」と母親のラーナ・ダシュティは語った。

 「夫には村に戻ってほしくない」と彼女は付け加え、裁判所に対して今回の判決の見直しと死刑判決への変更を訴えた。彼女は殺人犯と15年結婚しており、現在では自分と自分の家族の命の心配もしている。

 娘の殺人後にイランの新聞記事によると、イラン国内で通常の刑罰は「目には目を」だが、父親が自分の子供を殺害する事件には有効ではない。今回のような事件では通常では実刑か罰金のみである。

 イランでの報道によると、ロミーナは15歳年上の男性との結婚を父親が反対したことで家出をした。彼女は現地当局によって逮捕され、帰宅すると命の危険があると裁判官に訴えたが自宅へ戻された。

 イランの法律によると、13歳以上の女子は結婚を許されている。報道ではロミーナと結婚しようとしたバフマン・カバリーは2年の実刑を受けているとのこと。ただし何の罪で有罪になったかは伝えていない。

 イラン大統領のハッサン・ロハニ氏は、今回の殺人に遺憾の意を表し、暴力に対する法律を直ちに制定することを伝えた。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.