失われたヘルツェルの株が発見

 ニューヨークに在住していた低所得のユダヤ人女性であったサディ・バイス氏は、100年前にビニヤミン・ゼエブ・ヘルツェルがユダヤ人国家樹立を支援する為に設立した銀行から株を購入した。最近エルサレムの競売でこの株が発見され、探偵作戦の後に先週の金曜日、アメリカに在住の彼女の孫85歳の男性に譲渡された。

 この話は、シオニズムの目的でヘルツェルが設立した銀行が株を販売したことから始まり、これらのお金はイスラエルの地での入植費用として使用された。バイス氏はそれを知り、このアイデアを援助する為に約25ドルで5株を購入した。

 時間の経過と共にこれらの株はイスラエルへ渡り、最近他の書類と共にエルサレムの「ケデム」競売所で競売にかけられた。この株は、自宅に作った博物館で約5千点のヘルツェルの遺品を所有しているコレクターで、カナダのトロント在住のデービッド・マトゥロブ氏によって購入された。

 コレクターがこれらの株を確認した時に、バイス氏の株はまだ取引可能であることを発見した。彼は個人的な調査を開始し、彼女の孫でカリフォルニア在住のマーティー・バイス氏85歳を発見した。

 孫はノスタルジックな宝物を受け取ることにとても感激したが、これらの株価は約400ドルのみであり金持ちにはなれないようだ。しかし彼は特殊な遺品を受け取り、代々家族で保存される大切な宝物になるであろう。

最新記事

すべて表示

エルサレムで衝突の夜:数千人のパレスチナ人が暴動、数十人の警察官が神殿の丘に突入

ラマダンの断食終了後に、神殿の丘とシェイフ・ジャラフ居住地で暴動が発生した。数十人の特殊パトロール部隊警察官達がエルアクサ寺院の広場に突入し、ショックグレネードで数千人のパレスチナ人達を解散させた。パレスチナ側の主張では、警察官が神殿の丘に突入した後に暴動が開始し、警察側では現場で暴動が起きたために突入したと主張しているが、祈祷場所へ部隊を突入させた理由は述べていないとしている。 激しい衝突は幾つ

パレスチナ人に寄付された数百万ユーロが「人民戦線」テロ活動に使用

イスラエル治安部隊は、人道目的の為にヨーロッパの国々や組織からパレスチナ人へ寄付された数百万ユーロが、「人民戦線」組織のテロ活動に送金されたメカニズムを暴露した。今日(木曜日)の午後に発表が許可された。西岸地区のパレスチナ人4人が、詐欺の容疑者として逮捕された。 国内諜報部、イスラエル防衛軍と警察の捜査によると、ヨーロッパの政府支援機関とNPO組織が与えた寄付金が、西岸地区のパレスチナ人団体や組織

百万人に近づく:2020年度エルサレム人口95万2千人

このデータによると、過去10年間でユダヤ人女性の出産率が上昇し、エルサレムでもイスラエル全国でも同様で、それに反してアラブ人女性の出産率は急激に減少している。ユダヤ人女性の平均出産率は2.9人から3.0人に上昇し、アラブ人女性の平均出産率はエルサレムで3.9人から3.2人へ減少、イスラエルでは3.5人から3.0人へ減少を記録した。 このデータによると、2019年にエルサレムへ移住した新規市民は1万