士師記時代の要塞がキリヤット・ガット付近で発見

 紀元前12世紀半ば、聖書では士師記時代のカナン人の要塞が、キリヤット・ガット付近のキブツ・ガルオンでの考古学局発掘によって発見された。考古学局とユダヤ国民基金共同で、最近ゴブリン森で同遺跡は無料一般公開された。

 考古学局考古学者のサアル氏とイタマル氏は、「発見された要塞は、士師記に記されているカナン人、イスラエルの民とペリシテ人との争いに関し、地政学的な状況を垣間見えさせてくれる。同時代のカナンの地はエジプトによって支配されており、その住民は彼らの保護下にあった。紀元前12世紀にこの地域に主役が2名出現した、イスラエルの民とペリシテ人である。そこから血を血で洗う争いが始まった。イスラエルの民は要塞化されていない中央部の山間に住み着き、ペリシテ人は南部の海岸地方に住み着いてその力を増し、アシュドッド、アシュケロン、エクロンやガットなどの大きな町を建設し、他の土地も侵略しようとした。ペリシテ人はエジプト人やカナン人に対し、想像ではペリシテ人のガット王朝とカナン人のラキシ王朝の間を通っていたゴブリン川の国境を争った」と語った。

 考古学者はまた、「新しい地政学的な状況を対処するために、カナン人とエジプト人がガルオンの要塞を建設したと思われる。ただし紀元前12世紀半ばにエジプト人はカナンを放棄してエジプトへ戻った。彼らの放棄は保護を失ったカナンの町々の大きな破壊をもたらし、その破壊の責任者はペリシテ人であった」とも語っている。

 「士師記の話は、複雑な地政学的な状況、支配地の抗争やイスラエルの地での政治的な軍事力の再構成などを明確に表している。この要塞の構造は国内で発掘された他の遺跡に相似しており、エジプト知事の家としても識別された。要塞は戦略的な場所に建設され、ここからはゴブリン川を通っていた主要道路、海岸平野とユダ低地を結んでいた道路を見渡せることができた」とのこと。

 要塞の規模は18mx18mで、四隅に大きな塔がある。要塞への入口はとても大きなものであり、重量約3トンの一個の石によってできている。要塞の内部には中央に柱廊と石板が敷かれた床でできた中庭があった。中庭の両側に部屋が作られており、部屋の中では一部完全な形で数百個の陶器が発見された。陶器の中には器やコップなどの宗教儀式に使用されたと思われる特別な器が数多くあった。一部はエジプト風の陶器のように製造されている。

最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、