堰を切ったよう:テルアビブの飲食店再開が強行され、ディーズンゴフ通りに集まった群衆は立ち退きになった

テルアビブ警察は、目抜き通りに集まった群衆を立ち退かせ、一人を連行した。再開予定1週間前に再開を強行した飲食店には罰金を課す注意が与えられた。テルアビブの一部の飲食店では、解除の1週間前に店を再開させた。従業員は防疫対策を施しており、使い捨ての食器が使用されていたにも関わらず、警察は直ちに閉鎖しなければ罰金が課される注意を与えた。

平行して目抜き通りに集まっていた数百人の市民に対し立ち退きを命じ、警官の指示に従わず侮辱した一人を連行した。同市民が逮捕されない限り立ち退かないと言ったためと警察では伝えている。他の者は直ぐに解散した。

バーオーナーのラズ氏は、「店では使い捨ての食器でテイクアウトのみなのに、海水浴場や街中は大勢の人達が出ており、まだ解除されないのは自営業者や飲食店に対する侮辱だ」と語っている。バーを再開して2時間後に警察が到着し、店の閉鎖と罰金の注意を与えた。30人の客が程よい間隔で座っていたにも関わらず、これは密集であると警官はオーナーに伝えていた。

来週飲食店の再開が予定されているが、多くのオーナーがそれを疑問視している。「閉鎖を継続することは不可能だということを明確に示すべき。海水浴場やモールまで再開し、毎晩無防備な市民が街中に繰り出しているのに、飲食業界だけ閑古鳥が鳴いている。今回の再開の強行は現状に対する抗議的な意味を持っている」と他のバーオーナーが語った。

政府は市民に行った電話調査での解除希望に沿って、今朝から海水浴場、博物館とシナゴーグが再開される。4月1日に海水浴場がオープンする予定であったが、やっと今朝全国136か所の海水浴場が再開を許可された。ただしマスクの着用は義務付けられているが、今週のような熱風の日には着用しなくても良いことになっている。

テルアビブでは13か所ある海水浴場の10か所にだけライフサーバーが配置された。これも今回のコロナ騒動によって市役所の経費が増加し、ライフサーバーを雇用する経費が捻出できないことが困難となっている。養老院への訪問も解除された。

結婚式場に関しては6月14日から解除される予定。これもハンガーストライキを開始した式場のオーナー達に保健省大臣が会合し、ストライキを止めさせる要望をしたばかりである。バスの混雑時(7:00~8:30、13:00~15:00)の利用客数制限も解除された。

最新記事

すべて表示

昨日の新規陽性者数は7,737人、陽性率9.6%

保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は7,737人と判明し、83,367件のPCR検査で陽性率は9.6%と高いままだ。現在感染者数76,708人、重症者1,141人、呼吸器付311人、死者4,513人となっている。 276万8,202にんが接種を受け、人口の27.44%が1回目の接種を受けた。2回目の接種を受けたのは137万7,803人で10.79%に相当する。90歳以上の86.6%が1回目の

ネタニヤフ首相が封鎖を延長させる閣議招集を希望、ベニー国防大臣は反対

ネタニヤフ首相は、封鎖延長の会議に閣議を今日招集させる希望を表明したが、罰金拡大と規制を遵守しない教育施設への取締り強化が国会で承認されるまでベニー国防大臣は同意しないつもりだ。 大臣達は封鎖の今後に関する決定を下す必要があり、日曜日に封鎖が解除される予定であるが、ベニー国防大臣は、「取締りの強化が無いのならば閣議も無い。ハリクード政党が欺くことを止めて実行に移すならば、閣議招集に同意する。ブネイ

ブネイ・ブラク市でバスに放火、エルサレムではトラムに破壊行為

警察に対する暴力的な衝突後に、ユダヤ教徒会衆リトアニア系ユダヤ教主導者ラビ・ハイーム・クナイブスキーのメッセージをモーシェ・ガフニ議員が伝え、「これらのデモを止める必要があり、イスラエル警察に対してもブネイ・ブラク市民に対する酷い行為を止めるべきだと呼びかけている」とブネイ・ブラク市緊急会議で語った。市長のアブラハム氏も警察に対して町から撤退することを呼びかけたが、彼自身もその後デモ隊に襲われた。

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.