国内諜報部:ハマスが西岸地区テロ攻撃に2人の未成年を採用

 軍当局は、テロ計画とイスラエル人誘拐計画の疑いで、ヘブロン北部にあるベイト・オメルに住む二人のパレスチナ人少年を逮捕した。二人のうち一人はまだ16歳であった。ガザ地区のハマス組織が、テロ実行の為にインターネットを通じて二人を採用した。

 国内諜報部によるとガザ地区のハマス関係者達が、色々なSNSを通じて数カ月間連絡を取っていたとのこと。この二人の採用は、ハマス軍事部門サーバーユニットのビルエル・カルディが企画し、二人を見つけて組織の活動に利用した。

 国内諜報部の二人の調査によると、彼らはユダ・サマリア地方(西岸地区)でのテロ攻撃を促進するために、武器、弾薬、征服とお金を受け取ることになっていた。自分達の住む村に近い入植地からイスラエル人誘拐、発砲テロの実行とイスラエル人入植地の情報収集を依頼されていた。その代償としてハマスは彼らにお金を支払い、その責任を負うと約束していた。

 オペレーター達からの要請により、少年たちはバット・アインとクファル・エッツィヨン入植地を撮影し、写真を転送していた。また地域のイスラエル軍基地の場所が記された地図も渡している。少年達は爆弾を作成しようとしたが失敗した。

 今月逮捕された二人の少年に対しての罪状がユダ地方未成年用軍裁判所に提出された。「今回の調査では、西岸地区に於けるテロ基盤とテロ攻撃を促進するために、未成年の利用やその家族への被害をも顧みないハマスの莫大な屈力の全体が明らかになった」と、国内諜報部の通知に記されている。「地域安定を揺るがすイスラエル国内テロ攻撃の為に、ガザ地区のハマスが西岸地区でテロ基盤の建設を阻止するため、国内諜報部はその活動を継続する」と述べた。

最新記事

すべて表示

パレスチナ当局は、総選挙中止の地盤を準備中

1か月後に西岸地区とガザ地区の約250万人のパレスチナアラブ人が、15年ぶりにパレスチナ議会選挙に投票する予定である。しかしここ数日間パレスチナ自治政府が、総選挙が無期限に延期される可能性について世論を準備しており、実際には中止される予定であることが明らかになった。 総選挙延期の公式理由は、イスラエルが今までに東エルサレムに於ける選挙の実施を許可しなかったことになっている。以前からの経験では、イス

シリアの地対空ミサイルがネゲブに着弾、イスラエル空軍が報復攻撃

イスラエルが関連したとされる攻撃後に、昨夜シリアからイスラエルへ発射された地対空ミサイルがネゲブに着弾した。シリアの地対空ミサイルに対する防衛システムが作動し、イスラエル空軍はその報復として、ミサイルが発射された場所やシリア国内のその他の対空砲を攻撃した。 シリアの報道によるとイスラエル空軍は夜中1時30分に、地対空ミサイルが発射されたダマスカス付近の数か所の目標を攻撃したとのこと。イスラエル軍ス

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.