国交正常化への代償:スーダンは数十億ドルを要求

 スーダン市民の強い反対に合う恐れから、イスラエルとの関係を正常化する可能性に不安を持ち、十分な報酬もないことからスーダンはアメリカの努力には参加しないことを決めた。ニューヨークタイムズ紙によると、アメリカはスーダンに対して8億ドルの経済援助を提案したが、スーダンはそれの4~5倍である30~40億ドルを要求している。

 記事によると、この提案はスーダン主権評議会議長のアベッド・エルファタフと、サウジアラビアの当局者も参加したアブダビでの話し合いで提案されたものであるが、現時点では年内にイスラエルとの国交正常化は無いと見られている。

 スーダンに提案された経済援助の殆どはUAEとアメリカが支払い、イスラエルも1千万ドルを支払う予定であった。この経済援助はスーダンにとって国内の経済破綻にとても必要である。スーダン国内の経済破綻はインフレと日用品不足を起こしており、軍と市民で構成されている新しい政府の地位を不安定なものとしている。

 テロの支援国としてアメリカのリストから自国を消去させることも、この経済破綻が理由となっている。このリストに載っていることにより、スーダンが外部からの資金を得たり、国債への軽減を困難なものとしている。独裁者であったオーメル・エル・バシールの時代にスーダンは1993年にリストに載せられたが、去年民主化運動によって独裁者が追放され、アメリカとの関係も改善されていった。

 アメリカの発表によると、来年ブラックリストから外される見込みになっているが、イスラエルとの国交正常化と結び付けられている。アメリカの関係筋によると、スーダンがブラックリストから外されるかは、2000年に起きたケニヤのアメリカ大使館襲撃事件、タンザニアの大使館襲撃事件及びクール巡視艇への攻撃事件の被害者や遺族への3億3千6百万ドルの支払がスーダンによって行われるかも関係している。

 イスラエルとの国交正常化に関しては、スーダン政府内でも意見が対立しており、早急な契約成立は自国市民の強い反発を生み、独裁者追放後に低迷下しているイスラム原理主義者達への支持が増加することを懸念している。

 スーダン首相のアブダッラー氏は、イスラエルとの正常化は余りにも多くの問題を抱えていることに懸念を持っていると公言している。もっと深く話し合いをすることを提案している。「スーダンはどの国とも戦争をしたいとは思っていない。しかしイスラエルとの正常化は、数十年間も続いている社会的または政治的見解を含むとても複雑な問題であり、アラブ世界の歴史とも関係している」と語っている。

 アブダッラー首相はポンペオ国務長官に対し、イスラエルとの正常化を承認する議席は今の政府に無いと伝えている。現時点では2022年に実施される予定の民主選挙に対し、国内の安定化に専念したいとも伝えた。

 ウガンダでネタニヤフ首相と会談したアベッド議長は、イスラエルとアラブ諸国との関係性に関してアメリカ関係者達と話をし、スーダン政府はスーダン市民のインタレスと願望に沿って話し合うとも伝えた。

 スーダンではイスラエルとの関係を祝福している人達もいる。前国会議員であり現在ビジネスマンであるアブ・カッセム氏は、政治家、ビジネスマン、スポーツ選手や市民代表者達によって構成された使節団を連れてイスラエルへ行くと発表している。同使節団は交渉の結果に沿って10月にイスラエル訪問を予定しており、スーダン国内ではイスラエルとの友好協会が設立され、既に7千人以上が登録している。

 イスラエルデモスーダンに対する興味は高い。まず以前スーダンからガザへ送られた武器供給をイスラエルが攻撃したことがあった。イスラエルはハマスへの武器供給ルートを遮断することに関心がある。次にスーダンとの正常化によって、イスラエル国内に密入国しているスーダンからの違法労働者を帰国させること。またイスラエルや他国のフライトがスーダン上空を通過させることなどに興味がある。今年2月に初めてイスラエルの飛行機がスーダン上空を通過し、ブラジルへのフライト時間が短縮されることになった。

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.