古代祭壇の城壁が道路の材料に:歴史を消滅させている

 約束された地に入ったヨシュアが建てた石造物は、エバル山で3,200年の時を過ごし、ユダ・サマリア地方に於ける古代ユダヤ人の生きた証拠でもある。パレスチナ当局はその遺跡の城壁を削り取り道路の砂利に変えている。

 エバル山のヨシュアの祭壇は、モーセの命令通りに約束の地に入った後に、イスラエルの民にヌンの子ヨシュアが祝福と呪いを分けた場所でもある。この特別な出来事は紀元前13世紀末とされており、エリコとアイを攻め落とした後で、その当時イスラエルの地に君臨していた29人以上の王達とヨシュアが闘う前でもあった。

 イスラエルの初代首相ダビッド・ベングリオンも、自分自身をヌンの子ヨシュアの現代版として見ており、離散後のイスラエルの地に於けるイスラエル民族の最初のリーダーであり軍勢の長でもあった。祝福と呪いの意味をベングリオン首相は、イスラエルの独立宣言と独立戦争が起きたことと同様であると捉えていた。

 1980年代に考古学者であったアダム教授は、ヨシュアの祭壇の遺跡を発見し、申命記、ヨシュア記とイスラエルの地に入った話を裏付ける生きた証拠を提供した。パレスチナ当局は、ユダ・サマリア地方に於けるイスラエル民族の深い歴史的又は宗教的関係の証拠であるこの遺跡の重要性をよく理解しており、この遺跡に対して宣戦布告をした。

 先週水曜日にその事件が起きた。パレスチナ人の重機が祭壇の外壁を崩し始め、付近にあるアツーラ・アシュマリヤ村とシケムとの間の道路に砂利を使用する目的である。背後で重機が破壊しているのを見ながら、道路建設業者はこう語った。「エル・ボルナット(この遺跡がある山脈名)の石を崩し、道路用の砂利を作っている」。

 この大きな事件が起きて30時間後にネタニヤフ首相はやっと声明を発表し、「責任者を逮捕して遺跡を警護する」とコメントした。事件発生から48時間後の翌日、イスラエル大統領もこれに加わり、国防大臣にこの事件を調査し、「国家遺産にダメージを加えさせないよう」警護するよう呼びかけた。

 イスラエル指導者達のコメントの遅さと同様に、自治体のコメントはもっと問題があり、この遺跡はB地区にある為に民事的な話であり、自治体には何の責任も無くコメントをする権利もないと回答した。この間違った政策が、サバスティアやテル・アロマで過去1年間でパレスチナ人が行った破壊行為を増長し、この状況を変化させる必要がある。

 これらの遺跡は、我々の先祖の聖書の話に触れさせてくれるものであり、イスラエルの地への歴史的又は宗教的関連性を証明し、我々がこの地に存在する権利を与えるものでもある。パレスチナ人がそれらを理解しながら証拠隠滅を図っている時に、何もしないで我々が見ていてはならない。

 首相と大統領が呼びかけたように、ユダ・サマリア地方に於ける国家遺産の遺跡をイスラエル軍が警備し、このような破壊や盗賊行為は断固として止めさせるべきである。肉体的な安全以上に国民の精神も重要で、一般市民の安全だけをイスラエル軍は守るのではなく、A、B、C地区であろうが我々の文化と伝統の遺跡も守るべきである。

 オスロ―合意によっても、パレスチナ当局は「全ての考古学遺跡を守り保存する」義務がある。その為にパレスチナ人による遺跡の破壊行為を阻止するためのイスラエルの行動は、オスロー合意の違反ではなく、逆にパレスチナ人の違反を阻止するためのものである。

 パレスチナ当局は、我々のイスラエルの地における歴史的証拠の全てを隠滅することを旗に掲げており、これに関してイスラエル国家ははっきりとした姿勢を見せるべきである。手遅れにならないように、よく考慮して企画し活動するべきである。


最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、