公共機関だけを利用してイスラエルを旅行可能か?

 イスラエルも封鎖が緩和して自然国立公園も一般市民に再開され、自然を家族と共に訪問する秋の心地よい日々を利用するチャンスが来たが、この喜びは自家用車を持っている人達にしか与えられていないようである。イスラエルの三大都市から国内の自然国立公園への到着方法は、長い移動にくねった道、少ない本数、自然国立公園の入口にバス停が無いなど問題だらけである。子供達とピクニック用品と一緒にバスで行かなければならない人達は、目的地まで30分から1時間半歩くことも必要となる。

 このように自然国立公園を訪れることは、自家用車で移動する人達だけのものであり、イスラエルが提供できる自然と娯楽は、自家用車を所有できる人達だけに限られている。中央統計局の発表によると、2018年には全人口の28%が自家用車を所有しておらず、貧困層では67%に対し、富裕層では6%のみとなっている。これらの人達にとって自然国立公園を訪れることは一日がかりの旅行であり、またその移動コストも経済的に耐えられないものとなっている。

 国内で最もポピュラーな11か所の自然国立公園を選び、グーグルマップとMoovit公共機関アプリを使用し、移動に何時間かかるのかを測定してみた。出発地はイスラエルの三大都市とし、平時の朝9時に各都市の市役所から出発とした。

 今回の調査で判明したことは、自然国立公園を通るバスの本数はとても限られており、乗り換え時間に遅れてしまうとバス停、交差点やセントラルバスセンターで1時間から2時間の待機時間を余儀なくされ、最悪の場合には旅行をキャンセルすることにもなりかねない。

 ここで記しているデータには、全部の問題点を挙げているのではない、何故なら多くの市民は週末にしか旅行する時間が無く、安息日中にはご察しの通り公共機関は全く動いておらず、金曜日の安息日入り前と土曜日の安息日明けには平日より本数が削減されている。コロナと全く関係ない平日の話である。


●ガン・ハシュロシャー(ハサフネ)Gan HaShlosha

ハイファ発:合計2時間20分

115番でバスセンターまで、そこから301番でアフラのバスセンターへ。次に412番のベテシャン行きに乗ってニール・ダビッド・ジャンクションで降りる。この交差点から1.7km先にある国立公園の入口まで歩いて約21分。

テルアビブ発:合計2時間30分

125番でナミール・ロード、又は18番か82番でターミナル2000へ。次に843番のカツリン行きに乗り、21駅目のシャータ刑務所で降り、次に412番のベテシャン行きに乗って前述と同様に移動。

エルサレム発:合計3時間24分

66番又はトラムでセントラルバスセンターまで。そこから953番のアフーラ行きにのり、412番に乗り換えて前述と同様に移動。


三つの都市からの移動はバスの乗り換えが必要で、412番が最後のバスである。もしこれに乗り遅れると次のバスまで40分は最低待つこととなる。

結論:長い移動時間で面倒だが不可能ではない。


●マジャラサ Magrase

ハイファ発:合計3時間10分

110番でヤグール・ジャンクションまで、そこから430番のティベリアのバスセンターへ。次に57番でマアレー・ガムラ・ジャンクションで降りる。ここから2.23km先にある国立公園の入口まで歩いて約29分。国立公園内も約1kmの散策道があることを忘れないこと。

テルアビブ発:合計3時間46分

25番でハイーム・レバノン通りで降り、そこからナミール・ロード沿いを3分歩く(又は18番か82番でターミナル2000まで行く)。次に843番のカツリン行きに乗り、マアレー・ガムラ・ジャンクションで降りる。もしカツリン行きのバスに乗り遅れれば、次のバスは14時発なので長時間の待機時間を余儀なくされるのと、14時発に乗っても到着時には自然国立公園は閉鎖されている時間なので、この時点で旅行は諦めることをお勧めする。

エルサレム発:合計4時間

トラムでセントラルバスセンターまで。そこから961番のティベリア行きにのり、ベイト・ヤレアフ地域学校のバス停で降りて57番のカツリン行きに乗る。そこからマアレー・ガムラ・ジャンクションまで移動して前述と同様に移動。57番のバスは一日に8本しか運行していないので、もし乗り継ぎに失敗すれば長時間待たされる恐れがある。


結論:長い移動時間で面倒、もし遅れると旅行がキャンセルになる恐れも。


●エン・ゲディ En Gedi

ハイファ発:合計4時間3分

16番でゲウラ通りまで、そこから972番のエルサレム行きでハル・ホツビームまで。エルサレムのシュムエル・ハナビ通りで降り、次に486番のネベー・ゾハル行きに乗り、自然国立公園入口付近にあるエン・ゲディ自然観察学校(ダビデの川)で降りる。又はハイファのバスセンターかカルメル・ビーチ・バスセンターからエルサレムのバスセンターまで行き、486番に乗り換えることも可能。

テルアビブ発:合計2時間51分

10番、18番か82番でターミナル2000まで、次に480番のエルサレムのバスセンターまで。次に486番のネベー・ゾハル行きに乗り、前述と同様に移動。又は高速電車に乗ってエルサレムのイツハック・ナボン駅まで行き、エルサレムのバスセンターまで移動も可能。

エルサレム発:合計1時間30分

ハネビイーム通りまで歩いて6分、そこから19番でカツィール通りで降り、また徒歩3分でイツハック・ハナディーブ通りへ。そこから486番のネベー・ゾハル行きに乗り、前述と同様に移動。


486番のバスは1~2時間に一本しか運行していないので、もし乗り遅れたら長時間待機する恐れがある。遅くなると自然国立公園で過ごす時間も少なくなる。

降車駅であるエン・ゲディ自然観察学校(ダビデの川)は自然国立公園にとても近いので、そこから歩いて数分で到着できる。しかし公共機関の長時間の移動以外に、国立公園内の散策コースも長く、一番長いコースは歩いて4~6時間かかるのを忘れてはいけない。


結論:エルサレム以外は長い移動時間で面倒、もし遅れるなら旅行を諦めることをお勧めする。


●バニアス(ヘルモン川)Banias

ハイファ発:合計2時間47分

111番でテル・ハナン行きに乗ってハシャローム・ロードで降り、次に331番のイシャイ・ジャンクションまで。交差点を徒歩で渡って8分、次に845番のキリヤット・シュモナ行きに乗りバスセンターまで。バスセンターから58番のエル・ロム行きに乗ってサアルの滝バス停で降り、そこから1.8km先(約17~19分)のバニアス自然国立公園入口まで徒歩。

テルアビブ発:合計3時間30分

149番でナミール・ロード又は18番か82番でターミナル2000まで。次に845番のキリヤット・シュモナ行きに乗り、前述と同様に移動。

エルサレム発:合計4時間

66番かトラムでバスセンターまで。次に960番に乗ってエリヤキム・ジャンクションで降りる。そこから845番でキリヤット・シュモナ行きに乗り、前述と同様に移動。


58番のバスは1~2時間に一本しか運行していないので、もし乗り遅れたら長時間待機する恐れがある。またバニアスの泉からバニアスの滝までのコースは約2.5kmの長さで、片道最低でも1時間30分かかるのを忘れてはいけない。


結論:長い移動時間で面倒、もし遅れるなら旅行を諦めることをお勧めする。


●ヤルコン(テル・アフェック)Yarkon

ハイファ発:合計2時間18分

24番でカルメル・ビーチ・バスセンターへ。次に947番でエルサレム行きに乗りガニーム・ジャンクションで降りる。交差点を徒歩で渡って3分、そこから7番のロッシュ・ハアイン行きに乗り、アフェック・ジャンクションで降りる。国立公園入口まで徒歩で約9分。

テルアビブ発:合計1時間

82番でベイリンソン病院まで。次に7番に乗ってアフェック・ジャンクションで降り、前述と同様に移動。

エルサレム発:合計1時間34分

66番かトラムでバスセンターまで。次に947番のハイファ行きに乗ってガニーム・ジャンクションで降り、前述と同様に移動。


結論:移動が比較的面倒だが長くはない。公共機関でも可能な旅行。


●フーラ湖 Hula

ハイファ発:合計2時間7分

115番でハミフラッツ・バスセンターまで。近くにあるキション・ジャンクションから352番のナザレ行きに乗ってハモビール・ジャンクションで降り、次に845番のキリヤット・シュモナ行きに乗ってフーラ湖バス停で降りる。そこからフーラ湖入口まで徒歩約15分。

テルアビブ発:合計2時間54分

18番か82番でターミナル2000まで、又は347番のラーナナ行きに乗って2号線のシネマ・シティで降りる。次に845番のキリヤット・シュモナ行きに乗り、前述と同様に移動。

エルサレム発:合計3時間30分

66番かトラムでバスセンターまで。近くにあるビニヤネイ・ハウマーから992番のツファット行きに乗ってキブツ・クダリーム・ターミナルで降りる。そこから505番でキリヤット・シュモナ行きに乗り、前述と同様に移動。


結論:移動が比較的面倒だが長くはない。公共機関でも可能な旅行。


●ヘルモン山 Mount Hermon

ハイファ発:合計5時間

テルアビブ発:合計5時間

エルサレム発:合計5時間30分


結論:公共機関では不可能な旅行。


●クジーブ川 Nakhal Kziv

ハイファ発:合計2時間11分

テルアビブ発:合計3時間24分

エルサレム発:合計4時間42分


結論:長い移動時間で面倒、制限された中の公共機関で可能な旅行。


●マサダ Masada

ハイファ発:合計4時間8分

テルアビブ発:合計3時間14分

エルサレム発:合計2時間15分


結論:長い移動時間だが、公共機関でも可能な旅行。


●カイザリア Caesarea

ハイファ発:合計2時間

テルアビブ発:合計1時間40分

エルサレム発:合計2時間30分


結論:長い移動時間だが、公共機関でも可能な旅行。


●イェフディア Yehudiya

ハイファ発:合計2時間50分

テルアビブ発:合計3時間10分

エルサレム発:合計3時間50分


結論:長い移動時間で面倒、制限された中の公共機関で可能な旅行。



最新記事

すべて表示

独立戦争時に戦死した植物学者トビヤ・クシュニルの花を辿って

「トビヤはまだ黒く希少なアイリスを栽培している」と、ナオミ・ショメル(注:黄金のエルサレム作曲家)の歌に記され、毎年秋になると「自分の庭に吹く狂った風が、殆どの白ユリをなぎ倒す」と描写している。73年前のトビヤ・クシュニルの事を歌っており、パルマッハ隊に入隊して独立戦争で戦死した。享年24歳であったが、イスラエルの地の自然調査の発見に多大な貢献をし、一部は世界規模の重要な発見でもあった。 「当時イ

5月23日から接種済みの観光客は、イスラエル訪問許可

イスラエルは5月23日から、グループ旅行の外国の接種済み観光客に国を再開する。このように保健省と観光省の共同作業チームによって規制が決定した。決定される人数制限に沿って観光客グループはは到着し、第一段階の結果に沿って、現在の方向で感染が継続するならば、グループではない観光客の規制拡大が可能となる。 各省間チームには、市民医療サービス責任者のシャロン医師と、コロナ総責任者のナフマン教授、及び専門家が

今年の独立記念日には何処へ飛べて幾らかかるか

独立記念日(4月15日)を前に市、接種証明書保有のイスラエル人に新しい渡航先が加わった、アブダビだ。同王国の国営航空会社のエティハドは、イスラエルとUAE間の直行便を始めて運航したフライ・ドバイ航空会社に加わり、第一段階として週2便を飛ばす。イスラエル人は同国では隔離を必要としない。 ドバイとアブダビ間も再開した。イスラエアー社営業販売副責任者のギル氏は、「イスラエル人にアブダビが再開してから、ド

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.