何故スファラディー系ユダヤ人は帰還したか?シオニストの説明に対する歴史的事実

 数年間で約1百万人のユダヤ人達が自宅を出た。このように一部は数千年間も続いたアラブ諸国に於けるユダヤ人の存在が終わりとなった。前代未聞のこの歴史的プロセスは、何故多くのアラブ諸国に長期間ユダヤ人達が存在していたにも関わらず、こんな短時間で終了したという事件が起きたのかを考えさせられる。

 1948年以来イスラエルで成長した人達は、誰でも一般的な理由を熟知している。アラブ諸国のユダヤ人達のイスラエルへの移民は、2千年間の夢が実現したユダヤ人達の避難所としてイスラエルが機能したというイデオロギー的・宗教的動機で行われたというのがシオニストの物語だ。

 この数年間で根付いたもう一つの物語は、イスラエルの独立とシオニズムが、アラブ諸国に住んでいたユダヤ人達、現地当局とアラブ人住民との間に亀裂を作り、ユダヤ人には選択の余地が無くなり、離れるか追放されるかしてイスラエルへ到着するまでに難民となったという事だ。

 エステル教授が行った新しい研究によると、アラブ諸国を離れたユダヤ人達の移動の殆どのケースでは、イスラエル国には全く無関係であり、現地当局と、イギリスが支配していたアラブ諸国を不安定化させた「ユダヤ人問題」の解決をイギリス人が要求したことを筆頭に、国際機関の行動に関連したことが示されている。

 「イスラエル国もこれらのユダヤ人達を必要としていた、彼等をとても愛していたのではなく人口増加のためであった。国のリーダー達は、当時イスラエル国内に存在した人口だけでは国の存在に十分ではなく、もう一方でもしユダヤ人達がアラブ諸国に残れば、イスラエル・アラブ問題の代償を支払うことになっていた。彼等をイスラエルへ連れてくる必要があったのは明確であるが、問題はいつ、全員を連れてくるか、裕福な階層だけか、又は若者だけか。様々な課題があった」。

 「イラク、リビアとイエメンのユダヤ人達の研究に専念し、全員がイギリスの支配下か影響下にあった。実際にこれらの国々からのユダヤ人達の帰還は、イスラエルのリーダー達が計画したスケジュールに沿っていなかった。当時その段階では、イスラエルはヨーロッパからホロコースト生存者を連れてくることに多忙だったからだ」。

 「対照的にこれらの国でもプロセスは、待つことが不可能でもあった。例えばリビアでは、アラブ独立支配が建設されるところで、ユダヤ人がそのまま残れないのは明確であった。イギリス人達はとても人間的で、自分達の責任下にある地域でユダヤ人達が傷つくことに責任を取りたくなかった。彼等の政策が詳細に記されたような書類は存在しないが、実際に彼等はこれらの国々からユダヤ人達が出ることを可能とし、彼等の協力が無ければとても困難であったことは明確である」。

 イエメンでは、アラブ諸国から出たユダヤ人達の最も困難な話の一つでもあり、イギリス人達と現地当局が共にユダヤ人達の出国を企画した。「イスラエルが受け入れることは皆知っていたが、イスラエルはそのタイミングに驚いた」と教授は語った。「イギリス人達は、イスラエルに迷惑であろうともイスラエルには受け入れる義務があり、これらのユダヤ人人口が必要あることも明確に認識していた」。

 「イギリス人達は計画を作成し、2年間で合計2万人であると話していた。しかし直ちにイエメン系ユダヤ人達は何も待つこともせず、3か月で全員離れてイスラエルへの帰還に待機していたことが明確になった。イスラエル国ではまさかこんなに早く3万人が来るとは考えておらず、そこから多くの障害が発生し、彼等が待機していた場所やイスラエルでの受け入れでも起きた」。

 「これは余り話されていない悲劇で、彼等が帰還前に待機していたキャンプでの酷い条件で多くの人達が無くなり、彼等の80%は病気か栄養不足でイスラエルに到着した。酷い条件であることが判明した時に、イエメン系ユダヤ人達を帰還させる緊急作戦が決定された。その後イスラエル国内で収容キャンプが設置され、帰還者達のケアーが開始した」。

 「ユダヤ人達は、住んでいた場所での条件が過酷であった為に帰還することを望み、通常の人間と同様に状況を改善したかった。例えばリビアではポグロムが起きた。ユダヤ人達を殺しただけではなく、店を焼き、ダメージが大きすぎて回復することがとても困難であった」。

 「いつも何人殺されたかと問われるが、しかしそれ以上の事が起こり、ユダヤ人会衆の経済的基盤の破壊であった。リビア系ユダヤ人達は無一文になり、帰還を願った。最初はイタリアに移民し、リビアはイタリアの植民地であったから明確な目的地であった。そこに到着したが、大戦後のイタリアは荒廃し何もなく、貧困な数万人のユダヤ人達を受け入れようともせず、最後の切り札がイスラエルであった。イエメンでは誰も彼等に問いかけず、イスラエル以外に行く場所も無かった」。

 「イラクではまた違うストーリーであり、とても基礎がしっかりとした目覚めたユダヤ人会衆であった。イラク系ユダヤ人達は殆どの人達がイスラエルへ帰還しようとはせず、何故ならイスラエルが貧乏だったからだ。イスラエル独立以前から帰還のオプションはあったが、イスラエル独立前に帰還したイラク系ユダヤ人達の数は微少であり、イスラエルで何が起きているかも知っていたし、独立当時の問題や状況に関しても熟知していた」。

 「そこでは全く違うシチュエーションで、帰還企画が用意され、現地当局もユダヤ人移民を話し始めた。イギリス人達もそのテーマに取り組み、少数派のユダヤ人達が脅威にさらされ始めたので、帰還は良いアイデアだと思っていた」。

 「これら全ての国でイギリスは活動的に関与し、全ての場所のユダヤ人会衆全体が帰還した。現地当局が組織せず、イギリスがこのプロセスを支援しなければ、これほどの大人数が出国したことを理解するのは不可能だ」。

 「イスラエルは当時魅力ある場所であるとは考えられておらず、もしより良いオプションがあるならば、ユダヤ人達は他の場所に行くことを選んでいただろう。例えばアルジェリア系ユダヤ人達の殆どは、フランスに移民することを選んでイスラエルには来なかった。ユダヤ人達の行動は普通であり、イスラエルへの帰還が夢でチャンスが訪れた時に直ぐに帰還したというシオニズムの全ての話はシオニズムの物語に過ぎず、これらの難民をシオニストに変え、彼等が帰還することを選んだというように紹介することはとても重要であった」。

 「これらの物語はベングリオンの創作であり、シオンへの帰還という考え方を強化した。全員祖国へ戻り、聖書と約束の地への関連性は、今まで受け入れていたアシュケナジー系とは全く違った人達を受け入れる為に、国内の住民の考え方を備える国内的な重要性があった」。

 「全く異なる文化から異なる人達を受け入れるのはとても困難であり、その為に現地の住民を説得し、多くの者を犠牲にさせるのも簡単ではない。シオニズムの物語は、とても重要な役割を果たし、帰還してきた人達に誇りを与え、シオニストとしてイスラエルへ帰還したという事を現地の住民達に納得させた。今日でも多くの人にとって、イデオロギーの観点から受け入れるには困難である」。

 「過去数年間でイスラエル政府は反対方向へ進んでいる。政府は今日彼等の事を追放された難民と呼んでいる。それも正しくはない。自分の選択で来た人達もいるし、離れた人達もいるが、全員が追放されたわけではない。イエメン系ユダヤ人達は追放されていない。彼等はイエメンに未来が無いと理解して離れることを決定した。イスラエルにはイエメンより良い将来があると知っていたからだ。リビアでは経済基盤が打撃を受け、アラブ・イスラム支配下では良くないことも明確であった。均衡システムは全て崩壊した。中東問題が影響を与え始めたからだ」。

 「自分は政府の役人でもないので、この研究に対して何も利害関係はなく、どの物語を支援する訳でもない。研究中に自分の考え方を何度も変えている。自分はシオニストと見ているし、シオニストの物語の中で育てられたが、研究を深めれば深めるほど、その話はとても複雑であることを発見したが、結論でいうと悪い話ばかりではない。当時国家首脳陣が対処しなければならなかった障害の数は驚くべきものであった」。

 「現実で起きたことはそれを解釈した物語のようではなかったことだ。この解釈を考えた者はそれが正しくないことを知っており、様々な利害があった為にそれを利用したのを選んだのだ。全ての解釈には政治的な理由があり、今日我々はその埃を取り払い、本当の状況をこれらの書類を通じて知ることを試みている」。

最新記事

すべて表示

ユダヤ教賢者達は優秀な歴史家では無かった:神殿崩壊後の日常生活の研究

「イスラエルの殆どのユダヤ人居住地は破壊されず、そこから追放もされなかった。エルサレムと神殿、及び北部の一部ユダヤ人居住区の崩壊は、2千年間の離散を生んでいない。ローマ人は計画的に追放したのではなく、全くその正反対で、効果的な検討から属州の安定を優先していた」。ローマ人と征服された民族との複雑な関係について既に31年間も研究している、歴史家のドロン学者の言葉であり、彼の新しい結論によると、神殿崩壊

律法、習慣とコロナ:安息日明けから始まる神殿崩壊日

この日には、全員が5つの断食を行う義務がある:飲食、入浴、油塗、性交、及び革製の靴を履くことである。これらの断食以外に、追悼習慣も厳格化されている:昼まで椅子に座ってはいけないこと、「シャローム」と祝福してはいけないこと、追悼から気をそらすような無意味なことをしないこと、急用ではない仕事などは、全て昼までやってはいけない。 この日は聖書の勉強も無く、ミカ書、又は破壊の注解書、又はヨブ記のような人類

苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けられるのか?

質問: 歯の痛みに苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けることが出来ますか? 回答: 歯の部分への損傷は、様々な歯の痛みを起こす恐れがあり、痛みは歯周病、歯槽膿漏、虫歯、歯茎の後退などによって起こる恐れがある。神経から来る痛みは殆どが耐えられない痛みであり、緊急の治療を必要とする。炎症は顔の方へと広がる時もあり、頬の部分の腫れや赤身、又は発熱を起こす場合もある。このような損傷は、抗生物質を投与